Home > Archives > 2018-01

2018-01

平野甲賀と晶文社展

期間 01月22日(月)~03月17日(土)

会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

平野さんは、1938年に父の赴任先京城(現:ソウル)で生まれたのですか。

今もグローバル化で、外国で生まれた方は多いですが、以前からグローバル化は始まっておりました。

チラシ-1

ギャラリートークが22日に御座います。先日、坪内さんに元晶文社取締役の津野さんを紹介され、トークショーを聞きに来てくださいねとお願いされましたが、もう締め切られております。

では、オープニングパーティの方へ顔を出しましょう。

 

『みんなのうたの世界展』

期間 1月18日~3月25日

会場 杉並アニメーションミュージアム

半世紀を超える番組『みんなのうた』の作品紹介と上映です。

私が最初に手掛けた作品は、小柳ルミ子さんが唄う北海道の子守唄です。広くその地域で唄われていた子守唄を採譜、小柳さんの歌をのせて放映されたものです。

今まで母親が子供を寝かしつける時に口ずさんでいた歌が、オーケストラの演奏で唄われると驚きますよね。

チラシ- 1

1981 年制作の『レッズ』というアメリカ映画がありました。アカデミー賞、三部門に輝いた作品で、後半に人々が松明を持ち、家から出て、赤の広場へ向かう場面で「インターナショナル」という曲が流れますが、この映画を見に行った赤瀬川さんが、フル・オーケストラで合唱団が唄う「インターナショナル」を聞いて驚いたとエッセイに書いておりました。

判りますねー、この歌は組合の集会などでアコーデオンの伴奏で唄った曲ですから、オーケストラの演奏に男女の合唱団が付いて、しかも映画はステレオ音響ですから、えー、この曲、こんな立派な曲なのと驚くのも当然です。

あなたの心に残った曲は何ですか。親子で行かれて、曲が流れていた時代を子に話すのも良いのではないでしょうか。

 

恒例 南さんの年賀状。

今年は、昨年からスポットがあたっております将棋名人、加藤一二三さんですね。

似ていますね。

年賀-1

長寿社会のマスコットと言いますと加藤さんに悪いですが、まだ上があると言ったギラギラしたものが無く、床の間の置物のようなキャラが、ストレスの多い現代に心和ませて、一般ピープルから愛されるのでしょう。

南さんの顔面模写、今までのも含めて新国立美術館で拝見したいですね。

 

明けまして御目出とう御座います。

皆様はどの様なお正月をお過ごしですか。

もう二日で七草粥です。母がよく作っておりました。

民間に広まっていた季節のしきたりは、母から娘へと伝わって行くのでせうが、今は共働きになりましたから、中々伝承が難しくなって来ましたね。

初日の出-1

メキシコの矢作さんからメールで年賀が届きました。

ベラクルス州の初日の出でしょうか、ご家族で願い事を叶えに行かれたようです。

千菜ちゃん、大きくなりました。今年は日本へ見えられるそうで楽しみにしております。

フグ-2

ファンの方から、フグの刺身を送って頂きました。有難う御座います。

以前、九州の個展へ参りました時に、大皿にいっぱいのフグの刺身が出て参りまして、一切れづつ摘まんで食べておりましたら、百貨店の店長さんが「フグは四、五きれ箸ですくって食べるのが旨い食べ方です」と言われました。

今回のフグの刺身、箸を滑らせまとめて口に放り込みました。

美味しかったです。

さて、今年もおにぎやかに参りませう・・・。

Home > Archives > 2018-01

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top