Home > お知らせ

お知らせ Archive

赤瀬川原平写真展「日常に散らばった芸術の微粒子」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

プーチンさんと取り巻きを早く国際法廷で裁かないといけません。

 

赤瀬川原平写真展「日常に散らばった芸術の微粒子」

スキャン 3

期間 1月26日~3月25日

会場 SCAI PIRAMIDE

SCAI THE BATHHOUSE | Exhibitions | SCAI PIRAMIDE | 現在の企画展 | 赤瀬川原平写真展 「日常に散らばった芸術の微粒子」 Selected by 伊藤存・風間サチコ・鈴木康広・中村裕太・蓮沼執太・毛利悠子

 

赤瀬川原平さんの書斎には16段の大きな引き出しがあります。

そこには赤瀬川さんが1985年から2006年までに撮り溜めた35ミリのリバーサルフィルムが保管されており、それら未発表の写真は4万点近くに及びます。

マウントされたフィルムは1ロールごとに細長いプラスチックケースに入れられ、いつ、どこで、何を撮影したのかと、撮影したカメラの種類が油性ペンで書かれています。

路上観察学会のために撮影された写真の他に、意外と観光写真的なもの、花や植物、家族やペット、近所を撮影した写真も多く、偶然をたのしみ撮られた写真からは日常が感じられる一方で、赤瀬川さんの時代の捉え方が見えてきます。

それらの写真は、モノをよく見る、本質を問うという芸術的姿勢と、無理をしない生き方、他者への思いやり、自然との共生、物を大事にすること、たくましさや優しさなど、今の時代だからこそ生きていくうえで大切にしたいことを思い起こさせてくれます(ホーム紹介文より抜粋)

 

東映動画に勤めていた時に良く聞いた作家の名前は、高松次郎さんだった。高松さんは東映動画に勤めておられた。

それから東映を辞め、『ガロ』に漫画を描いていた頃に編集者高野氏に『ハイ・レッド・センター』のグループ展を見に行かないかと誘われた。

グループ展の会場に着くと、絵具を片手で握りしめ、胸に当てて立っている男が目に入った。

高野氏が「あの人が高松次郎さんですよ」と私にささやく様に話し、私は東映で聞いていた先輩の話に出て来る高松さんを知った。

「あー、この人が東映の先輩が語っていた高松さんか」と絵具を胸に当てて会場を歩く、パフォーマンス姿の高松さんを見つめていた。

だから私が赤瀬川さんを知る事になるのはずっと後で、原平さんが『ガロ』へ漫画を描くようになってからであり、あの有名な『ゼロ円札裁判』の被告である事も知った。

それから私達夫婦の結婚の仲人を務めて頂き、それ以後は子供も生まれ、赤瀬川家とは親しい付き合いになって行った。

原平さんは写真が好きだ、と言うより画家は資料用に写真をよく撮る。原平さんの写真を見ると資料用と言うより作品になっている。

スキャン 5

または、壁のマチュエルなどがそのままキャンバスに絵具で作品になるように思うし、路上観察へと繋がる芸術運動へと発展して行く過程も理解出来ると思う。

画像は写真集で、会場でも販売している。

写真家の写真と違う写真を見る楽しみを味わって頂きたい。

 

 

結城座三月公演「荒御霊新田神徳」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ウクライナ大統領「今年中にロシアを追い出すのは可能」と言いましたね。

誰ですか米軍の発言で、ロシアを追い出すのは無理、停戦協定を結ぶ方向でウクライナ侵攻を止めなくてはなんて弱腰の発言をしている軍人は、アメリカ・アクション映画のお決まりセリフ「お前、玉付いてんのか!」をアメリカ映画界と一緒に米軍にお返し致します。

ドイツもロシアとの蜜月はドキュメント映画になって暴かれ世界中が知っておりますから、恥っ晒しな知識人のコメントなど出さず、気張りなさい!

