Home > お知らせ

お知らせ Archive

唐組公演 『秘密の花園』

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさんは停戦を呼び掛けておりますが、戦略が世界の人々に見え見えになっております。此処でウクライナが停戦に乗って来る訳が無いことは、誰の目にも明らかです。

プーチンさん、早く手を上げて世界法廷に出廷しなさい。「プーチンは、ロシア国民の敵」と呼ばれる前に。世界経済、悪くなる一方ですから・・・。

ロシア本当にバラバラになって、小国ロシアになりますよ。

ロシアは小国とお仲間になっていますが、経済がねー、市場規模が小さいです。資源は中国が押さえにかかっているのでは。

数が多ければ欧米に勝つのは、兵員の数位ではないでしょうか。後、ロシア語を理解し、話せる国がアフリカにはどの位あるかです。

 

唐組公演 『秘密の花園』

唐組ー1

会場 東京=猿楽通り沿い特設紅テント 千代田区猿楽町1−6−1 明大10号館裏空地

日時 10月8日(土)9日(日)10日(月・祝)/13日(木)14日(金)15日(土)

詳しくは下記アドレスへ

改訂の巻 秘密の花園 | 劇団唐組公式ウェブサイト (karagumi.or.jp)

 

日暮里にあるひしゃげたアパート。そこに暮らす夫婦の元に、アキヨシは通っている。

キャバレーホステスの一葉(いちよ)とポン引きの夫、大貫。アキヨシは毎月の給料を二人のところへ届けているのだ。

アキヨシは一葉にプラトニックな思いをいだいていた。夫の大貫も金のためか、そんなアキヨシの割込みを容認。奇妙な三角関係は二年続いている。

一葉はアキヨシにあるおとぎ話をよく語り聞かせた。それは生まれる前の港で、契りをかわしたというメルヘンである。

「きっと一緒だよ、向うに着いてもきっとね」と。日暮里の森の中、また秘めたる廃園の扉が開く!(ホーム紹介文より抜粋)

 

合田佐和子さんの絵ですね。

合田さんは少年の絵を描きます。以前、銀座の洋書店に、少年のヌード写真集が置いてありました。

ページを捲ると、少年が同級生や家族と一緒のスナップ写真が載っていて、最後の見開きページに少年が全裸でナイアガラの滝を背景に横たる写真や、木の枝に腰かけている写真が載っておりました。

女性のヌード・グラビアページと変わらない構成ですが、少年好きには堪らない写真集です。

その中に、月夜の浜辺で空中バック転をしている少年のヌード写真が在り、月の中に浮かび上がるヌードの少年は、少年の魅力を一枚の写真で見事に表していると感心しました。

少女の魅力と言うのもありますが、また少年の魅力と言うのも有ります。

合田さんにその話をすると、深く頷いておられました。

 

唐さん、凄いです。商業作品に出ていた俳優が、この頃、演技がなまって来た、唐さんの劇団に戻ってたたき直さなければと言っていたのを思い出します。

何事も一生、勉強です。表現の前に、跪きませう。

日中国交正常化50周年記念 「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ウクライナ、快進撃を続けているようです。

プーチンさん、勝負は着いたのでは。兵員を国内に求めても、国内が混乱するだけでしょう。ウクライナに勝てません。ロシア化を急いでいるようですが、今は経済の時代ですから、失礼ですが州の長とかの役職が望まれている新露派の人は別ですが、貧しいロシアに何のメリットが有りますか?

