Home > 展覧会

展覧会 Archive

ロンドンICA(現代芸術複合センター)にて、『かげ』『鬼恋歌』上映。

期間 10月4日~11月27日

会場 ICAフォックス閲覧室

作家リストに今、アメリカのアート・フェスティバルで引っ張りだこの篠原有司男さんに、数年前ですか、ニューョーク近代美術館でグループ展を開きましたハイレッドセンターの一人、高松次郎さんが入っております。どんな展示になるのだろうか想像がつきません。

webfluorescent%20c%20poster

私の上映作品『かげ』は、原爆により銀行の石段に影となって焼き付いた男の物語です。

占領下の広島へいち早く調査に入ったのは米軍ですが、その記録映像に「影」という項目があり、広島上空で炸裂した原子爆弾の閃光と熱風により残った建物や瓦礫に焼き付いた影を丹念に撮影しております。

その象徴的な影が、銀行入り口の石段に焼き付いた男の影です。

%e3%81%8b%e3%81%92-2

この他にも焼き付いた人影はあるようです。原爆投下から行方不明になった姉が、裏庭に面する建物の壁にうっすらと人影らしきものとして残っているのが発見されたのは、80年代に入ってからではないかと思います。

裏庭で洗濯物を干していて、原爆の閃光を浴び建物に影として焼き付いたものと考えられると、ニュースは報じておりました。

高松次郎さんは東映動画の先輩ですが、彼の『影シリーズ』は、私と同様、原爆の閃光によってつくられた影からの発想かもしれません。

伝統芸術に挑戦する、ラジカル現代芸術と文化のための家として、ICAの豊かな遺産を展示、開催いたしますとある。先日来日しましたセインズベリー財団の白鳥さんのご主人、ケンブリッジ教授の話によると、政権が代わると前の政権で決まっていた企画が全て無になったそうです。EU離脱後からラジカルなイギリスです。

週末はロンドンだという方、足を運んで下さい。

第16会広島国際アニメーションフェスティバル。

昨日、終了しましたね。ブログは遅れ気味です。

開催、当日の会場です。

事業部の部屋を覗きましたが、忙しいのでしょう皆、出払っておりました。

会場-7

各大学のアニメ科のブースが並びます。

大学-8

多摩美術大の卒業制作の作品集を頂きました。

まだ、見かけるのは国際審査員の姿ぐらいですね。夜に向けて、各国の入選作家が続々と来広いたします。

作品-9

実は東京から多くの方々が広島へ見えられていて、広島で食事をすることになっております。
場所は、袋町にあります酒菜処『きっすい』です。この辺りは、鮮魚類をあつかう店が並んでおります。

きっすい-10

中々美味しい料理が並び、あっという間に出席者の胃袋に収まります。

私はこの後、開会式のパーティーへ出席しますので、そう腰を落ち着けて飲んで居られませんし、皆さんも明日は、広島から四国へと向かうそうです。

皆、忙しい・・・・。

食事-11

翌日です。東京へトンボ帰りです。

駅中の店で『小梅』を見つけました。

小梅-12

広島駅弁一位の『あなごめし』を車中で広げます。

うなぎが捕れない、数が少ない、絶滅危惧種と言われて久しいですが、その隙間から『あなご』が顔を出しております。夏の食に加わるのでしょうか。

広島を後に、帰路につきます。広島の皆さん、お元気で・・・。

あなごめし-13

詳細はフェスティバル・ホームで。

 

 

第16会広島国際アニメーションフェスティバル開催中

何時も羽田から飛行機で広島へ参りますが、今回、新幹線で行ってみる事にしました。

西の方の新幹線は、喫煙ルームが付いております。

列車での旅の楽しみに「駅弁」が御座います。外国でも「駅弁」が人気ださうです。ロンドンからノーリッチへ向かう時も、ライアン博士はサーモン寿司弁当をほうばっておりました。

