Seiichi Hayashi Art world

本の情報


英訳版『赤色エレジー』
英訳版『赤色エレジー』発売中です。

『夢枕』
パルコ出版の『夢枕』発売中です。

ぬり絵シリーズ 林静一の世界―1「儚夢」
メタモル出版から発売。

大人のぬり絵シリーズ 林 静一の世界―2『雅』

画ニメ『赤色エレジー』
表代作「赤色エレジー」をはじめ、シュールな7作品を収録した中・短編集。

『淋しかったからくちづけしたの』
パルコ出版より、『淋しかったからくちづけしたの』発売中です。

リトグラフ発売中
青林工藝舎よりリトグラフの発売中です。
   
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

桑原茂夫責任編集『月あかり』第七巻発売

アップするのが遅れました。明日、開演です。

『鬼ものがたり2021』

会期 9月25日~26日

会場 雑遊

SPACE 雑遊 SPACE 梟門 ホームページ (zatsuyu.com)

チラシ- 1

チケットは桑原さんのホームへ申し込んで下さい。

『雑遊』はトクちゃんが持っているビルの地下に在ります。
北海道から出て来て、新宿に何店舗ですか、お店を経営している方で、北海道立身出世組の一人でせう。
毎年、北海道産の食べ物を送って頂きます。

桑原さん、トクちゃんに言っておいて下さい。
劇場を持っているなら、ちゃんと予告をホームに上げておかないと、見たい人、高校生などがチケットを何処で買えば良いのか判らなくなりますと。

 

桑原茂夫責任編集『月あかり』第七巻発売。

トップの『オリンピックから追放された勝者たち』は、拙著『Ph4,5 グッピーは死なない』でも取り上げましたが、この事件を取りあげたドキュメント作品があります。

表彰台で拳を高くあげた黒人選手に、スポーツに政治を持ち込んだとして、スポーツ界から排除され、三位の白人選手、ピーター・ノーマンも先住民、アボリジニの弾圧に抗議しておりましたから、黒人選手と同じくスポーツ界から排除され、選手活動が出来なくなりました。

近年、名誉を回復し、ノーマン氏は不遇の生涯で亡くなっておりますが、母親が国会での名誉回復の謝罪に立ち会っております。

月あかり- 2

桑原さんの試みは、70年代の百貨店『PARCO』の開店記念公演を思い出しますね。

私は銀座四丁目の『ソニービル』開店もお手伝いしました。
公演会場までソニービルの階段を昇ると、若者達が列をなして階段に並んでおりました。

あの時代の盛り上がりは、敗戦から朝鮮動乱で息を吹き返した日本経済の破竹の進撃で、そこへ新しきメディアとしてのテレビが登場し、プロレスの力道山の活躍や、お笑いタレントの活躍が80年代のバブルまで続きます。

戦争で負けた日本が、経済戦争で勝ったのだと発言をする経済学者も居りましたね。

80年代、地上げ屋が儲かったと札束を両手で掬い、部屋に撒いておる映像がテレビから毎日の様に流れ、タクシーの運転手に60年代と80年代、どちらが儲かりましたかと訊ねた所、『お客さん、そりゃぁー60年代だよ』との答えが返って来ました。

客が降りると、万札が数枚落ちていて、客を呼び止めると、『運転手さんにあげるよ、取っときなー』の返事が返って来たのが60年代で、80年代にはそのような事は無いと話してくれました。

それが今では、低成長の時代で、『昔、栄えたが、今は没落している国は世界中に沢山、在る』と、世界的な投資家に言われる始末です。

さて、日本の明日は、50年後は・・・如何なっているのでしょうか。

カマル社 桑原茂夫 公式ホームページ (wixsite.com)まで。

野口哲哉展-THIS IS NOT A SAMURAI

会期 3年9月18日(土曜)~11月7日(日曜)

会場 刈谷市美術館 全館

名称未設定 1

鎧と人間をテーマに現代性や人間性を問いかける美術作家、野口哲哉(1980年- )。

多様な文化や感情が混ざり合うユニークな世界観は、国内外の幅広い層に支持されています。

本展では、鎧をまとう人々の彫刻や絵画など、初期からの代表作と新作を加えた約180点で、野口の幅広い思考と精緻な作品に込められた優しさと悲しさ、人間への好奇心にあふれる世界を紹介します。(ホーム紹介文より抜粋)

 

鎧、兜は美しいから、義経の八艘飛びなどはすぐ頭に映像が浮かぶし、那須与一の扇を射抜く場面も良い。

合戦絵巻なども見ていて飽きない。野口さんの鎧、兜は、欧米人の目を引き付けているのだろう。

 

