Seiichi Hayashi Art world

本の情報


英訳版『赤色エレジー』
英訳版『赤色エレジー』発売中です。

『夢枕』
パルコ出版の『夢枕』発売中です。

ぬり絵シリーズ 林静一の世界―1「儚夢」
メタモル出版から発売。

大人のぬり絵シリーズ 林 静一の世界―2『雅』

画ニメ『赤色エレジー』
表代作「赤色エレジー」をはじめ、シュールな7作品を収録した中・短編集。

『淋しかったからくちづけしたの』
パルコ出版より、『淋しかったからくちづけしたの』発売中です。

リトグラフ発売中
青林工藝舎よりリトグラフの発売中です。
   
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大英博物館にて『日本漫画の歴史展』開催。

会期 5月23日~8月26日

会場 大英博物館

 

もうネットでも話題になっておりますから、ご存知の方も多いでしょう。大英博物館で国外最大規模の日本漫画の歴史展です。

1980年代のフランス、ポンピドゥーセンターでの戦後日本美術展には、漫画、アニメが含まれておりませんでした。でもこの頃から漫画、アニメ、ゲームが広く世界の若者に受け入れられている事実は、外国へ行かれた方なら肌で感じていたのではないでしょうか。

私の知る限りでは、1995年以降に上記のメディアを歴史的に眺める企画が、外国美術館で練られ始めたように思います。鳥獣戯画から北斎漫画をへて現代のピカチュウまで、私のところへも打診が来たことを覚えておりますし、何年前ですかイタリアで、上記のような日本漫画の歴史展が開かれ、作品出展要請がありました。

それ以来だと思いますが、5年程前に英国にお邪魔した時に、英国博物館で日本漫画展を企画しているとニコル学芸員から伺いました。日本漫画家の個展は、世界の表現潮流の波を感じてここ大英博物館でも開かれましたが、歴史展となると今回が初めてではないでしょうか。

大英博物館-1

上の写真は5年程前に英国博物館をお訊ねした時の写真です。『大春画展』は好評に幕を閉じておりました。

日本館の学芸員の皆様と記念撮影です。思い出の平成です。

学芸員-4

ニコルさんから聞いて興味を持ちましたのは、明治現代の漫画表現の歴史をどう纏めるのかで、今回の歴史展は大筋、岩波書店から出ている清水薫著『漫画の歴史』を踏襲しながら幅をもつ作品を挟んでいる感じですが、ニコルさんは北沢楽天や岡本太郎氏のお父様の岡本一平からと発言しているので、その論拠が何処に在るのか、大いに興味が湧く発言です。

手元に英国博物館の日本漫画展のカタログが無いので、それ以上の考察が出来ないのが残念ですが、これからも他の国(日本も含めて)の美術館が企画する世界の漫画史展への期待は膨らむし、多くの議論を巻き起こして頂きたいもので、アニメ、ゲーム(映像作品)へと広げて頂くと、平面、立体と進んで来た美術館の役割も、大きく現代表現の現場へと足を踏み入れて豊かな空間になることを願っております。

私にも出品要請を頂きましたが、国内で『1968年展』が巡回して其方に出品しておりまして、私の作品は過去に紛失や抜き取られる事がありまたので、慎重をきしてお断りした次第です。カタログへの記載のみ承諾しました。ニコルさん、御免なさい。

これからイギリスへ行かれる方は、本展を見に行かれると良いと思います。

 

唐招提寺 恒例『うちわまき梵網会』

今年も『うちわまき』の季節になりました。

五月十九日、午後三時より『うちわまき』が行われますが、昔のように鼓楼から絵うちわを撒く事は無くなりました。寂しいですね。

唐招提寺

以前は鼓楼から著名人が手がけました絵うちわを撒き、善男善女が撒かれたうちわを取る趣向でしたが、怪我をする人が出るとの理由で廃止されました。

前日の『御宿忌』から翌日の四時まで、御本尊にお供えした物と同じ『百味御膳』をいただけるそうですし、茶席でお茶を頂くのも良いと思います。

境内は新緑に包まれ、その中を歩くと血圧が下がるそうですよ。是非、お出かけ下さい。

詳しくは唐招提寺ホームまで。

 