20世紀の農耕民族主義者プーチンさんに付き合って農耕地でダラダラ戦わないの欧米さん、サッサと終わりにして経済を上向きにしなさい。

 

 

結城座三月公演「荒御霊新田神徳」

祐輝座

会期 3月2日(木)~3月6日(月)

会場 東京芸術劇場 シアターウエスト

結城座 (youkiza.jp)

ご予約は下記アドレスで。

結城座 (youkiza.jp)

 

あの平賀源内が結城座のために書き下ろした「荒御霊新田神徳」を花組芝居、加納幸和の演出で244年ぶりに復活公演いたします!平賀源内ってどんな人?244年前の結城座って?などの豆情報をSNSなどで発信していきますので、是非ご覧ください。(ホーム紹介文より抜粋)

 

平賀源内さんが結城座のために書き下ろしたのですか。これは見ないといけません。

近松門左衛門さんなど、江戸で起こった事件を徹夜で台本に仕上げ上演したと聞きますから、江戸のスピード感は凄いです。千葉とか埼玉からお重のお弁当を持って見に来る訳です。

芝居小屋の桟敷席で本妻とお妾さんが鉢合せ、「この、泥棒猫」と重箱を投げ合って喧嘩する場面もあったそうで、出し物よりよっぽど面白かった等の逸話も伝わっております。

そう聞くと、当時の結城座はどの様な劇団だったのか、尾張藩の畳奉行でなくとも覗いて見たいです。

三月の公演ですが、早々と予約で一杯になり、キャンセル待ちになるといけないのでブログに載せました。ご予約はお早めに・・・・。

 

12代目結城孫三郎さんと私は、ザルツブルグの人形劇団が新宿厚生年金会館で上演された時、見に行った二人です。

信じられませんよね。まだ私は小学生の頃で、母に連れられて見に行きました。孫さんも同じ年齢ではなかったかと思います。その二人が見に行っていたなんて・・・。

それから云十年、結城座に『風呂』が在ると聞き、見せてもらおうとお邪魔して、判った事です。

『風呂』はお風呂と違います。江戸時代の幻灯機兼アニメ映写機です。

 

ネットニュースの宮城県で大雪の中の小学生登校ですか、半ズボンの児童が映っておりました。寒くないのですか?

 

 

没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

地域紛争への武力行使に躊躇する欧米、攻め込んで獲得した領土をロシアの物と言い、一歩も引かないプーチンさん。主語がロシアでしか世界の問題を話せないのには参った、参った。学校での教育のせいですかね・・・。

審判は国連でしょうが、情けない事にジャッジは多数決で決めております。野球でもボクシングでも審判が決めるのにね・・・。

メディアは戦局は膠着状態と大声で叫んでおります。

欧米側はプーチンさんを追い詰めると「窮鼠、猫を嚙む」で核の使用を懸念して及び腰になっておりますが、欧米が声高に言う世界大戦には成りませんから、ウクライナへの武器供与を加速しても大丈夫です。

この状態で困るのはマスメディアです。動きが無いと数字が取れない。メディアはどちらの味方でも無く、公平を旗印にしている業界で、ツイートなどコンピュータ業界も同じです。公平をルールにしておりますから「炎上」などと騒いでくれないと困るのです。

マスク氏もツイッターを儲かるサイトにして高く売りたいのでしょうが、中々上手くいって無いようで、コンピュータ業界が大量のリストラを断行しておりますから、コンピュータ業界も峠を一つ越したのでせう。

嗚呼、世界経済は悪くなるばかりです。

ロシアは自国の兵士の死者数を発表していないようで、ウクライナばかり報道してマスコミは偏っているとの発言もありますが、ロシアが発表していなければ判りません。
ロシアから戦地に送られた兵士の生存率はビックリするほど低いそうです。ロシアの母よ、声を上げなさい。

 
没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡

千葉

会期 1月13日[金]ー2月26日[日]

会場 千葉市美術館

没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡 | 企画展 | 千葉市美術館 (ccma-net.jp)

 

江戸時代後期に活躍した洋風画家、亜欧堂田善(あおうどうでんぜん・1748〜1822)は、現在の福島県須賀川市に生まれ、47歳の時に白河藩主松平定信の命を受け、腐食銅版画技法を習得した遅咲きの画人です。

