Seiichi Hayashi Art world

伊野孝行/南伸坊 共著 『いい絵だな』

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさんは、弱点の兵器と兵員に掛りっきりですが、良い手が見つかりません。

徐々に弱っています。

引き際が見当たりませんから、プーチンさん焦っているのでせう。

核の脅威を語るなら、自国の核兵器も含めて欧米と話し合いを持つと発言しなければ、悪魔だナチだと非難しても世界に通じませんよ。その内、神風がふくと言い出しませんか。

70歳を過ぎると白内障や緑内障等々、老化現象が体に現れてきます。核のボタンを持たせるのは如何なものでしょうか。

さあー、プーチン政権の終わり方はどうなるのでしょうか・・・。大国が普通の国になるのは、ジタバタしますね。

 

伊野孝行/南伸坊 共著 『いい絵だな』

名称未設定 1

https://www.shueisha-int.co.jp/publish/%e3%81%84%e3%81%84%e7%b5%b5%e3%81%a0%e3%81%aa

なぜ画家たちはリアルに描くことに夢中になったのか、ヘタな絵の価値とは何か、現代美術は何を言おうとしているのか、ファインアートとイラストは違うのか……。

描き手である二人がジャンルを跨ぎ、縦横無尽に語り尽くす。

絵を描くとわかることがある。勉強だけではわからないことがある。

本書を読むと、料理を自分の舌で味わうように絵が鑑賞できるようになる!?

絵は好き嫌いで見てもいい。むしろ好き嫌いで見るべきだ。山田五郎 評論家(ホーム紹介文より抜粋)

 

絵が判らない人が居ます。これは絵が判らないと言っているのと違います。

上手い絵とはどの様な絵を指すのか、下手な絵とはどの様な絵の事を言っているのかが判らないのです。

例えば病気になり、手術をする事になると、担当医が手術の上手い人か下手な人か悩みませんか。

特に患者の親族など、あの医者どうなのか不安になり、履歴を調べたり病院の関係者の言葉を聞いたりしますね。

 

絵は命に拘わりませんから、上手いか下手かは左程ではありませんが、絵の売値が高額な絵を買う事になると、不安になり目利きと言われる人に相談したりします。

あの絵は良いですよと言われると、チョと安心しますね。

良い絵と上手い絵、さぁー、どちらが上手くて良い絵画でしょうか・・・。玄関に掛けて恥ずかしくない絵でせうか・・・。さぁー、悩んだり、悩んだりー。お代は見てのお帰りだよー。

 

広島国際アニメーションフェスティバル VR写真展

開催期間 10月28日(金)9:00 am (JST) 〜 11月30日(水)

このVR写真展は、2021年11月に京都芸術大学のギャルリ・オーブで開催された写真展に基づき、同大学情報デザイン学科が運営するヴァーチャルギャラリー「FuuRyuu」をお借りして開催いたします。

広島国際アニメーションフェスティバル(広島大会)が遺した貴重な資料をアーカイヴ化して後世に伝え、日本と世界のアニメーション文化に与えた影響を検証するプロジェクトの一環として行われ、広島大会の記録写真のデジタル化事業の成果を発表するものです。

鑑賞方法 下記アドレスにアクセスし、ご自身のメールアドレスをご登録のうえ、VR写真展にお入りください。

国際アニメーションデー2022 / International Animation Day 2022 (asifa.jp)

 

 

企画展 「言葉は海を越えて 収容所と日本を結んだ葉書」 Ⅰ期:異国の丘にて [1946-1950]

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

軍事大国のロシアがもう、兵員不足に兵器不足ですか。アメリカも新兵器をウクライナに供給するのに時間がかかると言っております。軍事大国でも現在は、兵器の消耗が激しいのですね。メディアもその辺りは読み込んで報道しなければいけません。

何年前ですか、YouTubeで戦車マニアの人達が、歴代の戦車のナンバーワンを決めるサイトを立ち上げていて、そこでナンバーワンになった戦車が第二次世界大戦で活躍したロシアの旧型戦車でした。

一位になった理由として、戦場で破損しても新しい戦車を戦場に送り込める生産能力の高い戦車だと言っておりました。

しかし、一位に選ばれた戦車は乗組員にとって怖い戦車です。戦車からの脱出口が上部のハッチしかありません。普通、戦車は、床にも脱出口が在って、戦場で動けなくなった場合、下の脱出口か脱出することが出来るのですが、一位になった戦車には、それが在りません。