菓匠三全『萩の月CF 通年編』

今は大衆大航海時代で、観光に力を入れている国々は多いです。

三全さんの『萩の月』コマーシャル『通年編』も、空港が舞台になっております。

1統一

私達、令和生まれの年代がもう世界旅行を終えた世代で、ダイバーですと、世界中の海に潜った方や山に登りスキーをした方、食べ歩きで色々な国の食べ物を味わった方など、居ります。

3統一

食べ物は拙著『僕の食物語』で書いてあります様に、日本は和、洋、中華と現代ではグローバルな食卓を囲んできた民族で、これは珍しい民族になるのではないでしょうか。

居ながらにして世界を旅している気分になる不思議な国です。

菓匠三全さんのホームです。

 

季刊漫画誌『アックス』恒例「新人賞発表」

この表紙、良いですね。友沢ミミヨさんの立体ですか。子供か大人か判らないキャラが好きですよ。

本文の記事にミミヨさんの作品が載っておりますが、禿げたおじさんの立体ヌードが良いです。出来れば畳二畳の上に敷布団が敷いてあり、シーツが淫らによれて、小さなモミガラ枕が置いてあるとなお、良いです。

アックス-1

この伯父さんのキャラでうつ伏せに腰を高く上げ、もう一人のおじさんが上に重なり合う。二人のおじさんのエロ可愛いオブジェにも挑戦して頂きたいです。

久々に見るキャラ立ちした作家ですね。表紙のキャラやおじさんのキャラで立体アニメ作品も見たいです。平面より立体が良い。

もくじ-2

今年は各自、審査委員の推薦が別れ、其々、捨てがたい味があり、今後の活躍が楽しみです。
私の推薦したミロさんは、50歳での作品です。消費税病に罹ったこの国で、将来の不安が増し、郵貯の内部保留金が増すばかりですから、60、70歳と言わず100歳の漫画家が活躍する出版界にしようではありませんか。

会食-3

審査選考会の後、大金持ちの社長とホテルで会食です。
バブルが弾けた後は多額の借金を背負いましたが、またまた大金持ちになられました。色々な社長さんにお会いし話を伺いました。其々個性的な社長さんですが、今回のSさんも今までの社長さんとは一味違う方で、もっとゆっくりお話を伺いたいと思いました。

洋食-4

青林工藝舎に行く通りに気になる洋食屋さんが在りまして、池袋に在った『ホワイト・ベアー』ほどの格調ある洋食屋さんではありませんが、ここのカレー、パスタ、ハンバーグを食べてみようと思っております。

アックスを手に取りたい方はここ

深井克美著『オリオン 深井克美・全画業』

昨年から今年のネット引っ越しでゴタゴタしておりまして、深井さんの2月から3月へかけての北海道立近代美術館『深井克美展』の告知が出来ずじまいでしたが、画集を紹介致します。

深井氏が亡くなる数年前に私も近くへ引っ越してきましたので、お会いする機会があったかもしれず、早くに亡くなられたのが残念です。

本- 1

深井氏の作品を、画集の「はじめに」で松山聖央氏が述べている『ウィーン幻想絵画』を手掛かりに、1970年代絵画のリアリズムをハイパーリアリズム絵画と共に分析することは興味深いが、今の私が別の道を歩んだ者として重なる軌道が見つけられずにいるのだから、安易な分析は私自身の画業の方向性にも影響が及ぶと考えられ、立ち止まる足元深く流れるリアリズム地下水脈の音を聞くだけに止めたい。

松山氏の言葉を借りれば、絵画の一つの様式として、または志を同じくするグループ名としてでも無く、点として存在する幻想画家とは気になる存在であり、現在の幻想の資本主義や幻想の社会主義に繋がっているように思われるのである。

手に取りたい方はここです。

清川妙著『万葉恋歌』

帯に「新元号 令和の出典 万葉集」とあり、新天皇の即位につき急きょ復刻発売です。

女性誌の挿絵を担当していた頃、万葉集に源氏物語、伊勢物語と、古典を描く様になりました。

フランスではアングル等が古典派画家として有名ですが、古典派の画家は、歴史の教養を必要とされる、ちょっと特殊な画家で、他の画家から一目置かれる存在です。

それは、この画家、どの時代を描いているのか、あの時代だと、着物の模様が変だな等々、描かれた作品が何時代か、絵を見て判らないと古典派画家として失格ですから、時代考証と言う知識を持ち合わせていないと古典派画家と呼ばれないことになります。古典派で無くとも具象画には付きまとう鑑賞目の一つです。