首都圏では実に17年ぶりの回顧展となる本展では、現在知られる銅版画約140点を網羅的に紹介するとともに、肉筆の洋風画の代表作、谷文晁・司馬江漢・鍬形蕙斎といった同時代絵師の作品、田善の参照した西洋版画や弟子の作品まで、約250点を一堂に集め、謎に包まれたその画業を改めて検証します。
※会期中大幅な展示替えを行います。(ホーム紹介文より抜粋)

 

日本には開国以前から絵画にとどまらず、色々なモノが外国から入って来ておりましたが、幕末から明治になるとより一層、西欧からの物とは限りませんが、入って来ました。

では、西欧から輸入された洋画が日本人画家に強いたものは何かと問うと、「木綿豆腐」と「絹ごし豆腐」の描き分けが出来ないと、西欧の写実精神を引き継いだとは言えないのではないかと思いました。

或いは「ゼリー」と「寒天」の違いと言い換えても良いかと思いますが、高橋由一さんの豆腐を描いた作品を見ていて、ふと、そう思った事があります。

 

60年代の後半、アメリカで起こった超写実主義のハイパーリアリズム運動の展覧会が日本でも開かました。

このリアリズム運動は、今から見ると客の居ないガランとしたファースト・フード店や都市に乱立する高層ビル群等、其れまでの画家が描く対象から外していた現代の風景が描かれている事に気づかれた方も多いのではないかと思います。

私も当時、霞が関ビルをどう描けば良いのか、自問したことがあり、『Ph4.5 グッピーは死なない』の中に書き込みました。

また、岩波書店の『世界』の連載エッセイ「なつかしさの原景」の中でも、高層ビルを描いた作品の歴史を辿ることも試みました。結構、古くから画家は高層ビルを描く事に挑戦しておりました。

 

ハイパー・リアリズムの作品群の中に、女性の臀部ばかりを描いた作品が在り、良く見ると女性達が履いているインナーの素材感を描き分けている事に気づきました。

絹と木綿の違いなど、西欧画と言うと光と影で構成された絵画と言われていましたが、それ以上に肌の色や布の質感などのリアリズムも大事なのではと思いました。「鳥肌が立つ」なんて難しいですよ。

其れからは、日本画を見る目も、深まった様に思います。

現在はそこへコンピュータで描く作品も含まれ、AIが描く写実作品の面白さも中々のものですが、AIがアートの主流になる事はありません。

何故なら人間は人間にしか興味が無いからです。ハリウッド映画の様にロボットが反乱を起こす物語は、ストリー漫画の巨匠、手塚作品の「ロボット憲章」レベルの考えでせぅ。

面白い展覧会です。見に行かれてはどうでしょうか。

蛇足になりますが、この美術館のホームもゴチャゴチャして探すのに手間が掛かります。

古屋誠一写真展「第二章 母 1981.11-1985.10」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

中国の習さん、プーチンさんに脅されているのですか?

プーチンさんと行動を共にしていたら、中国、ロシア、北朝鮮と世界の三悪人になってしまいますよ。

まだ革命は道半ばだと、歴史的寺院や建造物を破壊した紅衛兵運動の三悪人ですよ。それらと一緒に成ったらGDP一位を狙えないでしょう。

台湾問題は良き友好国として付き合いなさい。巻き込まれては駄目です。ロシアは北朝鮮と同じ扱いになって行きます。

 

古屋誠一写真展「第二章 母 1981.11-1985.10」

古屋

期間 2022年11月11日(金) ~ 2023年2月1日(水)

会場 写大ギャラリー

古屋誠一写真展「第二章 母 1981.11-1985.10」 | 開催中の展覧会 | 写大ギャラリー (t-kougei.ac.jp)

 

この度、写大ギャラリーでは本学の卒業生である写真家・古屋誠一の作品『Christine Gössler 1978-1985』のシリーズなどを中心に364点をコレクションいたしました。

収蔵された作品は古屋と妻が共に過ごした歳月をほぼ完全に網羅する貴重なもので、一度の収蔵点数としては大変多い数になります。これを記念して、二回にわけて古屋誠一の世界をご紹介いたします。

