Home > Archives > 2015-03

2015-03

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催⑮

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って昨年は400年にあたります。それを記念してキューバ・メキシコで個展を開きました。
『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』です。

タイトル-1

今日は、ハバナ市を一巡するバスに乗ってハバナ市観光です。
このバス・ツァーは便利です。ホテルの前に停まりますし、名所で停まります。その場所で降りる事も乗る事も出来ます。
ハバナに来られたら、地図を片手に一巡すると、ハバナ市を俯瞰することが出来、後々便利です。

ホテル入り口-2

屋根のない二階席に座り、パノラマの様にハバナ市をご覧になれますし、走っておりますから風を受けて涼しく、快適な観光です。

出発-3

パラグアイとアルゼンチンの駐米領事、ウルグアイの駐米領事及び国際金融会議代表の地位を捨て、キューバ独立運動を起こし、スペイン軍との戦闘中に被弾、独立半ばで命を落としたキューバ独立の父、ホセ・マルティの石像とキューバ国旗です。

ホセ・マルティ-4

もう、皆さんお馴染の、ハバナ観光の目玉、革命広場とチェ・ゲバラの肖像アートです。
中央に高く聳えております塔が、ホセ・マルティの記念碑、ホセ・マルティ・メモリアルです。塔の最上階から、ハバナ市が一望できます。
ここで多くの方が、観光バスを降りられます。
このゲバラの肖像、夜になるとネオン・アートの様に光るのかしらん。

革命塔-6

共同墓地です。ハバナの人々は、最後はここに眠るそうです。
大きな共同墓地です。

墓地-5

ここはスペイン統治時代後の街並みです。アメリカ、キューバの資産家によって造られました。建築家を目指す若者は、街並みを見ておいた方が良いでしょう。

住宅街-7

ハバナ・バス・ツァー、折り返して旧市街地へと向かいます。

NHK番組『視点・論点』 『『伝統の美人画』中南米を行く』です。

ノーリッジで行いましたトークイベントの英訳が、米国のThe Comics Journalに載っております。

ハバナ個展の記事です。

Habana(ハバナ歴史事務所)の’Habana Patrimonio’の記事です。

Cuba Contemporánea の記事です。

Habana Times の記事です。

Radio Musical Nacional,の記事です。

Radio Rebeldeの記事です。

キューバの日系の方々のサイト、CUBANO NIKKEI の記事です。

Cuba Cooperation France の記事です。講演の様子ですが私、暑さでボロボロになっております。

Habana Culturalの記事です。洋装のこの絵が人気です。後ろの椰子の木がキューバの方々の心を捉えたのでしょうか。

メキシコでの個展です。

主催のベラクルス州立大学の新聞の記事です。

AGN VERACRUZ Periodismo puntal y con sentidoの記事です。

Organización Editorial Mexicana社の’El Sol de Leon’の記事です。

lado.mxの記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの一回目の記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの二回目の記事です。

EL HERALDO DE VERACRUZ’からの記事です。

‘Oye Veracruz CULTURA’からの記事です。

La noticia en caliente’からの記事です。

‘PUNTO Y APARTE’からの記事です。

‘la veracon’からの記事です。

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催⑭

間があきましたが、キューバ、メキシコ個展の続きです。

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って昨年は400年にあたります。それを記念してキューバ・メキシコで個展を開きました。

『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』です。

タイトル-1

今日は講演会がありませんので、宿泊ホテル、リヴイエラの周辺ですごします。動きたい正木美術評論家と動きたくない私、とても良い凸凹コンビです。

リヴイエラと言えば、『冬のリヴイエラ』という歌がありますよね。

「冬のリヴイエラ 男って奴は」という詞が浮かんできました。今日のバックグランド・ミュージックです。

リヴィエラ-2

隣に建っているホテル・コイバで遅い朝食です。コイバは日本にもあるシティーホテルと同じです。一階にフロントとショッピング用の店が在り、軽食とドリンクの喫茶室が在ります。

コイバはリヴイエラより後に建てられたホテルです。日本にも同じようなホテルが在り、宿泊の経験がありますから、ホッとするのも事実です。

サンドイッチも、驚くほど美味いわけではありませんが、日本もこの程度です。

ホテル・コイバ-3

コイバの屋上にはプールが在り、観光客で賑わっておりました。

この風景も見慣れた風景ですが、絵になっているのは見かけませんね。自然の風景を描いた作品は腐るほどあるのにねー。60年代後半から世界を席巻した「ハイパー・リアリズム運動」のように、高層ビルや地下鉄、スーパーなどの絵は100年後、人々の注目を集めることになるでしょう。
イギリスでは、立体のハイパー・リアリズムが、異彩をはなっておりました。さすが『コレクター』の作家を生んだ国です。

プール-3a

前にちょっと書きましたが、パセオ・ショッピングセンターです。フランス製のシャツなど安いですが、キューバの人達が買うのには今、高いでしょう。
観光産業が牽引して、周辺の農、漁業も含めてキューバが潤う様になれば良いのですが・・。

パセオショッピ-4

リヴイエラに泊まっているのだから、一回位はリヴイエラで食事をしましょうと、一階に在るレストランに入りましたが、塩辛い日本の味に馴染んだ私には、失礼ながら病院食のような味気無さを味わいました。国営は駄目なのか、隣のホテルも国営ですから、明日はコイバで食べてみましょう。

夕食-5

コイバのサンドイッチが、明日の夕食に期待を抱かせます。

NHK番組『視点・論点』 『『伝統の美人画』中南米を行く』です。

ノーリッジで行いましたトークイベントの英訳が、米国のThe Comics Journalに載っております。

ハバナ個展の記事です。

Habana(ハバナ歴史事務所)の’Habana Patrimonio’の記事です。

Cuba Contemporánea の記事です。

Habana Times の記事です。

Radio Musical Nacional,の記事です。

Radio Rebeldeの記事です。

キューバの日系の方々のサイト、CUBANO NIKKEI の記事です。

Cuba Cooperation France の記事です。講演の様子ですが私、暑さでボロボロになっております。

Habana Culturalの記事です。洋装のこの絵が人気です。後ろの椰子の木がキューバの方々の心を捉えたのでしょうか。

メキシコでの個展です。

主催のベラクルス州立大学の新聞の記事です。

AGN VERACRUZ Periodismo puntal y con sentidoの記事です。

Organización Editorial Mexicana社の’El Sol de Leon’の記事です。

lado.mxの記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの一回目の記事です。

‘DIARIO A・Z XALAPA VERACRUZの二回目の記事です。

EL HERALDO DE VERACRUZ’からの記事です。

‘Oye Veracruz CULTURA’からの記事です。

La noticia en caliente’からの記事です。

‘PUNTO Y APARTE’からの記事です。

‘la veracon’からの記事です。

Home > Archives > 2015-03

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top