広島で「あなご弁当」が人気でして、これを食べる為に行きは「寿司弁当」にしました。

わが家は夏休みですから、子供達があちこちに出かけております。新幹線ホームで末娘家族とバッタリ鉢合わせするなどと言うことがおこるのです。

お弁当-1

広島へ着きました。まぁー、広島カープ一色ですね。

駅前からタクシーに乗りましたが、運転手の方が「今年、優勝を逃したら、カープに未来は無い」とまで、言い切っておりました。

フェスティバルの第一次審査員を務めた時も、朝から毎日、百本近くを見て作品の優劣をつけますが、夕食に各国の審査委員と街中に出る時に、文化事業部の方に「今日は広島、負けましたので、飲食中に野球の話題は避けて下さい」との忠告をうけました。

優勝となれば、理性を失っても仕方が無いのかもしれません。

広島カープ-2

ホテルに入りますと、テーブルに折り鶴が置かれておりました。

この折り鶴は、広島の被爆のシンボルでありますが、それ以上にオバマ米大統領のスピーチに在ります様に、世界から核兵器根絶のシンボルになる折り鶴だと思います。

また、世界平和のシンボルにもなりますから、「東京五輪」などの開会セレモニーに使えば、他のどの国で開かれるオリンピックよりも、メッセージ性が強く打ち出されるのではないでしょうか。

鶴-3

広島へ参りますと、顔を出すのがメキシコ料理の店「OTIS!」です。

外国作家の飲んべいのたまり場になっております。

タコスもパエリアも美味しいです。

飲み屋-4

ビールを飲んでおりましたが、やっぱ「テキーラ」でしょう、ということになり、メキシコ滞在を思い出す夜となりました。

ここは、ミニ・コンサートも開いていまして、近々カルメン・マキさんのライブがあるようです。

ビール-5

テキーラでベッドへ倒れ込むように寝込みまして、翌朝の朝食は、洋菓子店「モーツアルト」の朝食を頂きました。

ヨーグルトにトースト、サラダに玉子にソーセージで、何とか二日酔いの体を起こします。今日も暑い広島です。

モーニング-6

広島国際アニメーションフェスティバル・ホームです。

 

 

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催㊶

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って一昨年は400年にあたります。それを記念してキューバ・メキシコで個展を開きました。

『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』です。

タイトル-1

長らく中止をしておりましたが、再開です。
目賀田周一郎在墨日本大使とベラクルス州観光文化大臣ハリーグラッパ・グスマン氏に挟まれてテープ・カットです。
『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』の開催です。

テープカット-2

キューバでは間に合わなかった三全さんの『萩の月』が、メキシコ会場では間に合いました。

萩の月-3

アダルベルト・ボニージャさんも開会セレモニーに見えられ、『萩の月』を手に取られておりました。

彫刻家-4

可愛いでしょう。グスターボさんの息子さんです。
ボクはこの後、グスターボお父さんと私達について呑みに行き、テキーラで酔っぱらった大人たちに付き合う事になります。
大人の男って嫌だね。
今度、会う時は、隣のお兄さん位になっているのかなー。

グスターボ-5

設営の学生さん達です。
もう一人の方はどうしたのでしょうか。
ギャングに消されてしまった訳ではないでしょう。設営、開会式に間に合いましたからね。

学生さん-6

 

「メキシカン・ロック GOGO GOGO」。

NHK番組『視点・論点』 『『伝統の美人画』中南米を行く』です。

ノーリッジで行いましたトークイベントの英訳が、米国のThe Comics Journalに載っております。

ハバナ個展の記事です。

Habana(ハバナ歴史事務所)の’Habana Patrimonio’の記事です。

Cuba Contemporánea の記事です。

Habana Times の記事です。

Radio Musical Nacional,の記事です。

Radio Rebeldeの記事です。

キューバの日系の方々のサイト、CUBANO NIKKEI の記事です。

Cuba Cooperation France の記事です。講演の様子ですが私、暑さでボロボロになっております。

Habana Culturalの記事です。洋装のこの絵が人気です。後ろの椰子の木がキューバの方々の心を捉えたのでしょうか。

メキシコでの個展です。

主催のベラクルス州立大学の新聞の記事です。

AGN VERACRUZ Periodismo puntal y con sentidoの記事です。

Organización Editorial Mexicana社の’El Sol de Leon’の記事です。

lado.mxの記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの一回目の記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの二回目の記事です。

