Seiichi Hayashi Art world

『1968年 激動の時代の芸術』開催

期間 9月19日~11月5日

会場 千葉市美術館

案内に「世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の歴史であり、日本の現代美術にとっても1968年前後は重要な期間になりました」とある。

チラシ-

様々な視点から時代は読み解かれますが、民主主義の多数による判断は正しいのか、第二次世界大戦を経た敗戦後の日本は、インターネットの普及により以前より多くの人々が発言するようになり、民主主義を巡って揺れ幅は大きくなっております。

表現史に於いても、白土三平氏と長井勝一氏が立ち上げた漫画の表現空間も、上記の問題を含めてきわめて重要な問題を提起しております。

1968年代から70年代にかけての私の作品も展示されております。

矢作さんの個展がメキシコ・ハラパの現代美術ギラリーで始まりました。

四年ほど前、遣欧使節団400年記念個展をキューバで開きましたが、暑いの暑く無いのって暑かったです。

ハバナではタオルを売ってないので、バスタオルを首に巻いて歩いていたのですが、そんな人は一人もハバナには居ず、ダウンしてしまいました。

矢作個展

その後、キューバからメキシコのハラパに行き、メキシコでの個展設営に立ち会いましたが、キューバの暑さが嘘の様でした。

でも今年は、ハラパも日本と同じく暑かったそうで、異常気象は世界的なのですかね。

矢作さんの作品映像です。

ガレリア・デ・アルテ・コンテンポラネオ・デ・ハラパ のサイト

場所が判らないので +52 228 817 0386へ電話して聞いて下さい。

ベラクルス大学の告知ページです。

『浅草文芸、戻る場所』

期間 9月1日~10月6日

会場 日本近代文学館

 

『戻る場所』とは意味深な言葉です。

浅草を描いた小説と言えばノーベル賞作家、川端康成の『浅草紅団』が有名です。不良少年少女が織りなす浅草の裏社会、娼婦ありのポン引きありのと言うと現代の新宿、歌舞伎町の話しではないかと若い方は思われますが昔、浅草は華やかな歓楽街だったのです。浅草ロックと言えば映画館が立ち並び、日本一早く洋画が封切られた繁華街でした。

それが敗戦後、若者を引き付ける街は銀座に移り、銀座みゆき通りの『みゆき族』が脚光を浴び、同時に『六本木族』も脚光を浴びます。浅草紅団と同じく『六本木野獣会』が新しい流行を生み出す若者集団になります。

チラシ-1

その次は『原宿族』です。

しかし原宿は今の様な若者が集まり若者向けの店舗が並んだ街では無く、当時は静かな住宅街でしたから、そこへ休日となると若者が押し掛けたからたまりません。静かな住宅街をぞろぞろ栃木、茨木、湘南、千葉、埼玉から駆けつけた若者が列をなして夜遅くまで歩いておりました。

原宿通りには護送車が並び、列をなして歩く若者を刑事、警官が尋問し、二十歳未満だと護送車に乗せて親元へと送り返しておりました。今思えば、アメリカなどの外国から入って来る若者文化を若者が体感する場所が無かったのですね。今で言うクラブですか、そういった踊る場所も無く若者は悶々としていたのでしょう。

それから若者が集まる場所として『新宿』が注目され、その頃の学生運動も新宿をターゲットとし、『新宿騒乱事件』を起こしております。

テレビも木島則夫ハプニングショーの番組にて、新宿コマ劇場(この劇場は日本一の客席数を誇ったが2008年に取り壊され、現在は新宿東宝ビルとなり、屋上に居るゴジラが外国観光客の人気を集めている。)前の広場から「今日は何が起こっても不思議ではない、新宿、歌舞伎町からの生中継です」と興奮気味に語り、その生放送を見た視聴者が歌舞伎町に詰めかけ、コマ劇場前は人人、人の波で、アナウンサーの木島さんは群集に埋もれ、見ていても身の危険が感じられました。マス大衆の怖さです。

其れでですか、テレビの生中継は問題があると、テレビ自身が生放送を自粛し始めたのもこの辺りではなかったかと思います。新宿も思春期でしたが、そこに台頭してきたメディア『テレビ』も思春期を迎えた時代でした。この後テレビは、局内へ入るのも、受付にて氏名を記帳してからでないと入れなくなってしまいました。

