Home > お知らせ

お知らせ Archive

冬季企画展「詩のありかに触れるささやかな試み」

期間 2019年11月30日(土)-2020年2月22日(土)

会場 日本近代文学館

 

「鮎川信夫さんの『橋上の人』をめぐって」とあります。

鮎川さんのポートレートはカッコいいです。敗戦後の選挙風景を眺めて、「日本は、なんて善人の多い国なのだ」と呟いております。

60年代後半に、戦友会に集まる人々が、まるで同窓会のようになってしまった事に腹を立てており、吉本さんは仕方がないよと、慰めております。目前に、世界の先進国の『総中流化社会』が迫っておりました。

鮎川さんの姉を歌った詩が好きで、早くに亡くなった姉を心に住まわせ、時々、心に生きている姉に語りかける詩です。

舞踏の土方さんも、髪を長く伸ばしているのは、姉を住まわせているからだと語っておりました。

私も岐路に立つと、早くに亡くした姉に語りかける癖があります。

中国の大連駅に立ち、左手に『カルピス本社』その奥右手に『三越』が見える通りを、姉が亡くなる前に願ったパイナップルのカンズメを探す母の姿を、探していたのを思い出します。

チラシ-1

石原吉郎さんの詩の朗読もあります。

石原さんの詩は不思議で、歩いている武士がしゃがむと、武士の姿が消え、野菊が咲き乱れる街道風景が残ります。

新古今のように美しいので、映像にしてみたい欲求にかられます。

人が消えるのはシベリア体験だと、吉本さんが石原さんの詩を解剖しております。

美しい詩と言えば、70年代に吉増剛造さんの新刊を、書店で見つけました。その題名の美しさに、しばらく新刊の前に立ち尽くしておりました。

これ以上美しい題名の本を、未だ見たことがありません。絵にも描けぬ美しさ、です。

奥村浩之彫刻展 「Ciclo / Cycle」

期間 1月14日(火)~2月1日(土)

会場 ギャルリー東京ユマニテ

チラシ- 1

奥村さんは、1989年にメキシコへ渡り、以来30年間メキシコで作家活動を続けています。

メキシコ各地の美術館で個展を開催、パブリックアートも数多く手がけています。

近年ではニューヨークでも個展を開催し、2020年にはフロリダの森上美術館を皮切りに米国内を巡回する展覧会に出品予定です。(ホーム紹介文抜粋に加筆)

年賀- 2

奥村さんからの年賀です。有難う御座います。

木版ですか、石版ですかね。気に入っております。

奥村さんには『支倉常長遣欧使節団400周年記念、キューバ・メキシコ巡回個展』でお世話になりました。

タイトル-3

実はまだ、この時の画像が『フリーダ・カーロ美術館』の途中で、メキシコ個展の画像が終わってないのです。

テープカット-4

中途半端は良くありませんね。ブログ更新に空きが出来ましたら、再開致します。

 

 

吉田茂承 水彩スケッチ展開催

期間 122日~22

会場 一日(吉祥寺)(182-0004武蔵野市吉祥寺本町2-1-3 石上ビル1F)

TEL:0422275990

昨年、杉並公会堂で開催された座談の画像を載せます。

KODAK Digital Still Camera

画面向って右が小田部さんです。髭が良いです。

左端が息子さんだと思います。息子さんとは、教員になられた頃からお会いしていないので、記憶がおぼろです。少年のようですね。

KODAK Digital Still Camera

画面左がカールおじさんを描かれた彦根さんです。

松田聖子さんの歌に乗せて、ペンギンが涙を流すコマ―シャルも素敵でした。

右のイケメン・フランス人が、藝大特任准教授のイランさんです。

会場からパーティー会場へと雨の中、私達を案内して頂きました。傘をさし向けると「フランス人は雨が降っても傘をさしません」と、濡れながら案内して頂きました。

映画のシーンで、雨の中、コートの襟を立てて歩く姿を拝見しますが、それでは傘屋さんが商売になりませんよ。

皆さん、フランスで傘屋さんを見つけたら、SNSなどに画像を上げて下さい。

KODAK Digital Still Camera

あいそさんです。変わりありませんね。

イランさんの教え子ですか?アニメーションを学ばれているようです。

イケメンと美人です。これから日本を旅行するそうですが、顔をバッチリ撮りましたから、トランクに入って旅行は駄目ですよ。

KODAK Digital Still Camera

記念トークイベントが開催されます。

出演は、承さん×小田部羊一さん/聞き手:金子由郎さんです。

1月25日(土)19:00-20:30 (開場18:30)