EL HERALDO DE VERACRUZ’からの記事です。

‘Oye Veracruz CULTURA’からの記事です。

La noticia en caliente’からの記事です。

‘PUNTO Y APARTE’からの記事です。

‘la veracon’からの記事です。

箱根ラリック美術館で小さな美術展開催中

期間 5月14日~7月31日

会場 箱根ラリック美術館 特別展示室

告知が遅れました。

『鈴廣かまぼこ』さん恒例の『かまぼこ板絵国際コンクール・小さな美術展』。今回は『箱根ラリック美術館』をお借りしての展示発表会です。

以前、招待作家枠で描きました私の作品も展示されているそうです。

『ラリック美術館』は、フランス人工芸家、ルネ・ラリックの個人収集家が建てた美術館です。

庭に「オリエント急行」が飾ってあり、車内でフランス料理を味わうことが出来ます。

タイトル-1

また美術館隣に、モネの「睡蓮の池」を模した池があります。

私の好きな美術館の一つです。

箱根にお出かけの際は、ちょっと足を伸ばして頂けたら幸いです。

ホームに告知ページは御座いません。また、オリエント急行の画像は、美術館ホームからお借りしました。

赤色エレジー個展inメキシコ・コルドバ市

先月の「ベラクルス大学図書館ギャラリー(USBI)」での個展、多くの若者が来館されたそうです。有難う御座います。

さて今月は「ベラクルス州コルドバ市 市民ギャラリー」での『赤色エレジー展』です。コルドバ市、中々良い雰囲気の街ですね。

コルドバの街-1

市民ギャラリーの展示の様子です。

会場-1-2

グスターボさんの写真を送れと伝えてありますから、照れくさそうにカメラに収まっております。帽子が変わりました。

コルドバ市に着くとグスターボさん、早速、バーを物色し、ボニータ・ウエイトレスの居る店に腰を下ろし、ウエイトレスを描き始めたそうです。

これがグスターボさんのボニータを口説く手らしいです。

世界旅行でモテるのは、武術家か音楽家です。ギターリストなど、店にかかっているギターをつま弾くと、世界中の女性はその弦をはじく指先を見て、メロメロになってしまいます。確か女性の体を楽器に見立てた、現代美術の作品がありましたね。

絵描きには、モデルになってくれとの殺し文句が有りましたか。グスターボさん「ちょと」では無いですね。

グスタ-2jpg

この店はサルサの生演奏があり、是非、テキーラを飲み、踊りましょうと、矢作さんのメールに書いてありました。

市民講座に集まった生徒さん達との記念撮影ですね。未来のボニータがおりますか。向こうの方は、前後に出るとこは出て、ナイス・ボディになります。

生徒たち-3

図書館での漫画講座の様子です。向こうは図書館で漫画講座も開かれるのですね。

『メキシカン・ナルト』なんて生まれてくるのでしょうか。

漫画クラス-4

目の前がソカロですから、多くの方が見えられると思います。コルドバに滞在している日本の旅人よ、覗いて頂ければ幸いです。

また、ANAで海外へ行かれる方、空の旅は長いですから、又吉さんと対談したNHK『オイコノミア』の機内上映をご覧になって、旅を楽しんで下さい。

『セインズベリー日本藝術研究所 年次報告書』

二年程前にお伺いした『セインズベリー日本藝術研究所』の年次報告書が届き、懐かしさのあまり皆様にお見せします。

表紙-1

表紙に桜が咲いておりますが、ノーリッチの桜ですかね。春に訊ねても良いですね。

ノーリッチはロンドンとケンブリッチの中間に位置する、海鳥が舞う静かな港町です。

ここに人形劇場が在ったとは知りませんでした。見損ないました残念。

建物-2

年次報告書に記されたノーリッチでのトーク・イベントです。

後ろに学生さん達が見えられていて、コンピュータの話しに「面白かった」とパーティー席上でお褒めの言葉を頂きました。

報告書の中に、2013年8月15日のウルリッヒ・ハインツェ氏の講演『クリント・イーストウッドとの衝突;石原慎太郎監督の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」』、拝聴したかったですね。