それでも兵器の消費地である戦場で使い物になるのは、再生産性が高い兵器なのですね。

いくら性能の良い戦車でも、再生産に二年も三年も掛かっていては、兵器としては二流となってしまうと戦車オタクの方々は言っておりました。

 

ウクライナは来春か夏までに、戦いは終わるだろうと言っております。

とんだ一年でしたね。領土奪還して欲しいものです。

プーチンさんは大国ロシアや国民を貶めてしまいました。また、世界の多くのロシアを愛する人々を裏切りました。政権を取り巻いている人々の罪も裁かれるでせう。愛国者気取りは止めましょう。

 

企画展 「言葉は海を越えて 収容所と日本を結んだ葉書」 Ⅰ期:異国の丘にて [1946-1950]

名称未設定 1

会期 10月18日(火)~2023年1月9日(月・祝)

会場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

企画展 「言葉は海を越えて 収容所と日本を結んだ葉書」 Ⅰ期:異国の丘にて [1946-1950] – 平和祈念展示資料館(総務省委託) (heiwakinen.go.jp)

 

1945年8月の終戦後、満州(現・中国東北部)・朝鮮北部・南樺太(現・サハリン島南部)・千島にいた日本の軍人・軍属を始めとする約60万の人びとは、ソ連軍によりソ連(現・ロシア)やモンゴルへ連行されました。

そして収容所(ラーゲリ)に入れられ、強制労働に従事させられました。彼らは戦後強制抑留者(シベリア抑留者)と呼ばれます。

本企画展では、抑留者と家族を結んだ葉書と関連資料を、Ⅰ期とⅡ期に分けて展示します。Ⅰ期では、1950年4月までに帰還できた大多数の抑留者が、1946年10月から1950年頃まで家族とやり取りした葉書を紹介します。

Ⅱ期では、1950年4月以降もソ連に残されていた長期抑留者の葉書を紹介します。是非あわせてご覧ください。(ホーム紹介文より抜粋)

 

忙しい季節になりました。
何が忙しいのか判らないのに、皆、忙しそうに働いております。
一年の埃を落して、新しい年を迎える準備をし、正月のお節料理を作ります。
地方には、その土地独特の新たな年を迎える風習などが続いている所も有るでしょう。

お雑煮などは、各地で独特の汁物になっております。
これを食べないと正月気分を味わえないと言う方もおり、これを食べに帰省する方もおられますから、やはり何だかんだと、師走は忙しいのですね。

まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさんの顔も、引きつった感じ薄れて来ましたね。

言葉を発すると、メディアが注目する様になったからですかね。

しかし侵攻の正しさを説明すれば良いのに、意味不明な歴史観をグタグタ言うものだから、世界の人は首を傾げるのです。意味が判れば議論のしようも有るのですが。

世界のマス・メディアに向けての演説が下手なのですかね。ロシアとその同盟国と一緒に作品審査をしたことがあります。不思議だなと感じたのは、旧社会主義国の作家のみを選んで推薦しています。

広く世界の作家から作品を選ぶのが私達の考えですが、ロシアと旧同盟国は違います。ロシアを頂点に村落共同体の中から選んでいます。
ベルリンの壁が崩壊してからも、冷戦の時代のような構図になっている訳です。

しかし他の学会は、冷戦であろうと世界の先端の問題は問題として学者さん達は考えていたのではないのですか?宇宙開発などはアメリカとロシアの科学者が同じ宇宙船に乗っていますよね。

ですからウクライナに侵攻したロシアの行動が判りにくいのです。嘗ての旧社会主義共同体の崩壊に我慢が出来ないロシアのウクライナ侵攻と考えれば納得出来ます。

しかしウクライナ侵攻は犯罪です。罪を免れません。多くの人が亡くなっております。

大国の大統領ならば、品格を保って法廷へ出なければ、世界はプーチンさんを認めないでせう。

ドローン攻撃は、AIで防げるのではないのですか・・・。

 

まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!