入場料:1500円 定員:30名

会場:一日(吉祥寺) 武蔵野市吉祥寺本町2-1-3 石上ビル1Fです。

詳しくはここで。

インドの漫画雑誌『ベリテ』2号発売。

新年おめでとう御座います。

三が日、どんなお正月を過ごされましたか?我が家は全員揃って正月料理を食べました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年、出版されましたインドの雑誌で、私の『花さく港』が収録されております。インドは以前も、私の作品集を出版しております。

本- 1

今回の『花さく港』も『赤色エレジー』と同じく、誤解される作品と言うか、良く判らない作品になるかと思います。

エレジーは、当時のアニメ業界の話しですが、非正規社員、契約者と言うアニメーターが生まれた時代の話しで、当時のアニメ業界を知らないと主人公、一郎のフリーターのような生活が判り難いし、その後、派遣社員なども80年代に生まれていますし、不況になり、派遣村などがニュースになったことは、あの当時を経験された方などは御記憶にある事だと思います。

正社員と契約社員が同じ職場で働く問題点をテレビで取り上げたのは、エレジーを連載した時代よりずっと後の事になります。

この『花さく港』も、作品を読む限りにおいては、青年が旅へ出て、港町で異性と出会い、淡い恋心を抱きますが、旅人である青年は東京へと戻る事を決めた話となります。
大袈裟な最後の船での別れなどは、読者の想像を越えた作者の思いを描いたと取られても仕方がありません。

漫画-2

しかし私の思いは、東京一極集中の問題です。
東京に人々が集まるのは近代以前からで、江戸へ行けば仕事が有ると江戸へ人が集まって来たそうです。関西から関東へ経済の中心が移りつつあった時代です。

80年代に東京一極化はマズいのではないかと、遷都が話題になり私の所へも遷都についての是非を問う質問用紙が届きましたが、その後、遷都の問題は話題に上らなくなってしまいました。

作品の中で女性が『東京者は東京に帰る』と言うセリフが、地方と東京の問題を語っておりますし、ふるさと納税や少子化による地方の人口減などの過疎化、東京と地方の格差は出口が見つからない状況です。

模索は続いているようです。最低賃金を地方で高くしたらどうかとか、色々アイデアは出ていますが、中々決め手とになるような案は出ていないようです。

東京直下型地震などの問題もあります。地方と東京の問題は、考えなければいけない問題でしょうが、インドの読者に判りますでしょうか・・・。

本の紹介ぺ―ジはここです。

恒例 『有名人慈善絵馬展』

期間 2020年一月元旦~7日

会場 稲毛神社 報徳二宮神社

その後絵馬は、川崎モアーズで1月9日~1月31日まで展示の予定です。

KODAK Digital Still Camera

今年は如何、お過ごしでしたか。
私も色々ありましたし、来年も色々、予定があります。
来年は令和二年、令和生まれの私は二チャイになります。まだオムツが取れておりまチェンが、よろチクお願いいたちまチュ。

KODAK Digital Still Camera

絵馬をご購入された方には、来年の家内安全のお守りとして、御飾り下さい。
では、ホームを訪れた方々の来年のご多幸を願いつつ、筆を置きます。

KODAK Digital Still Camera

良いお正月をお迎え下さい・・・・。

 

南伸坊著『私のイラストレーション史』発売中。

南さんと初めてお会いしたのは新宿の『ローレル』という喫茶店で、赤瀬川原平さんが教室を持たれている『美学校』の生徒さんを連れて来られ、その生徒の一人に南さんが居た。

喫茶店『ローレル』は三階建ての喫茶店で、上の階にはボーイさんが居なく、珈琲を飲み終わるとやおら、生徒の一人がテーブルの下に隠していた一升瓶に入った日本酒を取り出し、コップの水をあけ、日本酒を注ぎ始めた。その日本酒を取り出し、コップに注ぎ始めたのが南さんで、へえー、青林堂には編集長の長井さんが無類の酒好きだが、原平さんの生徒の中にも、酒好きが居ると感心した。

その後、南さんが青林堂へ入り、私はテレビの報道局帯番組で忙しくなり、『ガロ』へ作品を書く時間が無く、編集部へも顔を出すことは無くなっていた。その間の南さんが会われていた作家の消息などが判り、楽しく読ませて頂いた。

『イラストレーション』については、私は『ガロ』でブームになり、今度は某新聞社のグラビア誌で『花のイラストレーター六人衆』(このタイトルで良かったかな?)なるタイトルの特集雑誌が出て、それら六作家の中に私も含まれていたのだ。

えっ、今度は漫画家では無く花のイラストレーターの肩書になったのと、私は驚き、アニメブームから三度目のブームに私は巻き込まれてしまった。

でも振り返ってみれば、70年代に出した私の画集が、その年の二番目に売れた画集になっていたから、仕方がないのかもしれないと思うし、ロッテの『小梅』のCMや女性誌での東芝広告などが出回っていたから、当然と言えば当然の話しであった。

