Seiichi Hayashi Art world

本の情報


英訳版『赤色エレジー』
英訳版『赤色エレジー』発売中です。

『夢枕』
パルコ出版の『夢枕』発売中です。

ぬり絵シリーズ 林静一の世界―1「儚夢」
メタモル出版から発売。

大人のぬり絵シリーズ 林 静一の世界―2『雅』

画ニメ『赤色エレジー』
表代作「赤色エレジー」をはじめ、シュールな7作品を収録した中・短編集。

『淋しかったからくちづけしたの』
パルコ出版より、『淋しかったからくちづけしたの』発売中です。

リトグラフ発売中
青林工藝舎よりリトグラフの発売中です。
   
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

第17回 広島国際アニメーションフェスティバル開催

期間 8月23日~27日

会場 JMSアステールプラザ

国際名誉会長に久里洋二さんがなられました。

エストニアのアニメーション特集がご覧になれます。

HIROSHIMA 2018 -1

一次審査を通りませんでしたが、メキシコから28作品の応募がありました。観たかったです。

矢作さんに聞いてみましょう。

韓国は200作品越えの応募ですから相変わらず元気ですが、フランスの応募数にはとどいておりません、残念。

 

宿泊が微妙ですが、空いているホテルを探してお出かけ下さい。

泉鏡花没後80年記念リーディング公演『海神別荘』

期間 8月17日~19日

会場 上野・しあん

チラシ- 1

雰囲気のある会場ですね。

どんな劇が展開するのでせうか。

各回、30名限定ですから、お早めに・・・・。

わだちず著『わらしのはなし』

あとがきを読むと、大人になって山は楽しく行けるようになった、とあります。

ちずさんは山登りをなさるのですね。是非今度、山歩きの楽しさを作品にしてください。

私が東映の頃、先輩に連れられ山登りをしました。登山は誰も居ない山を歩くのだと思っておりましたが、丹沢は駅から上る人達と降りる人達の切れ目が無く、新宿の地下通路を歩いている感じで、孤独になるのは難しいと思いました。

表紙-1

近頃の若者は軟弱だと私を連れて行った先輩は雷が苦手で、翌日、下山途中に雷雨に逢い、私達を置いて何処かへ消えてしまいました。

呼びかけると声がしたのでその方を懐中電灯で照らすと、登山道から転げ落ち、沢の枯れ木に引っかかって、甲羅を下に手足をバタバタしている亀のような姿のリーダーを発見しました。

世話のやけるリーダーでした。手に取りたい方はここです。

 

平和祈念展示資料館のメモ帳です。

以前、一筆箋をだしましたが、今回はメモ帳です。

日々の暮らしにお役立て下さい。

欲しい方は、平和記念展示資料館学芸員にお尋ね下さい。

メモ-1

描かれた母が背負っているリュックの中には、今、日本は塩不足だからと、売りつけられた塩の塊、岩塩だそうです。

重いものを持って帰りましたが、役に立たなかったそうです。

 

イメージフォーラム・フェスティバル2018

会場 イメージフォーラム

チラシ-1

ドイツのクリストフ・シュリンゲンジ―フの、制作過程に社会問題を取り込み、それを映像化する試みは、新しい映画の一つと言えるのかもしれない。パワフルな監督だ。

Unknown Mortal Orchestraツァーポスター完成

Unknown Mortal Orchestraが三年ぶりに新曲を発表。全米、全欧ツアーが始まりました。

ロック-1

そのツアーのポスターを描きました。アジアはこれから大きな市場になりますから、是非、アジアも巡って下さい。

ロック-2

ポスターは会場で売っております。黒髪に酒、江戸切子とジャパニーズテーストを盛り込みました。

美術評論家の正木氏が、ポスターを売っている所を見つけて来ました。ツァーポスター、ここで買えます。バックはグレーに見えますが銀色です。

ロック-3

日本公演は九月だそうです。聞きにいかれたらどうでしょうか。

『日中仏教書法展』

期間 7月24日~27日

会場 東京・中国文化センター

チラシ-1

日中平和友好条約締結40周年記念として仏教交流の歴史を回顧する展覧会です。

これも遅れました。明日迄です。

告知が遅くなりましたが、よみうりランド『ほたるの宵』へ行ってきました。

もう終わってだいぶ経ちますが、よみうりランド恒例のほたる鑑賞会へ行って参りました。

レストランでの会食。デザートに初台で宜しかったですかね、行列の出来る洋菓子店のホタルのスイーツが出ました。

蛍-1

葉にとまったホタルを撮影したいのですが、粘り強くシャッターチャンスを待たなければなりませんから、ホタルの写真はありません。

多くの家族連れが鑑賞しております。毎年、入場者数が増えているようです。

ねぶた-2

これも恒例の『ねぶた』の山車が飾ってあります。二年後のオリンピックには、日本中の祭りや踊りが会場で見れると楽しいですね。

ねぶたを描く顔料は、70年代のPARCO池袋店開業のイベントで使いました。水を灌ぐと透明な絵の具が皿一杯に広がり、その頃出始めた顔料、カラー・インクに似ておりました。広い面積をムラなく塗れ、粒子が細かく、中から明かりをともしても顔料の粒が見えない優れた顔料でした。

小梅-3

小梅の『恋フレ』も、並んでおりました。

多くの方が自分の事では無いと、そんなの正直に告白したらなどと言いますが、いざ自分のこととなると、断られたらと考え、もじもじ、もんもんとしてしまいます。

小梅-4

人を好きになった時の胸の高鳴りは、人間が作り出した娯楽、スポーツ以上の何かがあります。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top