チラシ

会期 9月17日(土曜日)~11月6日(日曜日)

会場 刈谷市美術館

まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!|刈谷市美術館 (kariya.lg.jp)

ほのぼのとした作風の漫画や絵本「11ぴきのねこ」シリーズで知られる馬場のぼる(1927-2001年)。

本展では、初期から晩年までの代表的な漫画や絵本の原画類はもちろん、書籍や雑誌付録などの資料、制作過程や卓越した観察眼を伝えるスケッチ類、ねこの一枚絵や立体作品のほか、少年時代の作品なども展示。

人を和ませる“いい笑い”を半世紀にわたって贈り続けた漫画家の全貌に、約500点の作品や資料で迫ります。(ホーム紹介文より抜粋)

馬場のぼるさんと言えば、私の子供の頃に愛読した漫画家です。

「のっぱら」なんて言葉を若い人は知らないでしょう。原っぱも知らないかな。雑草が生えている空き地の事です。

その空き地に在る土管に住んで、寝そべって青空を見ている少年が主人公の作品を描いておられました。

その少年の見上げている青空にぽっかり浮かんでいる白い雲が今も記憶に在ります。

70年代にNHKの方から、馬場さんの絵本は外国で読まれていると聞き、あのゆるやかな線が生み出す世界は、ヨーロッパの人達は好きだろうと思いました。線にユーモアがあります。だから暖かい。

中々良い企画です。この他にも『のらくろ』や『タンクタンクロウー』、『日の丸旗之助』等々、若い方も含めて観る機会を増やして下さい。

日本文化の為にも・・・。

桑原茂夫個人誌 『月あかり』 第7巻

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさんは孤独だ、嫌々、彼は孤独では無いと、プーチン支持派はむきになって孤独を否定する。小学校のクラス会の様な揉め事です。

ロシアは沢山のミサイルをウクライナに撃ち込んで、クリミア橋攻撃の反撃を試みたと解釈して宜しいのですか?

結構、内部留保の兵器をお持ちだったのですね。

ロシアは農民思想の国ですから、来年の種蒔きとか穀物倉庫の中に貯めこんだ食料で、果てない年月を生きて行く術をお持ちですから、兵器も枯渇する事は無いのでしょうか。

でも、のんびりと戦をしていると経済制裁がありますから、あの制裁は漢方薬の様に効いてきます。

その間に、超大国の超が無くなり、大が消えて、ロシアだけが残るのか、その辺も不確かになって来ますよ。

北朝鮮のような、日本漫画の天才、赤塚さん描く無暗に鉄砲を撃つ警察官の様になります。ご用心下さい。それにしても日本海、北朝鮮のミサイルの残骸で、小さな島が出来てしまうのでは。日本の環境問題活動家、声を上げませんね。

プーチンさん、停戦を呼び掛けておりますが、ウクライナは領土奪回に一生懸命ですから、聞く耳を持っておりません。長引かせても、兵員数は減ることは有っても、増えることはありません。ロシアも少子化が進んでいるのでしょう。

プーチンさんは、この侵攻が終わると待っているのは国際裁判ですから、ロシアにも居づらいです。新しいロシアの大統領に課せられるのは、ウクライナへの賠償問題でしょう。

経済制裁と賠償金で、ロシアは大変です。ロシアはどうするのでしょうか?

 

桑原茂夫個人誌 『月あかり』 第7巻

桑原

カマル社 桑原茂夫 公式ホームページ (kamarusya.wixsite.com)

 

桑原さんの個人誌を見るたび、桑原さんの本好きが伝わってきます。

本の面白さは、文字のデザインと縦書きの美しさをどう見せるかにあると、私は思います。

出来上がった本を手に取り、表紙を眺め、背表紙から裏表紙へと目を止める。

おもむろに表紙を開き見返しの色や紙質を確かめ、表紙へと目をやると、題名と著者名が屋敷の門にかかる表札の様に見えてくる。

それから章だてがあり、文字を追って物語が始まる。

この流れは洋書では味わえないもので、和書ならではの大きな言葉の建造物に入り込む感じがある。

桑原さんは、詩の雑誌を出されれていたから、雑誌の魅力も判っている方で、絵や写真などの散りばめ方も文章のリズムと合わせて、オーケストラの演奏の様な楽しみが編集にはある。

また本は、他のメディアと違い、手の中に入り、持ち歩く事が出来ると書くと、嫌々やコンピュータだって、肌身離さず満員電車の中で見る事が出来ると反論が聞こえてきそうだが、確かに携帯でネットに入れば、本には真似の出来ない動く画像も見る事が出来る事は確かで、スポーツなどの報道は印刷物を凌駕しておかしくないが、そこはそれ、選手のプレーとは違った切り口で読者を引き付ける手もあるのだ。

しかし私には本の魅力とは、縦書きの文字の美しさにあると思っている。

ネットにも以前、縦書きのホームが在ったように思うが、今はなのだろうか。

私の挿絵が載った本が中国で出版されたが、文章が横書きになっていて驚いたことがある。

縦書きで出版してもらいたかった・・・。

 

新版画 進化系UKIYO-Eの美

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

軍事もコンピュータが入っている時代です。軍艦もコンピュータ仕様になっていて、搭乗兵員の数が減っていると聞きましたが、ウクライナ侵攻でのコンピュータでの戦いはどうなっているのですか。

核ミサイルや戦闘機も飛ぶことが出来なくなるとか、まだ、ハッカー集団のやっている事が戦争の抑止力になっていませんか。歯が立たないのですか?