多くのウクライナの人々を死に至らしめ、自国のロシアの人々も同じような運命に巻き込んだ責任は重いです。

プーチンさんの支持率も下がり始めておりますから、国際法廷の裁きを受けなければならないでしょう。

 

日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」

IMG_20220925_0001 (23)

期間 9月10日~11月6日

会場 名古屋市博物館 1階 特別展示室・部門展示室

特別展 日中国交正常化50周年記念 「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」|名古屋市博物館 (city.nagoya.jp)

秦(しん)の始皇帝(しこうてい)は約550 年続いた群雄割拠の春秋戦国時代を終結させ、紀元前221 年に史上初めて中国大陸に統一王朝を打ち立てました。秦はわずか十数年で滅亡しましたが、始皇帝の墓に眠る兵馬俑(へいばよう)は、その絶大な国力を現代に伝えています。

戦国時代につくられた小さな騎馬俑は、なぜ始皇帝陵では突然等身大の兵馬俑となり、漢代では再び小さくなったのか?本展では、秦漢王朝の中心地域であった現在の陝西省(せんせいしょう)の出土品を中心に、日本初公開の中国国家一級文物(最高級の貴重品を指す中国独自の区分)を含む約200 点から、古代中国史の謎に迫ります。 (ホーム紹介文より抜粋)

 

手塚治虫さんが中国全国ネットで『鉄腕アトム』を放映した年に、文化交流で中国へ参りました。

まだ日本の新聞社などは支局を開いて無い時代でしたから、コレコレの事を目にしたらご一報くださいやら、北京空港に降り立った時に、アテンダーの方々から「うらやましい、私達の分まで中国を見て来て下さい」と念をおされるやらで緊張が高まっている体をタラップに乗せると、出入国の建物まで、北京の党青年部の人々が二列に並んで道を作り、手拍子を打ちながら「ようこそ、中国へ」と笑顔で私達を迎えてくれた驚きと感動は、昨日の事のように覚えております。

戦後、日本へ帰らず、中国映像界に尽力を尽くされた持永さんの一行ですから、驚く程の歓待で、私共は身が縮む思いでした。

戦後、日本へ帰らず、新生中国の為に中国へ残られた方々は多いと思います。

また、里子に出され、中国籍で立派に成長された方もおられます。

それらの力が合わさって今の中国がある様に思います。隣国として末永いお付き合いを致しませう。

 

オタワ国際アニメーション映画祭で山村浩二さんの「幾多の北」が長編グランプリ! 和田淳さんの「半島の鳥」が短編グランプリ!

短編と長編で同時に日本人がグランプリは、初の快挙ではないでしょうか!?

お二人おめでとうございます!

また、日本からは榊原澄人さんの「lizuna Fair」(邦題は「飯縄縁日」)が、Best Non-Narrative(非物語部門の最優秀賞)を受賞しています!

和田淳さんは、夏に行われたひろしまアニメーションシーズン2022で「半島の鳥」が環太平洋・アジアコンペの審査員特別賞(フローランス・ミアイユ賞)と観客賞、また先日開催された、スイスのファントーシュ国際アニメーション映画祭でも短編グランプリを受賞していて、大きな映画祭でのグランプリが続いています

(12年前にも同映画祭で「わからないブタ」がグランプリを受賞されています)

今後の活躍も楽しみにしています!

https://www.animationmagazine.net/2022/09/bird-in-the-peninsula-dozens-of-north-win-top-prizes-at-ottawa/

 

占領と平和

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ロシアの国民も大変ですね。このまま行ったらロシアは崩壊してしまいませんか。

プーチンさんは悪い方へ、悪い方へと行ってしまう人ですね。日本で占い師に見てもらうと良いです。このままではロシア国民が可哀そうですよ。

クレムリンの執務室まで攻撃範囲に入れるとアメリカは言いましたね。いざとなったら、プーチンさん、ビン・ラーディンの様にアメリカ軍に暗殺されるのでしょうか。

この作戦、衛星中継でアメリカ大統領も見ていたし、日本のテレビも放映しましたね。今年に入って9・11の最後の指導者も、バルコニーに出ていた処をミサイルを搭載したドローンで爆殺されました。

アメリカはやる時にはやりますね。

 

占領と平和

占領と平和

会期 9月9日~11月2日

会場 写大ギャラリー

写大ギャラリー (t-kougei.ac.jp)

 

本展で紹介する多くの写真家たちは敗戦とその後の占領期という困難な時代を経験し、サンフランシスコ講和条約により「独立」を与えられた後は、アメリカの「核の傘」の下で高度経済成長を謳歌するこの国の姿をカメラに収めてきた。