本写真展はその二回目になります。今回の「第二章 母 1981.11-1985.10」では息子・光明を出産して母となったクリスティーネと幼い光明の姿が多く登場します。観る者は光明の誕生によって、ふたりの生活が大きく変化したことに気がつくでしょう。夫婦関係は急激に、あたかも加速するかのようにそのかたちやバランスを変えていきます。(ページ紹介文より抜粋)

 

古屋さんの作品は、映像の私小説と言うべきものですかね。

私小説は文章に秀でた小説家が作品にしますが、古屋さんの作品は我々がアルバムに残す作品に近く、家族写真は膨大な量の作品が地球上に溢れています。

その意味では、写真作家が撮り続ける家族とは、私達と何が違うのか。

見極める機会であり、子供が生まれることで変化する家族像等、刺激を受ける個展と言えます。

 

近代の私小説の主人公に付いて思想家の吉本さんは、描かれた主人公は、描いた作家に似た別人と言っております。さて映像ではどうでしょうか・・・。

古屋さんに限らず、映像には私小説に似た作品が多く在ります。

私が好きな作品は、作家の名前は失念しましたが女性の方で、父が残したアルバム写真が何処で撮影されたか探し、写真をその風景の中に収めるというものです。

庭先で父と撮った写真を、現在の同じ庭先に探す作品で、庭のブロック塀と写真のブロック塀が重なると、不思議な感動が生まれます。

まぁ日本の都会の風景は刻々と変わって行きますから、良い風景の作品として残すのは大変ですが・・・。

外国作品では、父が残した家族写真から、突然、姿を消した父を追い、民族紛争に身を投じ、敵に捕まり処刑された事が判る作品です。

幼すぎて父親の顔も朧な少年だった監督が、父の生きた後半生を追う。見終わった後、国や家族の為に戦った父の姿浮かび上がり、胸にこみ上げるものがある作品です。

現在のウクライナ侵攻を始め、多くの地域での争いが上記の様な物語と作品を生み出していると言って良いでしょう。

宇野亞喜良 万華鏡

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ロシアには希望とか夢が無いですと以前、書きましたが、それはプーチンさんの事で、ロシア国民にはどの国の国民が持っている其々の夢や希望があります。

プーチンさんの発言にロシアは特別と発言しておりますが、どの国も皆、特別ですよ。ロシア国民を道連れにしないで下さい。

ドイツのウクライナ支援は最初、鉄兜でヒンシュクをかいましたが、ロシアとの親密さを批判されNATOと歩調を合わせるようになりました。

春の戦闘で欧米の武器が活躍してウクライナ優勢を更に拡大しますか。そうなるとロシア国内が増々不安定になります。プーチンさん大丈夫ですか・・・。

カナダのHélène Tanguayさんが逝去されました。
謹んでお悔やみ申し上げます。
1989年〜1994年には、ASIFA本部の理事も務めておられました。

 

南さんからの恒例、似顔年賀です。

昨年、ワールドカップで日本中を沸かせました、サッカー日本代表監督、森保一さんです。似てますよ。南さんの顔を忘れてしまいます。カメラマンは奥さんの文ちゃんです。

02

 

宇野亞喜良 万華鏡

宇野さん

会期 会期 12月09日(金)~01月31日(火)

会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

宇野亞喜良 万華鏡 | ギンザ・グラフィック・ギャラリー (dnpfcp.jp)

 

「印刷というのはイラストレーションを確実に復元するんじゃなくって、出来上がったものがよければそれが一番いい」と、昔から印刷のマジックに強い関心を示してきた宇野。

本展(1階会場)では、俳句と少女をテーマにした作品シリーズ約20点を、津田淳子氏による特殊印刷設計によって、異なる表現方法を試み、新たな作品に蘇らせます。

地階会場では、刈谷市美術館のご協力の下、今回の印刷実験による新作の原点となる1960年代のポスター約50点を一堂にご覧いただきます。(ホーム紹介文より抜粋)

 