コンヒュータの専門家、近代戦をコンヒュータの側面から解説するテレビ番組が観たいのですが・・・・。

ロシアは不思議な国ですね。発言が過激ですよ。処刑しろとか死刑だとか、議会やテレビの討論番組でそんな言葉が飛び交っている国ですか。

プーチンさんは、大統領職を降りたくないのか、支持母体の統一ロシア党をロシア第一党に維持しておきたいのか判りませんが、21世紀にバージョン・アップして考えると、思いついたのがウクライナ侵攻ではないかと思います。

少々国民の生活が苦しくなっても嘗ての我が国の戦時体制と同じく、家庭菜園で取れたもので飢えを凌ぎながら、勝った、勝った、の大本営発表に一喜一憂してして暮らせば、国民は不満を口にしないとプーチンさんは思ったのでしょう。

隣国のウクライナには、迷惑な話です。

アメリカは、ロシアが二度と他国へ攻め入る力を削ぐと言っていますから、ロシア国民の皆さん、苦しい生活が続きますよ。早く自力で政権交代、スマホ世代の若い大統領を選ばなければ駄目でしょう。

国民が選べば、核だ、核だとマスコミが騒ぐようなことも無いでしょう。
東大講師、小泉さんも、「核を使うのではないか論」が先走る方が危険だと言ってますね。

ワグネルもアフリカとかで傭兵として力が付いて来たのではないですか。金持ち層と組んで、軍事クーデターを起こしかねないですね。

ウクライナとロシアを繋ぐクリミア橋が爆破されました。ウクライナ、本気でクリミアを取りに行くのでしょうか。クリミアはロシア領では無いと、アメリカは発言しています。

ウクライナの纏まりと強さは、大統領の若さにもありますね。ロシアは20世紀のおじさんばかりです。ロシアの英雄、アレクサンドル・ネフスキーも若かったのでは。

 

新版画 進化系UKIYO-Eの美

千葉市美術館

期間 9月14日[水]~11月3日[木・祝]

会場 千葉市美術館

新版画 進化系UKIYO-Eの美 | 企画展 | 千葉市美術館 (ccma-net.jp)

新版画とは、江戸時代に目覚ましい進化を遂げた浮世絵版画の技と美意識を継承すべく、大正初年から昭和のはじめにかけて興隆したジャンルです。

伝統的な彫りや摺りの技術に、同時代の画家による清新な表現を合わせようとした版元・渡邊庄三郎(1885-1962)の試みに始まりますが、昭和に入っていくつもの版元が参入し、大きな流れとなりました。

新版画の成立から発展型への歴史を約190点の作品によってたどります。(ページ紹介文より抜粋)

 

竹久夢二さんの作品も木版画になり、夢二スタイルを際立たせたと、美術評論家の言葉に在ります。

私も『安達木版』で木版になりましたし、それ以前からご招待頂き、工房を見学させて頂きました。

十代から浮世絵全集を持っておりましたから、「一文字ぼかし」などの刷り技法を、目の前で拝見する機会を得た事は至上の喜びでした。

また度々、講演でお話ししておりますが、江戸時代が現代の東京と似た速さで動いていた事も、我が国の浮世絵文化を生み出したと思います。

美人画の原画には着物の柄が描かれておらず、柄は彫り師に任され、売り出す時代に合わせていた事でも判りました。

現在も、未来においても、都市文化を考える基本に江戸時代はあると思っております。

唐組公演 『秘密の花園』

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさんは停戦を呼び掛けておりますが、戦略が世界の人々に見え見えになっております。此処でウクライナが停戦に乗って来る訳が無いことは、誰の目にも明らかです。

プーチンさん、早く手を上げて世界法廷に出廷しなさい。「プーチンは、ロシア国民の敵」と呼ばれる前に。世界経済、悪くなる一方ですから・・・。

ロシア本当にバラバラになって、小国ロシアになりますよ。

ロシアは小国とお仲間になっていますが、経済がねー、市場規模が小さいです。資源は中国が押さえにかかっているのでは。

数が多ければ欧米に勝つのは、兵員の数位ではないでしょうか。後、ロシア語を理解し、話せる国がアフリカにはどの位あるかです。植民地時代の遺産からアフリカは抜け出せるか、アフリカ諸国の課題です。