食後にアイスを食べるのだが、好きなアイスが有って、それを食べていれば良いという性格の人間では無いから、選ぶのに苦労する。

皆さんはどんなアイスを食べているのだろうか。

 

近々、対談する事になっていて、編集氏から送られて来たメールに、対談場所の店のアドレスが載っていたので開いて見てみると、美味しい料理が並んでいた。

もう気持ちはその料理の事になっていて、私はこんなに料理に拘る人間だったのかと、驚いている。

 

京都の山本さんが、拙著『僕の食物語』を読んでいて、食の好みが似ていると言ってくれた。

ワインがロゼか白が好きなのも同じだ。

 

若い頃から個展で各地を回り、美味しいものを食べて来た。

どの地方にも美味しいものが在ると言う事は、幸せな国に住んでいると言う事だ。

奈良原一高写真展『宇宙への郷愁』

期間 9月13日~11月20日

会場 写大ギャラリー

チラシ- 1

奈良原と言う氏、珍しいですね。福岡県ですか。
美術家の赤瀬川さんも珍しい氏だと思っておりましたら、九州に赤瀬川と言う川が流れています。その近くの出身でした。

作家について語る時、作家が生まれた土地、場所は重要な手掛かりとなります。
生まれた土地の風景は一生、記憶の底に沈んでおり、歳を重ねるほど蘇って来ます。

竹久夢二さんの息子、画家の虹之助さんとお話した時、日本の山の形は育った場所で大きく違うと、話されたのを覚えております。

太陽系の惑星は、沙漠であったり岩石であったり、氷河であったりと地球と似ていますね。人類が誕生する前の風景の様でな・つ・か・し・い。

作品、中央に浮いているのは、ゴミバケツでしょうか・・・。

 

今年も学生アニメーション映画祭ICAF(Inter College Animation Festival)が開催されます。

昨年に引き続きコロナウイルス対策としてオンラインを主体としつつ、参加25校の作品を1作品づつ集めた各校選抜プログラムは国立新美術館でも上映されます。

会期:9月18日~22日(プレオープニング) 23日~26日(メイン期間)*国立新美術館でも各校選抜プログラムを上映。27日~10月3日(アーカイブ期間)

オンライン会場

http://www.icaf.info

 

漫画季刊誌『アックス』42 工藤正樹特集

工藤氏は漫画では『ちばてつや賞』の佳作賞を受賞しておりますし、文章でも講談社から出版しております。また、編集発行人として本も出版しております。

これに音楽、演劇グループを作り、全国ツアーなどと言わず全世界ツアーをすると、中々多才な作家となるだろうし、副業が本業となり色々な仕事が舞い込んでくるだろう。

長い間、一芸に秀でる時代が在ったと思われがちだが、そう漫画家が漫画だけを描いて人生を終えていた訳では無い。仔細に調べれば、色々な仕事、役職を兼ねていた人は多い。

混沌とした時代になり、先行きが見えない時代には手元に貯えが無いと不安は増すばかりで、親の資産も勘定に入れながら生きて行くしかない時代の作家像を体現していると言っても良い。

チラシ- 1

会社に勤めているようだから、一般人の感覚が判っている強みがあり、口を開くと人の悪口と言う人も居るが、対談ページを読むと相手をさり気なく褒めているから、集団に揉まれながら生きて来た『徳』を備えた作家である。

また、本人は気づいているのか、人を纏め、何かを作り上げる才能をお持ちだから、自分の天才性が何倍にもなる可能性が有る作家で、これからが楽しみである。

略歴に本人の生年月日が記載されていないので、その先の考察は難しい。

 

工藤氏は北海道出身であるが、今、アックス関係者の皆さんは、北海道へ招かれ毛ガニを食べている。

私は京都と北海道となると、忙しすぎて何だか怖い。

スマホでしっかり写真を撮って来るだろうから、それを見ながら話を聞かせて頂こう。

 

二回目のワクチンを打ったが、一回目と違い腕に痛みが出た。

三回目も有るからと先生に言われ、今度は熱が出ないか心配もある。

早くC型肝炎の様に、錠剤が出るよう願いたい。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

青林工藝舎 [seirinkogeisha]|雑誌アックス(AX)・単行本・グッズ

平和祈念交流展 「焼け跡からの復興 姫路城と手柄山慰霊塔」

日時―9月7日(火)~10月31日(日)

会場―平和祈念展示資料館 企画展示コーナー 

平和祈念交流展 「焼け跡からの復興 姫路城と手柄山慰霊塔」 – 平和祈念展示資料館(総務省委託) (heiwakinen.go.jp)

チラシ- 1

平和祈念展示資料館では、国民の理解を深めるための活動の一つとして、他館と連携した交流展を行っています。
この度は、兵庫県の姫路市平和資料館との交流展を開催いたします。