そのなかには、在日米軍基地が集中する沖縄から戦後日本を捉えるための視座を得ようと試みた写真家もいた。

今年2月にはじまったロシアによるウクライナ侵攻は、「戦後」という枠組みを揺るがすものだ。

また、日本でも戦後政治の裏面史への注目も集まっている。冷戦期に撮影された多様な写真からなる本展は、戦後日本の歩んだ道のりを問い直すひとつの契機となる展示になりそうだ。(ホーム紹介文から抜粋)

 

敗戦から半世紀以上を過ぎました。

敗戦後の新宿の闇市を記憶しております。街頭のスピーカーから、レスポールの軽やかな曲が流れており、それを打ち消すように闇市の中央に建てられた『軍艦キャバレー』から『軍艦行進曲』が聞こえてきました。

子供心にキャバレーと言うのは何をするところだろうと、覗いてみたい気持ちになりました。

紀伊国屋書店の右隣りの道路を挟んだ店に、模型機関車が売っていて、喉から手が出るほど欲しくなりました。

今から思うと闇市の風景は、青空が広がり明るい風景として記憶されております。

70年代初め頃まで、新宿二丁目の旧赤線地帯の柳の並木や、旅館、ホテルなどは残っておりましたが、時代は『総中流』社会に突入しておりましたから、何とも足の速い時代でした。

イメージフォーラム・フェスティバル 2022

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

プーチンさん、上海協力機構(SCO)でまた経済制裁を辞めろと言ってますね。内部から体制が崩壊するのを恐れているのでしょう。中国の習さん、プーチンさんを見て、この男、政治家の器では無いと、諦め顔です。

中国はGDP一位を狙うのです。一位になってアメリカと手を組みましょう。

そして上から目線でロシアに友情ある説得をアメリカとしませう。

プーチンさん、ドンバス地方は譲れないと発言し、及び腰のアメリカを使って、ウクライナを停戦交渉のテーブルに着くよう説得しているのですか。しかしウクライナは、全領土を奪還するまでは、首を縦に振らないでしょう。

アメリカがそう動くと、世界の小国からアメリカの評価は落ちますね。第一、お兄ちゃんのイギリスがアメリカを叱るでしょう。

ウクライナは取り返せる領土があれば、取りに行けば良いでしょう。ロシアは、人は居ないわ、兵器は無いわと、やる事が無いのです。

 

イメージフォーラム・フェスティバル 2022

チラシ- 1

田名網敬一特集 『色彩と記憶を巡る旅』もあります。

チラシー2

会期 9月17日~23日

会場 スパイラルホール

イメージフォーラム・フェスティバル 2022 | シアター・イメージフォーラム (imageforum.co.jp)

 

“アンダーグラウンド”という言葉は、1960年代のカウンターカルチャーを象徴する言葉の一つとして使われていた。伝統的な規範に対抗するものとして、支配的なシステムから逸脱するものとして、一般的な商業流通に乗らないものとしての“アンダーグラウンド”。そこには色々な意味が込められていた。

あるいは一見自由なようでいて高度に規定された経済社会。見通しの利かなさ、新たな不自由さが見え隠れする現代において、“アンダーグラウンド”という言葉や態度が、改めて意味を持ちはじめているようにも見える。(ホーム紹介文より抜粋)

 

ウクライナ侵攻に本土防衛が声高になった現在、60年代の学生運動風文体が多くなって来ましたね。刺激されたからでしょうか。

その60年代、私は久里さん達の『3人のアニメーションの会』が草月ホールで開いたフェスティバルを見に行き、短編アニメ作品を制作してみようと思い立ちました。

それ以前ですと、新宿に出来た映画館『アートシアター・ギルド』で見た長編作品の前の短編作品を見て、その様々な様式で創られた作品から、セル・アニメ中心の我が国の作品とは違う作品群に刺激を受けました。