ヨーロッパ連合にウクライナが入れば、エカテリーナも歯ぎしりするでしょう。

 

唐組公演 『秘密の花園』

唐組ー1

会場 東京=猿楽通り沿い特設紅テント 千代田区猿楽町1−6−1 明大10号館裏空地

日時 10月8日(土)9日(日)10日(月・祝)/13日(木)14日(金)15日(土)

詳しくは下記アドレスへ

改訂の巻 秘密の花園 | 劇団唐組公式ウェブサイト (karagumi.or.jp)

 

日暮里にあるひしゃげたアパート。そこに暮らす夫婦の元に、アキヨシは通っている。

キャバレーホステスの一葉(いちよ)とポン引きの夫、大貫。アキヨシは毎月の給料を二人のところへ届けているのだ。

アキヨシは一葉にプラトニックな思いをいだいていた。夫の大貫も金のためか、そんなアキヨシの割込みを容認。奇妙な三角関係は二年続いている。

一葉はアキヨシにあるおとぎ話をよく語り聞かせた。それは生まれる前の港で、契りをかわしたというメルヘンである。

「きっと一緒だよ、向うに着いてもきっとね」と。日暮里の森の中、また秘めたる廃園の扉が開く!(ホーム紹介文より抜粋)

 

合田佐和子さんの絵ですね。

合田さんは少年の絵を描きます。以前、銀座の洋書店に、少年のヌード写真集が置いてありました。

ページを捲ると、少年が同級生や家族と一緒のスナップ写真が載っていて、最後の見開きページに少年が全裸でナイアガラの滝を背景に横たる写真や、木の枝に腰かけている写真が載っておりました。

女性のヌード・グラビアページと変わらない構成ですが、少年好きには堪らない写真集です。

その中に、月夜の浜辺で空中バック転をしている少年のヌード写真が在り、月の中に浮かび上がるヌードの少年は、少年の魅力を一枚の写真で見事に表していると感心しました。

少女の魅力と言うのもありますが、また少年の魅力と言うのも有ります。

合田さんにその話をすると、深く頷いておられました。

 

唐さん、凄いです。商業作品に出ていた俳優が、この頃、演技がなまって来た、唐さんの劇団に戻ってたたき直さなければと言っていたのを思い出します。

何事も一生、勉強です。表現の前に、跪きませう。

日中国交正常化50周年記念 「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ウクライナ、快進撃を続けているようです。

プーチンさん、勝負は着いたのでは。兵員を国内に求めても、国内が混乱するだけでしょう。ウクライナに勝てません。ロシア化を急いでいるようですが、今は経済の時代ですから、失礼ですが州の長とかの役職が望まれている新露派の人は別ですが、貧しいロシアに何のメリットが有りますか?

多くのウクライナの人々を死に至らしめ、自国のロシアの人々も同じような運命に巻き込んだ責任は重いです。

プーチンさんの支持率も下がり始めておりますから、国際法廷の裁きを受けなければならないでしょう。

 

日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」

IMG_20220925_0001 (23)

期間 9月10日~11月6日

会場 名古屋市博物館 1階 特別展示室・部門展示室

特別展 日中国交正常化50周年記念 「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」|名古屋市博物館 (city.nagoya.jp)

秦(しん)の始皇帝(しこうてい)は約550 年続いた群雄割拠の春秋戦国時代を終結させ、紀元前221 年に史上初めて中国大陸に統一王朝を打ち立てました。秦はわずか十数年で滅亡しましたが、始皇帝の墓に眠る兵馬俑(へいばよう)は、その絶大な国力を現代に伝えています。

戦国時代につくられた小さな騎馬俑は、なぜ始皇帝陵では突然等身大の兵馬俑となり、漢代では再び小さくなったのか?本展では、秦漢王朝の中心地域であった現在の陝西省(せんせいしょう)の出土品を中心に、日本初公開の中国国家一級文物(最高級の貴重品を指す中国独自の区分)を含む約200 点から、古代中国史の謎に迫ります。 (ホーム紹介文より抜粋)

 