宇野さん、お元気ですか。

「イラスト・レーター」なんて肩書を付けられる前から宇野さんは、横尾さんや和田さん等と私たちの前を走っておられましたね。

皆さん少年の様な無邪気な好奇心で、アートの世界を切り開いて行かれるのを頼もしく拝見しておりました。

私も映像畑で育ちましたから印刷物には興味があり、江戸期の浮世絵から空の省略の仕方や明治期の挿絵や大正期のデザインなど、我が国の平面アートの意匠性には心、躍るものがありました。

宇野さんの大胆でありながら繊細な少女像など、読者に投げかける瞳は夢二にも似て、奥深い異性の移ろう心を表現し、多くの男性に留まらず女性の心も鷲掴みにしたのではないでしょうか。

宇野さん、88歳ですか。

旺盛な表現活動に頭を下げます。これからもご活躍下さい。

DOMANI・明日展 2022–23

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭が2022年、ロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、2022年、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

明けましておめでとうございます。お正月はどの様に過ごされましたか?

私は恒例の家族が集まって焼肉パーティーを開きました。もう孫も高校受験で大変そうですが、お年玉に釣られてパーティーに出席しました。

まぁー普段は妻と二人ですから静けさにはなれていましたが、子供達家族が集まると五月蠅いこと、賑やかな正月パーティーと成りました。

マスク無しでワイワイ騒いだので、ちょっとコロナが心配になりました。

もう一家族も集まり、一月に騒ごうと何やら子供達が計画を立てているようですから、正月早々、騒がしい一年となるようです。

 

ウクライナ侵攻ですが、ウクライナは焦っては駄目ですよ。相手は農民思想のロシアですから、イライラせず無駄な力を出さず、着実に領土を奪回すれば良いだけです。

ロシア領土に追い込んだら、欧米と協議し経済制裁が効いてくるのを待つか、弱体化したロシアに攻め込み国連主導のロシア人による新政府を樹立すれば良いでしょう。

ロシアの友好国が、ロシアが危ないと参戦する国は居ないと思います。また欧米は世界を支配したいと思っていると考える国は北朝鮮位ではないでしょうか。

厄介なのはロシアのオリガルヒでしょう。今回の侵攻で儲けていることは確かですから、ロシアから出ていくことは難しく、国際有志国連合軍との衝突は避けられないでしょうが、ロシア正規軍を味方に追い出すしかありませんし、資金提供のオリガルヒは、国際裁判で裁くことは出来るでしょう。

また、アメリカさんは何でも二つに分けて考えずに、お子さんが三人居てもケーキを二つに分けますか?アメリカさん。

中国と対話を重ね、世界を纏めて行けば良いでしょう。中国もロシアに対して習さんが「政治的に解決しなさい」と言っていますから、二大国で世界を纏めることが出来るでせう。

台湾は台湾に任せた方が良いと思います。それより中国はGDPⅠ位を目指して下さい。日本も目指しますから、くれぐれもご注意下さい。GDPが下がって台湾と同じになったら、どうします。

プーチンさんのご両親の墓所にも侵攻を止めるよう書き込みが在ったそうですね。ご両親もおちおち寝ておられませんね。

これは「子ガチャ」になるのですか?

ウクライナは大規模な攻撃を春に行うと発表しました。ロシア国内への攻撃も有りと言っておりますから、今年の「マヨネーズ料理」の食材は、早く買っておいた方が宜しいかと思いますよロシア国民の皆様。

 

DOMANI・明日展 2022–23

名称未設定 1

会期 2022年11月19日(土)~2023年1月29日(日)

会場 国立新美術館 企画展示室2E

2022年秋、2年ぶりの国立新美術館での開催となる本展は第25回の周年事業として、これまでに同館での「DOMANI・明日展」で本格的に取り上げることができていなかったキャリアの豊かな作家3名と、比較的近年に在研を終えた清新な作家6名、さらに「DOMANI・明日展」史上、初の同館2度目の参加となる近藤聡乃を招いた展示となります。

サブタイトルは「百年まえから、百年あとへ」。1923年に首都圏を見舞った「関東大震災」から百年目の年に東京で開かれる企画として、「ゆれる/ゆらぐ地面、制度、価値観」という視点から、コロナ禍後の次代の人材育成、美術界のあり方をも考えます。
国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、長期にわたる閉塞状態のアートシーンに遭遇したなかで思考を重ねた展覧会をご期待ください。(ホーム紹介文より抜粋)