姫路市は、昭和20(1945)年6月と7月の二度にわたる大きな空襲により、500名を超える尊い命が失われ、5万5千人以上の人々が罹災しました。

空襲で市街地は焦土と化しましたが、姫路城は奇跡的に戦火を免れます。
焼け跡にそびえる姫路城は、戦争で憔悴した人々にとって希望の灯となりました

本展では、姫路空襲と、戦災復興のシンボルとなった姫路城、そして平和の象徴である手柄山慰霊塔をご紹介します。(ホーム紹介文より抜粋)

お父さん、お母さん。自分の生まれた国が戦争でどうなったか、お子様に見せて下さい。
我が国の歴史を見せ、教え、伝えるのは、祖父母、親の大事な務めですよ。

私も、引揚げの話しを母から聞きました。
漫画作品にしたのもあります。読みたい方は、漫画雑誌『夜行』をご覧になって下さい。

あー、またコロナの注射だ。早く錠剤の薬が出来ないものか・・・。

葛西薫展 NOSTALGIA

期間 09月08日(水)~10月23日(土)

会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

チラシ-1

ギンザ・グラフィック・ギャラリーでは、あの鮮烈な『葛西薫展 ‘AERO’』(1992年)以来、およそ30年ぶりに葛西さんの個展を開催することになりました。

今回のテーマは「NOSTALGIA」。過去の創作物の断片たちと向き合い、もう一度自身の身体を通して新たな創造世界を呼び起こします。

現代社会が喪失しつつある「ユーモア」と「ペーソス」、「知性」と「無邪気」などなど。葛西さんの作品には、現在のコロナ禍やギスギスした時代を乗り越えるヒントがたくさん込められています。(ホーム紹介文よりより抜粋)

 

時間は戻ることが出来ないのは何故か。

写真もテレビカメラも、未来を写し撮ることは出来ませんが、私達の考えは未来を想像したり、過去へと戻ることが出来ます。
記憶に残るだけあって、過去へ戻る事は未来と違って像を結び、官能的ですらあります。

ノスタルジアは甘味なケーキの様で、立てられたローソクの炎は手招きして誘います。

上質な甘味を堪能して下さい。

 

マウタを遥かに越えてまったく独自のウタ世界を創出した真の放浪芸人。竪琴を携え各地を放浪した男が生前残した最高傑作。

日本放浪芸最期の証人・小沢昭一をして絶賛せしめた盲目の唄者・里国隆。生まれ島・奄美のシマウタを遥かに越えてまったく独自のウタ世界を創出した真の放浪芸人。竪琴を携え各地を放浪した男が生前残した最高傑作。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

http://offnote.org/SHOP/on17.html

 

瞽女うた\x{2161} 高田瞽女篇  (off note / on-39)

日本大衆藝能のルーツ・瞽女うた。本作は黄金期の名唱の一端をつたえる貴重音源で構成。本篇ハイライトは1954年録音、名手・杉本キクイ「葛の葉子別れ」の絶唱。

まさに20世紀最後にして空前絶後のアルバムの登場と言えよう。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

http://offnote.org/SHOP/on-39.html

 

瞽女さんの唄の中には、落語の様にシュールな歌詞の唄かあります。

人間が被り物ので演じる劇を浄瑠璃語りで見せたらどうかと考えたことが有ります。

ちょっぴり苦笑いのエレジーとして・・・。

田名網敬一レンチキュラー発売記念展

期間 9月2日[木]—10月10[日]
会場 NADiff Gallery

この度NADiff a/p/a/r/tにて、国内外で高い評価を集める作家、田名網敬一の初となるレンチキュラープリントをリリースいたします。

1960年代から半世紀以上にわたりアートシーンを牽引する田名網敬一は、絵画や彫刻、アニメーションをはじめ、ジャンルを問わず横断的に制作し、今も第一線で活躍しています。サイケデリックで極彩色、そして奇想天外なイメージがひしめき合う作品は、自身の幼少期の戦争体験などの実体験の記憶をもとに描かれおり、見るものに強烈な印象を与えます。

これらの作品はアート界のみならず注目されており、アディダスなどのファッションブランドやGENERATIONS from EXILE TRIBEとのコラボレーションを行うなど、話題も尽きません。(ホーム紹介文より抜粋)

田名網個展

田名網さんお元気ですか、との挨拶文が必要ない程のお元気さです。

嬉しいです。アーティストに年齢は関係無いですね。

今までの仕事が肥料となって、表現の畑は益々、大きな果実を実らせます。

その果実を収穫し、私達の食卓は豊かになる訳です。

表現の食卓が豊かになる事は嬉しい事です。

新しい版画に挑戦しておられる様子、増々、美味しい作品を実らせ、私達の食卓を豊かにして下さるとは嬉しい事です。

 