チラシ-1

先日、NHK朝ドラ『なつぞら』のモデル、奥山玲子さんのご主人、小田部羊一さんとの座談会が開かれ、せん越ながら私も加わり、爆笑トークの楽しい夜を過ごさせて頂いた。

その中で、東映動画へ入社して間もない頃に、先輩アニメーターの堰合さん(間違っているかなー名前)に『ハイ・レッド・センター』の一人、高松次郎さんの話をされ、入社したての私には何の話かさっぱり判らなかったが、その後、東映を辞め『ガロ』に漫画を描き初めて、編集部の高野さんの誘いで『美学校』のパーティーへ出席し、高松次郎さんや赤瀬川さん、中西さんにお会いし、東映に入った時に堰合先輩が言った事と繋がったと話した。

会場にはアニメファンがつめかけていたから、『ハイ・レッド・センター』についてはイマイチ判らない人がいたようで、色々な表現畑を渡り歩いている私には、一つのメディアに限っての話しが中々出来ず、また、私にとっては、渡り歩いているのに繋がっているところが不思議で、何故、東映に入社したての私に、アニメと関係の無い現代美術の話しをしたのか、それがその後に巡り合う事になるとは、時間は一方向に流れていないとは物理学では常識となっているらしいが、私は広大な宇宙に放り出されて漂う宇宙飛行士になった気分でいる今日この頃であります。

本を読みたい方はココです。

 

桑原茂夫個人誌『月あかり』第6号発売。

桑原さん、ちょっと遅くなりましたがブログに載せました。

チラシ-1

巻頭は桑原さんのお母様が手帳に記した東京大空襲の様子で、庶民はその中でどの様な思いで暮らしていたのか、桑原さんの解説を入れながら綴っています。

この時代に文章を書き連ねる事が出来る庶民はそう多くは居なかったのではないかと思うが、流石、東大卒の桑原さんのお母様は文章が達者である。

現在、SNSやツイッターに、短いながら多くの人々が書き言葉を綴っている状況は、映画にもなっている1930年「綴り方教室」運動以後の書き言葉の歴史的変化ではないだろうか。

因みに欧州では、14世紀頃、書き言葉が大衆に定着し始めたと、書かれている本を読んだことがある。

 

詳しくは桑原さんのホームへ。

動きの中の思索―カール・ゲルストナー

会期 11月28日(木)~2020年01月18日(土)
会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ホーム個展紹介文に(伝説的な1965年の「ペルソナ」展から半世紀を経た今)とあり、(スイスを代表するグラフィックデザイナー、カール・ゲルストナーの日本初となる個展を開催いたします。)と、あります。

チラシ-1

1965年と言えば、銀座を歩く人に石を投げるとデザイナーに当ると言われていた時代です。

映画『黄金の腕』や『ウエスト・サイド・ストーリ』等のタイトルデザインを手掛けたソール・バスにタイプライター『オリベッティ』の広告キャラクターデザインを手がけたフォロンなど、巷にセンスの良い広告が目立った時代です。

戦前の『バウハウス』運動、いやロシア革命頃の建築を含めて、20世紀はモダンだったのですよ。

日本の出版社から、この頃の芸術運動を精緻に分析した分厚い本があります。デザイン史を研究される方には必読書です。

ル・コルビジェが建てた『団地』など、中庭の庭園を含め美しく、世界遺産となっております。竹久夢二さんが憧れた訳が判ります。

さて日本の団地は、ウキペディアによると設計者が日本人ですから、あのデザインは日本生まれとなりますが、ベルリンでル・コルビジェのデザインではない日本の団地に似た集合住宅を見た記憶があり、1957年、アントニオーニ監督の『さすらい』のトップシーンにも団地が出てくる。これも日本の団地に似ているし、ウキペディアで団地を検索すると、『草加松原団地』を東洋一の団地と書いているから、アジアの他の国でも団地は建てられたのだろうか。

また記憶に新しいところでは、長年解けなかった『ひも理論』を解いたロシヤの物理学者が住む住宅が、日本の団地とよく似た集合住宅であった。

結構、世界に日本の団地に似た集合住宅が建てられているのだから、世界遺産か近代遺産の候補に上がっても良さそうなものだが・・・。

私も岩波書店の『世界』で『なつかしさの原景』(この題名で良かったのかな・・・)で、青山の同潤会アパートは建て替える話が出ていたので、下町に建つ同潤会アパートを描いた。これが団地の建築デザインと同じであった。

ホーム > お知らせ

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top