DOMANI・明日展 2022-23|DOMANI・明日展 (domani-ten.com)

 

近藤さん、案内を頂いて年を越してのブログへのアップです。

それにしても判りにくいホームですね。ゴチャゴチャ盛り込みすぎの美術館ホームですね。

現代はネットを見る人も忙しいのですから、ルーブルと打ち込めば美術館のホームが開き、美術館内の催し物のタイトルが開催順にズラッと出て、お目当ての企画をクリックするとそのホームが開くサイトにしないと、面倒になり見ないで他のホームへ行ってしまいますよ。画像を二倍速で見る時代ですから・・・。

ホームを訪ねる観客の立場を考えながらホームをデザインして下さい。

 

近藤さん、ニューヨークは寒いでしょう。ニューヨーク観光は四月以降にするのが観光の達人の合言葉です。

以前、脳学者の養老さんとお話しした時、ニューヨークに住むお嬢さんから水道管が壊れたと電話が有り養老さんが水道業者と国際電話で話して水道を直したと話されました。

彼方の水道はすぐ壊れるのかねーと困った顔をしておられました。

寒いので体を壊さずアートにお励み下さい。

以前、日本のアイドルグループが、ニューヨークの美味しいステーキ・レストラン巡りをしておりましたが、入店待ちで並ぶステーキ店と言うのはありますか?お教え頂くと嬉しいです。

ブロンクスにトマト・ケチャブを入れたハンバーガーは邪道だと言うハンバーガー店が有るそうで、そこの店のハンバーガー味を教えて下さい。

稲毛神社恒例 令和4年「有名人慈善絵馬展」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ウクライナ侵攻、年を越します。

プーチンさんはロシアは正しいと言っておりますけど、正しければ隣国を攻めて良いのでしょうか。この辺がプーチンさんの頭の弱いところです。

欧米社会では問題は別です。正しければ何をしても良いという事ではありません。

来年は終わりにして、プーチンさんを裁く国際法廷が開かれますように・・・・。

ロシアの少子化は世界の学者も首を傾げますし、プーチン氏も色々対策を講じているようですが、少子化は止まりません。

どうやら此れが原因の本命に近いと思われるものがネットに上がりました。離婚率が異常に高いのです。世界の国々、日本の倍近くの数です。此れでは子供を産み育てる数が少なくなる訳です。

 

早いもので2023年のウクライナ侵攻の予想が出ております。

大きな進展は無いとの読みですが、欧米が今までタブーとしてきた兵器をウクライナに提供すれば戦局は変わるとの見かたもあります。

特にアメリカ軍幹部がウクライナが勝つと断言しているのが注目されます。

さて来年、どの様な展開になりますか?

 

今年も後、一日にとなりました。例年の様にここで筆を置きます。

今年も色々送って頂きましたが、ブログに載せることが出来ないお知らせも多々ありましたが、失礼をお詫び致します。

来年は皆さまにとってもウクライナにとっても良い年に成る様、願っております。

では来年、お会いしましょう。

 

稲毛神社恒例 令和4年「有名人慈善絵馬展」

2023 絵馬

画家・書家・芸能人など各界で活躍する有名人の手による絵馬200枚を境内に展示。 展示された絵馬は、入札によりご希望の方へ授与され、益金は社会福祉事業に寄託されます。(ホーム紹介文より抜粋)

~有名人慈善絵馬展~稲毛神社 (takemikatsuchi.net)

 

恒例の絵馬展です。来年の干支『のごみ土鈴』の『卯』を描きました。

わが国ではウサギが月で餅を搗く話が広く伝わっております。宇宙時代に相応しい動物ですね。

来年の一家のお守りに如何でせぅ。

ご希望でしたら購入することが出来ます。

国立恒例 『俳画カレンダー』

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさん、20世紀の大国ロシアが、ミサイルをボカボカ撃って北朝鮮と同じような国になってしまいましたね。