表紙-1

これは絵に限らず時代小説も舞台の時代劇も映画も同じです。これが中々大変で、映画、演劇監督などは美術部の仕事と割り切って任せてしまう人も居りますが、加藤泰監督が話された新作の構想などは、役者を選ぶ段階からその時代への加藤さんの時代解釈が入っておりますから、制作部任せとはいきません。

残念ながらこの作品は映画として完成を見る事は無く、加藤監督はあの世へと旅立たれました。この作品、観たかったです。邦画時代劇の異色作となった事でせう。

私も万葉を絵画化するにあたり、その時代への思いを込めております。身長を伸ばすことやピーコック革命を体験した世代として、男性衣装に時代への思いを込めました。

カット-2

そのような事を考えて観て頂ければ、もうすぐ産まれる令和生まれとして幸せです。

まだ買えませんね。5月13日、入荷となっております。

手に取りたい方はここへ行かれて下さい。

「かつて東洋一と謳われた陸軍大刀洗飛行場」

期間 4月23日(火)~6月30日(日)

会場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

かつて福岡筑前町には、旧陸軍が東洋一を誇った大刀洗飛行場が在りました。その福岡県筑前町立大刀洗平和記念館との交流展です。

語り部お話し会は、15歳で海軍特別年少兵に志願した西崎信夫さんに、16歳で陸軍少年飛行兵として訓練を受け、大刀洗北飛行場で終戦を迎えた元兵士の上野辰熊さんです。
同じ15 、16才の皆さん、是非、トークへ参加して話を聞き、可能なら、判らない処は質問して下さい。

チラシ-1

また、4月27日~5月6日に『GW 特別イベント』が御座います。

5月6日の福岡さんの「フランス、ドイツ、満州での避難生活」は、三国に渡る逃避行ですから、グローバルですね。

グラフィック・デザイナー土方重巳の世界展

会期 4月20日(土曜)~6月2日(日曜)

会場 刈谷市美術館 全館

映画、演劇、バレエ、オペラなど幅広い分野で活躍した昭和のグラフィック・デザイナー・土方重巳(191586年)。NHKの教育番組「おかあさんといっしょ」の登場キャラクターや、「サトちゃん」(佐藤製薬)のデザインも手がけ、その魅力溢れる多彩な仕事を辿ります。

チラシ-1

映画ポスターの中に1942年公開『団地の母』と言うのが在りますが、戦中に『団地』という言葉はあったのですね。この映画の二年前、1940年に『少年飛行兵』のポスターも手掛けておりますから、戦争真っ最中での『団地の母』です。ちょっと見てみたい映画です。団地の公園で竹やりの訓練など出てくるのでせうか。ポスターに描かれているのは原節子さんですね。

監督は島津保次郎さんですが、ウキペディアで調べると『兄とその妹』などを撮っておられ、粗筋が書いてないので確かめることは出来ないのですが、NHK BSで見た記憶が在ります。

部長の家の門にインターホンが在ります。それ以外に「エッ」となるシーンが出て来ますから、面白い映画を撮る監督だなと心に止めておりました。成瀬監督に近い作風かなと想像しますが、門下に五所平之助豊田四郎吉村公三郎木下惠介中村登佐伯清谷口千吉などが居るとウキペディアに書いてありますから凄い監督で、『日常の戦ひ』1944年の作品などは敗戦色が濃い中での制作ですから、何となくお話は想像が付きますが、『生活線ABC』1931年製作の作品はタイトルから判りません。戦前もグローバル社会で英語が喋れないと仕事が無くなるよと言った内容ですかねと言うのは冗談ですが、生活線が判りませんが、その線の色々と言う事ですから、格差社会の始まりですか。
残念ながら敗戦の日に亡くなられております。この監督の作品を見ずにあの世へと、令和生まれは行けませんね。

人形アニメ作家の川本喜八郎さんの作品もあります。

Home

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top