当時、私は東映動画に勤めておりましたから、制作している作品にその手法を取り入れ、効果を実験しておりました。

それから短編と言う事も、製作費が掛からず、個人の表現として良いのではと思い、短編自主映画を作る様になりました。

 

スピルバーグ氏も語っていたと思いますが、私達の若い頃から小型映写機が手に入る時代になり、友人、家族との旅行や結婚式などで小型映写機は活躍し、我が子の成長を撮り続けた方も居られると思います。

私が最初に買った撮影機は標準、広角、望遠の三つのレンズが付いたベル&ハウエルの撮影機です。当時のニュースフィルムのタイトルに使われていた撮影機と同じです。無論、私のは、八ミリフイルム仕様ですが、電池では無くゼンマイを巻いて撮影します。そこがカッコ良くて気に入ってました。

フィルムからビデオ、デジタルと撮影機は其々のブームを迎えており、変化をして来ましたが、一般の方達の作品内容は、そう変化はしていないと思います。

ただ『ぴあ』のショート・フィルム・コンテストに出品されていた東北の方の作品は、8ミリ映像なのに、写っている物が高級外車やヒロインが着ているコートがブランド物だったり、ネックレスやイヤリングに指輪など高そうな物ばかりで、画像の中で劇場版ハリウッド映画と製作費を張り合う作品となっていて、崖の上から高級外車を惜しげもなく海へ落とすシーンではもー皆、手を叩いて喜んだのを覚えている。その様な作家も居たのです。

そこに新しく加わったと言えば、携帯でのムービーで戦場に赴き、その戦場で行なわれている数々の悲惨な現状が静止画像も含め、「インスタ映え」の流行語が生まれるほど、プロの報道に交じって多くの人が自らのホームに載せ、インターネットで見る事が出来る時代となりました。

まさに『映像の世紀』ではないでしょうか。

結城座公演 『瞼の母』

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ロシアが軍隊を引き揚げるそうですね。

ウクライナの領土を占領しても、ロシアに良い事は何も無いでしょう。

領土問題は世界に沢山あります。我が国は島国なのか、良く判らない事も多いです。

親ロシア派の拘りは判りますが、国家がウクライナでは駄目ですかね・・。ロシアもその様な人達の声を聴いて、ロシア領で土地を与えて、暮らして行けるようにしたらどうですか。

アメリカが特殊なのは、移民で成り立っている国です。そこが他の国と違い、思想的には「自由」を旗印にしておりますが、様々な国の人達が肌の色、宗教の違いを超えて暮らして行ける、近未来の世界を具現化した国なのではないでしょうか。

世界の警察官と言われておりますが、世界の問題を解決するのはアメリカしか居ないのではないでしょう。

マーヴル・コミックも、世界平和を願うスーパーなヒーローが活躍しております。他の国には無い主人公ですよ。そのマーヴルが入っていたワールドトレードセンターが攻撃された9.11では、アメリカ漫画界は言葉も無かったそうです。

あの頃、イエール大のライアン氏と会っていた私は、慰める言葉も無かった。

 

統一地方選でプーチンさんの支持母体『統一ロシア党』が優勢なのですか。プーチンさん、徴兵制をしくことが出来ますよ。兵員不足は解消します。

統一ロシア党の小旗を振っている党員全員、兵隊になりますから。農民の頑固さは、スターリングラードの戦いでは良かったのですが、短所もあるのですよ。統一ロシア党員も国際法廷で裁かれるでしょう。『私は貝になりたい』と涙を流しますかね。

 

結城座公演 『瞼の母』

チラシ- 1

期間 9月29日 ~10月5日

会場 ザムザ阿佐谷

結城座 (youkiza.jp)

今回の新作「瞼の母」は結城座にとって珍しい切り口の題材である公演となりました。

この「瞼の母」では親を想う子の心、子を想う親の心が各々の立場から描かれており、普段の結城座の新作公演とは少し趣の違う親子の物語として皆様に楽しんで観て頂けると考えております。そして、この親子の物語を結城座の人形でどのように表現するか、演じるかが、私たち結城座が取り組まなければならない一番の命題だと考えております。(ホーム紹介文より抜粋)