その後は『下北沢』『阿佐ヶ谷』『吉祥寺』に移ったのと『渋谷』へ移ったのと有り、どちらもファッションが中心ではないでしょうか。

それからは其々の街が独自の変化を見せ発展し、スポット、話題を集める街は「住みたい街・ベストテン」のような不動産業界営業物件説明書のようになってしまいました。

そこへ『戻る場所は浅草』とは意味深です。100年程の長さで物事を見ますと、ようやっと流行の癖やら特徴などが浮かび上がるように思えます。

結構、人生100年で見えてくるものが有ります。長くはありません。

 

青林工藝舎 株主総会

先日、某所におきまして青林工藝舎の株主総会が開かれました。

総会後、工藝舎社員と大口株主の懇親会が開かれましたが、まぁー、連日の猛暑で株主の皆さん胃腸が弱くなられております。

御酒を勧めてもいっこうに席が盛り上がりません。

刺身-1

盛り上がらないのは猛暑ばかりではありません。

底なしの出版不況に本の売り上げが昨年に増して低下しており、株主は報酬を見込めないばかりか優待券も使えず、ご覧の表情です。

作家-1-a

先程から画面に飛んでおりますのは、事業報告書の決算書類や委任状等々の総会に必要な書類です。

総会の様子もカメラに収めたのですが、一口株主の経営陣刷新の怒号と書類の乱舞に、画面に乱れ飛ぶのは総会必要書類ばかりで、総会の様子をご覧いただけない、インスタ映えしない画像となってしまいました。

作家-2

ようよう懇親会にて株主の皆様のお顔が、乱れ飛ぶ書類の間から見えましたので、ブログに御載せしている次第です。

ビール-3

店主が勧めるトマトジュース割りのビールです。

5対5の割合で混ぜて飲むと、おっ、と言う美味しさだそうです。

本-4

世界に類の無い漫画雑誌として、世界中から注目を集めております『アックス』です。

いよいよ中国の裕福層の資金力をバックに、中国全土での販売に力を入れて行きます。

ご期待下さい。

アックスをご覧になりたい方はここです。

京都dddギャラリー第218回企画展 田名網敬一の現在 Keiichi Tanaami Dialogue

期間 828日(火)- 1023日(火)

会場 京都dddギャラリー

 近年、田名網は、自身の記憶や夢を原風景にして、その80  年以上もの歴史を記したいわば曼荼羅図の制作に取り組んでいますとあります。

田名網

60年代、友人の評論家が某作家の言葉を引用し、私は記憶を創作ノートに書きとめないと語り、何故ならば、重要な事はノートを見なくとも記憶に残っていると、私に話した事があります。

 長い作家人生で、残った記憶を紡ぎ作品にすることは、その作家の作家たる原点、私と言う何かへ近づくのかもしれません。

 田名網さんの試み、楽しみですね。

もう一つ、開いているのか、これから開くのか、田名網さんの個展があります。

案内を送って頂きましたが紛失してしまいました。失礼しました。

 

 

菓匠三全『萩の月』新作CF

暑いですねー。

三全さんの『萩の月』CF、新作『夏編』が出来ました。

水族館です。日本は水族館数が世界一だそうです。

夏編

海中が舞台になっているアニメ作品は、ピクサーの『リトル・ミモ』ぐらいですかね。

潮の流れなどは、苦労しているなぁーと見ていて思いました。

三全さんのホームです。

第17回 広島国際アニメーションフェスティバル開催

期間 8月23日~27日

会場 JMSアステールプラザ

国際名誉会長に久里洋二さんがなられました。

エストニアのアニメーション特集がご覧になれます。

HIROSHIMA 2018 -1

一次審査を通りませんでしたが、メキシコから28作品の応募がありました。観たかったです。

矢作さんに聞いてみましょう。

韓国は200作品越えの応募ですから相変わらず元気ですが、フランスの応募数にはとどいておりません、残念。

 

宿泊が微妙ですが、空いているホテルを探してお出かけ下さい。

泉鏡花没後80年記念リーディング公演『海神別荘』

期間 8月17日~19日

会場 上野・しあん

チラシ- 1

雰囲気のある会場ですね。

どんな劇が展開するのでせうか。

各回、30名限定ですから、お早めに・・・・。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top