本文-3

ちょっと当時を振り返りましょうかね。

ロンドンの国際交流基金でのトーク・ショーです。多くの方が見えられ、拙い私の話しに耳を傾けて頂きました。

通訳を担当して頂いたイギリス女性は、NHKの朝ドラ『マッサン』に出演したシャーロットさんに引けを取らないイギリス美人でした。

会場-4

もう少し、日本とイギリスの漫画メディアの意見交流が深くなると良かったと思っております。

来英当時、大英図書館で戦後のイギリス漫画の歴史が始まっておりまして、日本軍の捕虜になった方の捕虜生活を描いた作品が今も頭に残っております。この作家とお話がしたいと思いました。

質問-5

二十代の頃、戦後間もない英国ケンブリッジに留学された東大教授にお話を伺った事があります。カレッジではイジメに遭わなかったが、仲間とパブなどに入ると、周りをイギリス人に取り囲まれ、特に捕虜の扱いについて厳しく詰問されたそうです。

書店-6

ロンドンの書店『ゴッシュ!コミックス』でのトーク・ショーは、日本の歌謡曲を聞いてもらう趣向で、ライアン博士が私の作品に取り上げられたポピュラーミュージックを聞いてもらいましたが、音量が足りない。クラブのような大音量で聞いて頂かないと、その世界に入れない演出のミスがありました。

皆-7

浪花節に河内音頭、好きな外国人は多いですよ。私は新内流しが好きだなんて方も居られるのでは。

トークの後の会食です。皆さん、元気ですか。君達が次の時代を背負うのですよ。

焼そば-8

ノーリッチへ向かうロンドンの駅で「焼きそば」を見つけました。試食すれば良かったと、今は思います。

国際交流基金でのトークの後、会食はトルコ料理でしたが、サインを求める人波で時間が無くなり堪能する事が出来ず残念です。

印度料理も、体調を崩し食べずにレストランを後にしました。

イギリス滞在は、食で思い残す事が多かったです。

私-9

ノーリッチでのトークですが、戦争の事にも触れないといけなかったのですが時間が無く、トークを終えたのが残念です。

私の隣が広報担当の諸橋さんです。ナイス・ボディの日本女性ですが、日本へは一度も来た事が無いそうです。

水鳥-10

ノーリッチでのトーク・ショーの詳細はこちらです。

楕円の中の女性は、総括役所長の水鳥さんで、御主人はケンブリッジ大学教授です。

さてイギリス、EUから離脱するのでしょうか・・・。

 

 

 

広島国際アニメーションフェスティバルアルバム。

1985年から2014年までのフェスティバルアルバムです。

赤丸で囲んでありますのが、私が描いたポスターです。

今回で3回、描いております。

表紙-1

第13回大会の国際審査委員も務めました。

私の隣にロシアの作家が居りますが、この写真は良くないです。

実物の彼はもっとイケメンで背が高く好青年です。また彼女も背が高く美人です。

この大会で彼女が遅れて広島入りをしました。翌日の審査会場で彼はイビキをかいて寝ておりました。

彼女が来たのですから、身も心も一つになりたいと、ベッドが壊れるほど愛し合うのは判りますけれども、会場で寝てしまうのは困ります。審査委員なのですから。

彼女、激しいのですかねー。聞くのを忘れました。

本文-2

先日、今年の大会の記者発表が、日比谷にあります日本プレスセンターで開かれました。

会場-3

前回、遅れましたので、そのような事が無い様、三十分前に到着致しました。

告知-4

待ち時間の間、プレスセンターの喫煙室で(^。^)y-.。o○です。

喫煙-5

フェスティバル期間中は世界から集まりますから、中々ホテルをとるのが難しくなっておりますし、今年はオバマ大統領も見えられ世界の注目を集めましたから、例年以上に難しいと思います。

韓国は毎回、凄い応援合戦を繰り広げます。日本のスポーツ大会で、若い子が応援合戦を繰り広げるのと似ております。応募作品も100作品と、怒涛の進撃です。

作品賞を取り、米国アカデミー賞に狙いを定めております。世界のアニメ映画祭で広島だけですか、受賞すると自動的に米国アカデミー賞のノミネート作品になるのは。

ボスター6-1

日本の皆さんも、負けじと参加して下さい。私の大会グッズも有ると思いますよ。

詳しくはフェスティバル・ホームへ。

 

ホーム > 展覧会

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top