手塚治虫さんが中国全国ネットで『鉄腕アトム』を放映した年に、文化交流で中国へ参りました。

まだ日本の新聞社などは支局を開いて無い時代でしたから、コレコレの事を目にしたらご一報くださいやら、北京空港に降り立った時に、アテンダーの方々から「うらやましい、私達の分まで中国を見て来て下さい」と念をおされるやらで緊張が高まっている体をタラップに乗せると、出入国の建物まで、北京の党青年部の人々が二列に並んで道を作り、手拍子を打ちながら「ようこそ、中国へ」と笑顔で私達を迎えてくれた驚きと感動は、昨日の事のように覚えております。

戦後、日本へ帰らず、中国映像界に尽力を尽くされた持永さんの一行ですから、驚く程の歓待で、私共は身が縮む思いでした。

戦後、日本へ帰らず、新生中国の為に中国へ残られた方々は多いと思います。

また、里子に出され、中国籍で立派に成長された方もおられます。

それらの力が合わさって今の中国がある様に思います。隣国として末永いお付き合いを致しませう。

 

オタワ国際アニメーション映画祭で山村浩二さんの「幾多の北」が長編グランプリ! 和田淳さんの「半島の鳥」が短編グランプリ!

短編と長編で同時に日本人がグランプリは、初の快挙ではないでしょうか!?

お二人おめでとうございます!

また、日本からは榊原澄人さんの「lizuna Fair」(邦題は「飯縄縁日」)が、Best Non-Narrative(非物語部門の最優秀賞)を受賞しています!

和田淳さんは、夏に行われたひろしまアニメーションシーズン2022で「半島の鳥」が環太平洋・アジアコンペの審査員特別賞(フローランス・ミアイユ賞)と観客賞、また先日開催された、スイスのファントーシュ国際アニメーション映画祭でも短編グランプリを受賞していて、大きな映画祭でのグランプリが続いています

(12年前にも同映画祭で「わからないブタ」がグランプリを受賞されています)

今後の活躍も楽しみにしています!

https://www.animationmagazine.net/2022/09/bird-in-the-peninsula-dozens-of-north-win-top-prizes-at-ottawa/

 

占領と平和

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ロシアの国民も大変ですね。このまま行ったらロシアは崩壊してしまいませんか。

プーチンさんは悪い方へ、悪い方へと行ってしまう人ですね。日本で占い師に見てもらうと良いです。このままではロシア国民が可哀そうですよ。

クレムリンの執務室まで攻撃範囲に入れるとアメリカは言いましたね。いざとなったら、プーチンさん、ビン・ラーディンの様にアメリカ軍に暗殺されるのでしょうか。

この作戦、衛星中継でアメリカ大統領も見ていたし、日本のテレビも放映しましたね。今年に入って9・11の最後の指導者も、バルコニーに出ていた処をミサイルを搭載したドローンで爆殺されました。

アメリカはやる時にはやりますね。

 

占領と平和

占領と平和

会期 9月9日~11月2日

会場 写大ギャラリー

写大ギャラリー (t-kougei.ac.jp)

 

本展で紹介する多くの写真家たちは敗戦とその後の占領期という困難な時代を経験し、サンフランシスコ講和条約により「独立」を与えられた後は、アメリカの「核の傘」の下で高度経済成長を謳歌するこの国の姿をカメラに収めてきた。

そのなかには、在日米軍基地が集中する沖縄から戦後日本を捉えるための視座を得ようと試みた写真家もいた。

今年2月にはじまったロシアによるウクライナ侵攻は、「戦後」という枠組みを揺るがすものだ。

また、日本でも戦後政治の裏面史への注目も集まっている。冷戦期に撮影された多様な写真からなる本展は、戦後日本の歩んだ道のりを問い直すひとつの契機となる展示になりそうだ。(ホーム紹介文から抜粋)

 

敗戦から半世紀以上を過ぎました。

敗戦後の新宿の闇市を記憶しております。街頭のスピーカーから、レスポールの軽やかな曲が流れており、それを打ち消すように闇市の中央に建てられた『軍艦キャバレー』から『軍艦行進曲』が聞こえてきました。

子供心にキャバレーと言うのは何をするところだろうと、覗いてみたい気持ちになりました。

紀伊国屋書店の右隣りの道路を挟んだ店に、模型機関車が売っていて、喉から手が出るほど欲しくなりました。

今から思うと闇市の風景は、青空が広がり明るい風景として記憶されております。

70年代初め頃まで、新宿二丁目の旧赤線地帯の柳の並木や、旅館、ホテルなどは残っておりましたが、時代は『総中流』社会に突入しておりましたから、何とも足の速い時代でした。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top