キューバのカストロさんの様にサトウキビ畑の収穫に汗を流し、国民から愛されているなら別でしょうが、EU圏のブランドを着ている様じゃ何様のつもりだと思われているかもしれません。

軍隊は自律性がありますので、自国の指示に従わない事があります。日本に於いても日中戦争時代、毛沢東軍と行動を共にした日本の軍隊がありましたから、ウクライナに寝返る軍も出て来るでしょう。プーチンさん気を付けた方が宜しいですよ。少ない兵器と兵員を増々失う事に成るやもしれません。

アゾフ連隊は何処で戦っておりますか?それともロシア国内に潜伏して破壊活動を指揮しているのでしょうか?

フランスの報道はバフムトに入り、塹壕内のウクライナ兵士を取材しておりました。さて日本の報道はウクライナ侵攻を、何処まで取材出来るのでしょうか。期待しております。

アメリカがセレンスキー大統領を招くは、何でしょう、要注意事項ですね。

アメリカは休戦協定を結ぶ話をするのかと思っておりましたが、アメリカの全面支援とは喜ばしい。パトリオットまで頂いて、威力のほどロシア戦で見せて下さい。早くプーチンさんを、国際法廷に引きずり出して下さい。

 

国立恒例 『俳画カレンダー』

カレンダー 1

嵐山さんに南さん、浅生さんの三人の俳句と俳画のカレンダーです。

国立駅前の「おうちギャラリー」 – GALLERY BIBLIO (ギャラリービブリオ) (gbiblio.jp)

 

恒例の『俳画カレンダー』です。国立の書店でも販売しております。

今年の俳句では、浅生さんの『薔薇の字は つくづく複雑 薔薇に似て』と南さんの『プイと去る 天道虫の やうなトモ』が好きです。

嵐山さんは物書きですが絵も達者に描かれます。今年はグッと写実が強まった絵です。

七十年代の平凡社『太陽』に、時代劇作家、池波さんがエッセイと挿画を担当した連載が在りました。題名は『良い匂いのする宿』だったと思います。

大判の雑誌ですから挿絵も大きく、水彩画の軽やかな色使いが気に入っておりました。

私は反対に絵描きが本業ですが、エッセイを頼まれることがあります。てにおはも滅茶苦茶ですが、原稿を読む編集氏を緊張して見守っております。

「中々、面白いです」と言っては頂けるのですが、文章力のレベルについては何も言って頂けないので、原稿は渡したけれど心の中にモヤモヤしたものが残ります。

勇気を出して若い編集者に、私の文章力はどの程度なのか聞いたことがありますが、細部に拘る文ですと言ったきりで、文章力のランクについては聞きそびれました。

写真家の方で前から歩いてくる女性を指して「私は前から歩いてくる女性で言うとどの女性に近いか?」と連れ立って歩く友人に聞いたエッセイがありました。

これ判りますね。自分は男のレベルで言うと中の上か中の下辺りか、問題にもならない下の下なのか、知りたいですよ。

鏡に映っている自分と写真に撮ってもらう自分に大きな開きがある事に皆さん、気づかれているでしょう。

鏡に映った自分は自己愛が入った自己像で、皆が見ている自分はカメラに映った姿が本当だそうです。

一生懸命アイ・ラインを引いたり、口紅を塗っている女性を見かけますが、平気で化粧出来るのは、自己愛で見つめた自分の顔を見ているから出来るらしいです。

でも、皆さん、良い姿で撮れた写真を持っていませんか?「これだと私は並みの上かな、そう、悲観することもないな」と思える写真持っているでしょう。

こういった写真が惑わせるのですよ。自分はどのレベルの容姿なのかと、こまりますよねー。

スマホに画像を修正するソフトが有りますが、思春期に入ると強く自分の容姿が気になります。鏡を見て鼻を摘まんで高くしたり、目尻を指で上げたり、鏡の中の自分と戯れます。

そこで画像ソフトを使って顔を弄りだし、少女漫画のリアル版の様な顔にしてしまいますが、少女漫画のキャラクターが生まれたのは根拠の無いことではないのですね。

 

ホーム > お知らせ

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top