 

前回、結城座さんの公演案内を公演日ぎりぎりで揚げましたところ、もうチケットが完売になっておりましたので、今回、早々と告知させて頂きました。

結城座さんの時代物は、興味深く拝見しております。歌舞伎もそうですが、前口上が長いのです。ダラダラと経緯を述べる、このダラダラ感が宜しい。

以前、アメリカ映画の編集の歴史を辿ったドキュメントがありました。

そのドキュメントに出演したアメリカの編集マンが口を揃えて首を傾げるのが、50年代のアメリカ映画は何故、誰某に逢いに行くのに、その家の前まで行って玄関のベルを鳴らすカットが必要なのか、と言う疑問です。

そんな注意深くアメリカ映画を観ておりませんでしたから、へえーと感心してしまいました。

今ですと、彼奴に聞けば判ると発言したカットが有ると、もうその「あいつ」と話しているシーンに変わりますが、「あいつ」が家に居る場合、家の前まで行くシーンが入らないと、50年代の観客は納得しなかったそうです。

まぁー、時代感覚が早くなった現代では、そんなシーンを入れるとまどろっこしいし、観客はイライラしてしまう事なのかもしれませんが、50年代のアメリカ映画の観客は、そのシーンが無いと不満だったようです。その時代の中で生きている人と、その時代を超えたところに居る人など、同時代でも受け止め方は様々です。

現在、WOWOWで某国の歴史ドラマを流しておりますが、いつ見ても王様と妃が話していたり、王様と大臣、或いは大臣と兵士等、チャンネルを回すといつも話しているシーンになっております。私は某国の城攻めのアクション・シーンを見たいのですが・・・・。

この様な作品を見ている某国の人々を考えますと、役者が喋るセリフに共鳴したり、涙を流しているのではないかと思われます。

某国の映画館で某国の人達に混じって、某国の映画を見て見たいものです。

桑原茂夫個人誌 『月あかり』第七号

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為、映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

ロシアが撤退を考えました。

ウクライナの領土を分割支配しても、ロシアにとって良い事はありません。

ロシアに親和的な住民は、そこに代々住んでいたロシア人でしょうが、ウクライナ国でも生活してゆけると思います。

住んでいる領土がロシアでなければならないと思うなら、その土地を売ってロシアに住み替えれば良いのです。

そのような住人をロシアは、ロシアに住む便宜を考えるべきですし、国連も一緒になって考えるべきです。その問題の中心には、イスラエルの問題があります。

これも国連が中心になり、欧米諸国と共に解決へ向けて考えなければいけません。

クルド民族の問題もありますから、一、二年で解決させようなどと考えず、100年単位で考えるべきです。欧米も世代が交代し、今は無理な考えも未来には無理の無い解決になるかもしれず、粘り強く糸口を見つけて行くのが世界の役割です。短気は駄目です。

ロシアにウクライナへの友好的な大統領は生まれるのでしょうか。ウクライナはロシア人を変革しませう。社会主義は人気が無いという強迫神経症からプーチンさんやロア国民を助け出しませう。

プーチンさんはアメリカが判らないのです。何であの国がいつまでもと、思っています。

中国は違います。豊かな暮らしがしたかったのです。また、革命は達成されていないと立ち上がった毛沢東思想の追従者が『文化大革命』と政権の転覆を計りますが、紅衛兵対軍部との戦いと言った小規模の争いでは無く、ミサイルを使った内戦へ発展、勝利していますから、毛主席の革命からの発展と考えると間違いになります。が、少数民族を虐めるのは止めましょうね。

台湾の青年が、このままで良いと言ってます。一国二制度、不具合が生じたら両国で話せば良いのです。その為に言葉が生まれ、あるのです。ベトナムも同じです。

ウクライナ侵攻など止めましょう。兵器を売っていくら儲かった話ではなく、ロシア国民を豊かにしましょう。

プーチンさんは国際法廷に立つ勇気がありますか?