カナダのアニメーション作家 Jacques Drouin ジャック・ドゥルーアン氏が、8月28日に逝去されました。享年78歳でした。

ジャックさんは、長年、ピンスクリーンを受け継いできた優れた作家であり、この技法の研究者でもありました。また、ユーモアとウイットに富み、深い哲学を湛えた紳士でした。

2000年の第8回広島大会で国際審査員を務めて頂いた際には、ピンスクリーンのセミナーも行なって頂きました。

ピンスクリーンとは、アレクサンドル・アレクセイエフとクレア・パーカー共同制作のアニメーション撮影技法ですが、フランス・アヌシー映画祭で実物を拝見してもどう撮影したのかさっぱり判りませんでした。

1920年代に、この様な撮影方法が発明されていたとは驚きです。

ジャックさんの後にピンスクリーン撮影技法を受け継いだ方は居られるでしょう。新しいピンスクリーンアニメが見られることを願いつつ、ご冥福をお祈り致します。

カナダ国立映画委員会のホームをご覧になって、ジャックさんを偲んで下さい。

ジャック・ドルーアンへのオマージュ:モデル.リビング – シネマテーク・ケベコワズ (cinematheque.qc.ca)

ナショナル・フィルム・ボード – Canada.ca

メモリアム、ジャック・ドルーアン1943-2021 – NFB

 

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催85

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って400年にあたる7年前にキューバ・メキシコで個展を開き、帰国後、ご報告を兼ねてブログを更新して参りましたが、他の要件が多くなり途中で更新が出来なくなりました。

現在、お知らせの多くがコロナ流行に合わせて自粛となり、ブログにてお知らせする事が少なくなりましたので、その間に支倉使節団400年記念、キューバ日本大使館主催の『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』の続きを掲載することにしました。

タイトル-1

奥村さんのアトリエを訪問、致しました。

彫刻家のアトリエは、人里離れた所に在るのが普通です。世界的な彫刻家、流さんのアトリエも、人里離れた山の中に古民家を移築したアトリエで制作しておりました。

奥村裕之氏スタジオ-2

飼っている大型犬二匹が、山を登って来る奥村さんのジープを迎え、車と伴走してアトリエに戻るのが可愛いです。

庭には大きな石と言うか岩がゴロゴロしていて、これ等の石材を切り出し作品を作るのだろうと思い浮かべただけで、私の体は疲れてしまった。

小物-3

私は高村光太郎の小さな木彫が好きだから、大きな作品は見ただけで眩暈がしてしまう。

奥村さんのアトリエは、ご自身が建てております。メキシコでは自分で家を建てる人が多いです。

人類学博物館学芸員、ベティさんの家の昼食会にも呼ばれておりました。

三人-4

コアテペックに在ります聖ジェロニモ教会です。

あー、UFOが写ってますねー。メキシコもUFOが多いですね。ユカタン半島に隕石がぶつかり、恐竜が絶滅したらしいですが、あれ隕石では無くUFOではないですか?

パイロットの宇宙人がワインを飲み過ぎて着陸に失敗して、それから宇宙人は地球に降りなくなったのでは・・。

教会-5

ジェロニモと言えば西部劇で有名で、白人開拓団を居住地から追い出そうと戦った先住民インディアンの部族長です。

司祭-6

ミサの時間に訪れました。司祭が教会へ入る時から音楽が流れるのですが、これがパイプオルガンを使った荘厳なミサ曲というより、乗りの良い管楽器を使ったアメリアッチ音楽の様で、つい体が踊り出しそうになりました。

この教会の在る街は、嘗てスペインの植民地ですから、スペインからの若者カップルが住むのに良い、物価が安い処です。

乳児を乳母車に乗せて、スペインのカップルがそぞろ歩いております。

内部-7

ヒスパニックが黒人を抜いてアメリカ移民のトップになったのは80年代です。

トランプ氏の政治集会で「ヒスパニックは英語を覚えろ」と叫んでいるトランプ支持者がおりましたが、英語の次に話す人が多いのがスペイン語です。

英語を覚える気が無いのはそんな理由があるのも一因かもしれません。「アメリカ人こそスペイン語を学ぶべき」となります。

白人種の人口が減少傾向にあるらしく、ローマ法王もアメリカを「異教徒の国」と呼ばなくなりますかね。

拙著『Ph.4.5グッピーは死なない』でも、カナダ製の映画で、弱体化して行くアメリカを取りあげております。世界は何処へ行くのか、そして日本は・・・。

回る―回る―よ、地球は回る―・・・。

では、「メキシカン・ロック GOGO GOGO」です。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top