Seiichi Hayashi Art world

本の情報


英訳版『赤色エレジー』
英訳版『赤色エレジー』発売中です。

『夢枕』
パルコ出版の『夢枕』発売中です。

ぬり絵シリーズ 林静一の世界―1「儚夢」
メタモル出版から発売。

大人のぬり絵シリーズ 林 静一の世界―2『雅』

画ニメ『赤色エレジー』
表代作「赤色エレジー」をはじめ、シュールな7作品を収録した中・短編集。

『淋しかったからくちづけしたの』
パルコ出版より、『淋しかったからくちづけしたの』発売中です。

リトグラフ発売中
青林工藝舎よりリトグラフの発売中です。
   
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

うつくしきゼラチン・シルバー・プリントの世界。

会期 5月13日~6月30日

会場 写大ギャラリー

 

本展示では、写大ギャラリー・コレクションの中からゼラチン・シルバー・プリントの魅力を最大限に感じられる作品をご覧頂きます。

ゼラチン・シルバー・プリントには、他の技法では味わうことができない表面の質感やグラデーションの深みがあります。

今回はプリントのクォリティに着目し、グラデーションの豊かな作品を選んだ結果、国内外の有名写真家の作品が多数含まれることになりました。作品の内容も、風景、静物、人物、建築など多岐に渡ります。(本展解説文抜粋)

チラシ-1

私は小学生の頃、 カメラ屋で見たスライド・フィルムの美しさにひかれ、イチゴの入った木箱をバラシて接写台を作り、母のドイツ製のカメラを置いて、駄菓子屋で売っておりました虫メガネを接写レンズとして使い、描いた絵をスライド・フィルムで撮り、近所の子供達にスライド映写機で見せておりました。

その後、東映動画に入って撮影室を見学すると、子供の頃に作った接写台の大掛かりなものが有り、ビックリしたのを覚えております。

ゼラチンと聞くと、美味しそうで食べたくなりますね。

『井上ひさしの劇列車』

会期 4月27日~6月30日

会場 仙台文学館

井上ひさしの評伝劇をテーマに開催する本展では、展示室を「劇列車」に見立てます。戯曲をイメージした空間で、評伝劇の直筆原稿やプロット、創作メモ、執筆にあたって読み込んだ書籍など、多くの資料を紹介します。

井上さんの評伝劇は、宮澤賢治(「イーハトーボの劇列車」)樋口一葉(「頭痛肩こり樋口一葉」)太宰治(「人間合格」)林芙美子(「太鼓たたいて笛ふいて」)小林多喜二(「組曲虐殺」)等、精緻な資料の読み込みから生まれております。樋口さんの「頭痛肩こり樋口一葉」は、題名だけでも、ユーモアが感じられ観たくなります。

チラシ-1

『ことばの祭典』

日時 6月22日 午前十時

会場 仙台文学館

万緑に包まれた仙台文学館を舞台に、短歌・俳句・川柳の合同吟行会を行います。当日発表する「題」をもとに作品をお作りください。(ホーム紹介文抜粋)

言葉-3

この他にも色々、催し物が御座います。ホームでお探し下さい。

 

グループ展「移ろう民」

期間 6月8日(土)〜6月30日(日

会場 京都場

出品作家は、メキシコからフェルナン ゴンザレス、ラウル ラモス、エリサ マロ、日本からは今道子、大井パベル、はぎのみほ、岡田杏里、矢作隆一の5人の移民をテーマにした展覧会です。

無題

矢作隆一展

期間 6月17日(月)~6月29日(土)

会場 巷房

FUKUSHIMAをテーマとした彫刻、写真、折り船を使ったインスタレーション等で構成しております。

京都場のトークショーには告知が間に合いませんでしたが、矢作さん大忙しですね。

百年の編み手たち-流動する日本の近現代美術展

期間 03月29日(金)〜06月16日(日)

会場 東京都現代美術館

岸田劉生が活躍した大正時代から現在まで、それぞれの時代の「編み手たち」は、その時々の課題と向き合い、「日本の美術のありよう」をめぐって批評的に制作してきました。(中略)  日本の近現代美術史のなかに点在する重要な作品群を、当館の3フロアの展示室全体を使って総覧することで、百年にわたる歴史の一側面があきらかになるでしょう。(ホームページ本展紹介文より抜粋)

チラシ-1

美術家 柏原えつとむ氏と美術評論家 正木基氏のアーティスト・トークが御座います。

日時   6月9日(日) 14:00 ‒ 15:30(開場13:45)

会場   東京都現代美術館 地下2階 講堂

参加費   無料(先着順)

 

よみうりランド恒例『小梅ちゃんの謎解き灯ろうゲーム』

会期 6月1日~7月1日

会場 よみうりランド 恩賜公園

毎年開かれております『小梅ちゃん灯ろう』です。

img_koume_01

今年の小梅パッケージの俳句が灯ろうになって展示されております。

友達やご家族、恋人と見に行かれては如何でしょうか。

外国の方が浴衣姿でボーイフレンドと見に来ておられます。外国の女性の方々、浴衣を着るのが上手になりましたねー。

久里洋二展

会期 5月27日~6月8日

会場 art space kimura ASK?

久里さんは70年代テレビ番組『11PM』で、ショート・フィルムのコーナーをお持ちでした。司会者 大橋巨泉さんは久里さんの事を、『麹町のムジナ』と呼んでおりました。

またこの番組で大橋さんと一緒に司会を務めた朝丘雪路さんは、日本画家の伊東深水氏のお嬢様で、大橋さんは胸の大きな朝丘さんの事を「ボインちゃん」と呼んでおりました。大橋さんは愛称の付け方が上手いです。

チラシ-1

久里さんもオッパイが四つもある女性を描きますから、大橋さんはオッパイ星人に囲まれて仕事をしていたと言っても良いでしょう。

今の男の子も、オッパイの大きな女の子を描きますよね。オッパイ星人は不滅ですか。

 

大竹伸朗 1975–1989展

会期 5月25日~6月29日

会場 Take Ninagawa

葉書-1

本展では、1987年に佐賀町エキジビットスペースで開催された「大竹伸朗展 1984-19展を起点とし、70〜80年代後半までに制作された作品を紹介します。

大竹さん元気ですね。こまどり姉妹に、ラップを唄わせたらどうでしょうか。

エコール・ド・シモン人形展

会期 5月18日~26日

会場 六本木ストライプスペース

告知、遅くなってしまいました。シモンさんの人形展です。

葉書-1

シモンさんは今も美しい方ですが、まぁー、若い頃の美しい顔立ちと言ったら、美輪明宏さんに負けておりません。

我が国の球体関節人形の第一人者です。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top