 

YouTubeに、コンピュータ画像のウクライナの戦いが載っていますが、アゾフ連隊の戦いも載っていました。強いですね。

背景の山に囲まれた田園風景も精緻ですし、撃たれた兵士の倒れ方もアフガンの頃よりリアルに仕上がっております。

実写からコンピュータ画像への変換が出来るソフトがあるのでしょうか。その様な画像翻訳を実験しているようなコンピュータ作品群です。

その内、ハリウッド映画に技術が取り込まれ、迫力のあるアクション映画が誕生して来る予感がしました。もう人間が居なくとも戦争は出来るのではないかとも思いました。

 

ダニエル・クレイグさんの007役のドキュメントを昨日見ておりました。

007と言えばショーン・コネリーさんのイメージが強いですよね。コネリーさんはトラックの運転手をされていたと聞きましたが、フォーマル・スーツを着ても様になります。

プーチンさんもタクシー運転手をされていました。プーチンさん小柄だから、タクシー運転手、似合っていたのではないですか。

タキシードは胸幅が無いと貧弱に見えますが、コネリーさん見事にきめてました。

知りませんでしたが、コネリーさんからクレイグさんに007が決まった時は、マスコミや007ファンからのバッシングが凄かったようです。007を汚す気かと、大衆は感情的にものを言いますから、そりゃー凄いです。

クレイグさん、良く耐えましたね。クレイグさんの007も、一作目が大ヒットで、イメージが定着しました。全裸で腰を下ろす処にクッションが無い椅子で、鉄球をタマタマに受けていましたね。ロシアの拷問は、性器を狙うらしいです。

この時、クレイグさん裸でしたが、胸と両腕の筋肉が付いてました。トレーニングも撮影して欲しかったですね。

女性ファンも、抱かれても好いかもとなってきました。

クレイグさんの正面向きの顔が独特です。特に口の結び方がクレイグさんの特徴を表しております。

今度は007から他の役を演じる時が、クレイグさんの役者としての才能の見どころですね。

 

 

桑原茂夫個人誌 『月あかり』第七号

チラシ-1

カマル社 桑原茂夫 公式ホームページ (kamarusya.wixsite.com)

 

桑原さん、大変遅くなりました。

クマさんの事、書かれていますね。

写真の焼き物はクマさんの作品ですか。中々、素敵ですよ。

武人、古田織部の織部焼に近いなんぞ、若い頃のクマさんを彷彿させて、ぴったりです。

細谷巖 突き抜ける気配

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為の映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

 

ロシアのアニメーターがウクライナの平和を呼びかける(2月24日開始) – ASIFA

ロシアのアニメーターも、ウクライナ侵攻に反対しております。

 

不思議なドキュメントを見たと、今年の初めのブログに書きました。
何とゴルバチョフさんが友人の家で、年越しのパーティーを開いている様子を撮ったドキュメントです。

ゴルバチョフさんの後ろのテレビには、プーチンさんが年末恒例の一年を振り返る演説をしているのが写っておりました。

日本だと大晦日はNHK恒例『紅白歌合戦』ですが、ロシアは社会主義国の尾ひれが残って固いですね。

仲間とワインを飲み機嫌のよいゴルバチョフさんは、「それは、俺が最初にやったことだ」とプーチンさんの演説に「茶々」を入れるほどで、深夜12時に演説が終わると「ピッタリ終わった」と目を丸くして友人と笑っておりました。

「また、大統領をやりたいか?」との友人等の質問に大きく頷いていたのが印象に残っております。

それから間もなくしてロシアのウクライナ侵攻が始まり、あのNHKで流れたゴルバチョフさんのドキュメントは何だったのか、つい、ブログに書いた次第でした。

次回の大統領選でゴルバチョフさんが出馬したら、プーチンさんとどの様な選挙戦が繰り広げられ、ロシア国民はどちらを選んだか・・・。そしてロシアはどうなったのか。
ゴルバチョフ氏亡きロシア、振り返れば最後の岐路ではなかったか・・。

亡くなったゴルバチョフ氏へのロシア国民の声を集めたドキュメントを観た。

西欧寄りでロシア的なものが消えたとの発言が在ったが、ロシア的なものとは何なのか、インタビュアーは更に深く掘り下げる質問をして欲しかった。

ロシアのおばちゃん、ロシア的とは、旧ソ連時代の事ですか?

プーチンさん戻せないでしょう。旧ソ連時代を知らない、スマホ世代が多いのだから。

ウクライナも今年中に片が付くと言い、経済学者もロシア経済はガタガタになり始めている。来年度にはと、これもまた来年と発言しています。

天地真理さんが唄い72年のヒットした曲『ひとりじゃないの』という歌謡に、「ひとりじゃないって すてきなことね」と唄う詞があります。詞 小谷 夏。

お仲間づくりに励むプーチンさん。素敵な仲間と出会いましたか・・・。

今度は経済界から一人、自殺か他殺か判りませんが、亡くなっております。

ロシア国内もプーチン政権後の椅子を狙って、争いが始まっているのでしょうか。

プーチンさんの役目は終わりですか?読売新聞の記事では、ロシア国民の侵攻継続支持率は約48%と半分になっています。

今度の大統領選でプーチンさんが選ばれれば、ロシア国民にも世界は制裁をかけなければならなくなるでしょう。

 

 

細谷巖 突き抜ける気配

チラシ-1

期間 09月05日(月)~10月24日(月)

会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

細谷巖 突き抜ける気配

細谷巖 突き抜ける気配<br>Hosoya Gan-Beyond G | ギンザ・グラフィック・ギャラリー (dnpfcp.jp)

細谷はクリエイティブエージェンシーの株式会社ライトパブリシティに入社し、2022年現在、同社の代表取締役会長を務めています。振り返れば、なんと69年間もの長い年月、細谷は同じ会社で、しかも第一線でアートディレクター、グラフィックデザイナーとして、また東京アートディレクターズクラブの会長として、日本の広告デザイン界を牽引してきました。

細谷巖はその名の通り、厳しい切れ味のある作風と格調高い一徹な創作精神によって、広告が真に「創造的」であるかどうか、「文化的」であるかどうかという新たな次元を、日本で初めて切り開いたパイオニアです。(ページ紹介文より抜粋)

細谷さん、80代ですか、凄いですね。
戦後、デザイン界の生き字引ですね。
増々、ご活躍下さい。

教科書のなかの文学/教室のそとの文学Ⅳ──夏目漱石「こころ」とその時代

ウクライナのアニメ作家や映画祭関係者たちから、助けを求める声が届いております。

ASIFA本部では、ウクライナの人々、特にウクライナのアニメーション関係者と心を一つにするべく、公式サイト  asifa.netに 2つの請願書を掲載しました。

アニメ、映像関係者で無くとも、請願書にサイン出来ます。

オタワ映画祭のディレクター、クリス・ロビンソン氏による請願書です。

https://asifa.net/international-animation-community-stands-with-ukraine/

このページ冒頭の、「SIGN THE PETITION」をクリックすると、以下の請願書サイトが開き、署名することができます。

ウクライナのアニメ協会の請願書ページです。

ウクライナを応援したい高校生もサイン出来ます。

下の方にウクライナ軍を支援する、ウクライナ国立銀行のNBU募金口座アドレスがあります。

ウクライナ侵攻に反対する請願アニメーター (ipetitions.com)

 

ウクライナの平和の為の映画祭がロスアンゼルスで開かれました。

ウクライナのための平和 – この戦争は悲劇です。この戦争は犯罪だ。この悲劇とこの犯罪は止まるでしょう。 (peaceforukraine.org)

International Animated Film Festival KROK – ホーム | Facebook

ロサンゼルスの MiMoDa Studioにて、8月26日、27日、28日の3日間上映されました。

各国で開かれる予定です。

 

こんなにダラダラ続くウクライナ侵攻であれば、早めに国連を中心にイギリス、アメリカ、ドイツ、ポーランド諸国やその他の国々の義勇兵で国連有志連合軍を結成して、さっさとロシアを追い詰めて、朝鮮動乱のように分割支配しておけば良かったと思うのは、素人の考えでしょうか。

此処まで長引かせるのは、アメリカが、ロシアがため込んでいる旧式の兵器を使い果たすようにして侵攻を終わらせれば、ヨーロッパ諸国に攻めこむ危険性が消えると考えた作戦であったとする説や、長引かせることで各国も平和ボケから自国の防衛問題を考えるようになるとの思惑が、アメリカの軍事産業ロビイストの支援を受けて、ウクライナへの兵器支援を小出しにしているとの説など、世界のネット論壇は喧しい。

国民の支持を受けたプーチンさんが、次の一手と苦し紛れにウクライナ侵攻を始めたのが正論であれば、ウクライナの次はと侵略を止められなくなり、70歳を超えて人生100歳までと老体に自ら鞭打たねばならず、大変な老後を迎える事になります。

もう安らかな老後はプーチンさんには無いだろうけど、キューバのグァンタナモ湾収容基地に入れられたら、あそこには囚人いびりの女性看守が居て、プーチンさん素裸にされ、どう猛な番犬を嗾けられたりと、これも大変な老後となりますし、トランプ氏が大統領の頃、残虐な「水責め」も復活しましたから、プーチンさんのご老体は耐えられるか心配です。

 

 
教科書のなかの文学/教室のそとの文学Ⅳ──夏目漱石「こころ」とその時代

チラシ-1

 

期間 6月25日– 9月10日

会場 日本近代文学館

教科書のなかの文学/教室のそとの文学Ⅳ──夏目漱石「こころ」とその時代 – 日本近代文学館 (bungakukan.or.jp)

 

高校生になって、教科書で初めて「こころ」を読んだ人も多いと思います。

若い時に買って読んだ文庫本を大人になって読み返し、これまで発見できなかったことを見出した人もいることでしょう。

思い出せる作中の言葉があるというのは、すでに小説の言葉の世界に自分が目を凝らしていることを示しています。

言葉との終わりのない対話、言葉の世界にいつも寄り添って考える姿勢こそ、漱石の求めたことなのです。

この展覧会では、作中の印象的な一節の背景を示す資料や、「こころ」が長く読みつがれた歴史も紹介します。(ホーム紹介文、編集委員 中島氏の文より抜粋)

 

以前ブログに書きましたが、高校生の息子が私の仕事場に入って来て、「お父さん、夏目漱石って、凄いね」と、漱石さんの作品を読み終わった感動を誰かに伝えたく、私に声をかけて来ました。

私は日頃、息子に声をかけても「うん」とか「判った」とか、言葉少なめの会話しか無かったので、珍しく私に声をかけて来た息子に漱石さんの何を読んだのか訊ねると、『こころ』と返事が返って来た。

私も『こころ』を読んでうーんと考え込んだことが若い頃にあったので、さすが我が息子と褒め言葉と歳の差を縮める会話に心が躍った記憶がある。

 

それから時々、息子の部屋の書棚を覗き、明らかに息子の世代であれば読んでいるであろう作家から、ある重みを感じさせる作家へと、本棚に並ぶ本が変わった事を確認した。

時代を超えて感動を与える作品を描いた漱石さんに改めて驚き、また私自身も漫画作品『夢枕』で、漱石さんの画工を主人公にした『草枕』を追体験することとなった。

 

お孫さんの夏目房之介さんとカラオケをした時に、もし漱石さんが今生きていたらこんな感じで唄っていたのではと、房之介さんの声に耳を傾け、聞いていたことを思い出していた。

漱石さんも絵を描くが、拙著『夢枕』に漱石さんの山水画が描かれているがお判りだろうか・・・。

ホーム > お知らせ

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top