Home > 対談

対談 Archive

『セインズベリー日本藝術研究所 年次報告書』

二年程前にお伺いした『セインズベリー日本藝術研究所』の年次報告書が届き、懐かしさのあまり皆様にお見せします。

表紙-1

表紙に桜が咲いておりますが、ノーリッチの桜ですかね。春に訊ねても良いですね。

ノーリッチはロンドンとケンブリッチの中間に位置する、海鳥が舞う静かな港町です。

ここに人形劇場が在ったとは知りませんでした。見損ないました残念。

建物-2

年次報告書に記されたノーリッチでのトーク・イベントです。

後ろに学生さん達が見えられていて、コンピュータの話しに「面白かった」とパーティー席上でお褒めの言葉を頂きました。

報告書の中に、2013年8月15日のウルリッヒ・ハインツェ氏の講演『クリント・イーストウッドとの衝突;石原慎太郎監督の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」』、拝聴したかったですね。

本文-3

ちょっと当時を振り返りましょうかね。

ロンドンの国際交流基金でのトーク・ショーです。多くの方が見えられ、拙い私の話しに耳を傾けて頂きました。

通訳を担当して頂いたイギリス女性は、NHKの朝ドラ『マッサン』に出演したシャーロットさんに引けを取らないイギリス美人でした。

会場-4

もう少し、日本とイギリスの漫画メディアの意見交流が深くなると良かったと思っております。

来英当時、大英図書館で戦後のイギリス漫画の歴史が始まっておりまして、日本軍の捕虜になった方の捕虜生活を描いた作品が今も頭に残っております。この作家とお話がしたいと思いました。

質問-5

二十代の頃、戦後間もない英国ケンブリッジに留学された東大教授にお話を伺った事があります。カレッジではイジメに遭わなかったが、仲間とパブなどに入ると、周りをイギリス人に取り囲まれ、特に捕虜の扱いについて厳しく詰問されたそうです。

書店-6

ロンドンの書店『ゴッシュ!コミックス』でのトーク・ショーは、日本の歌謡曲を聞いてもらう趣向で、ライアン博士が私の作品に取り上げられたポピュラーミュージックを聞いてもらいましたが、音量が足りない。クラブのような大音量で聞いて頂かないと、その世界に入れない演出のミスがありました。

皆-7

浪花節に河内音頭、好きな外国人は多いですよ。私は新内流しが好きだなんて方も居られるのでは。

トークの後の会食です。皆さん、元気ですか。君達が次の時代を背負うのですよ。

焼そば-8

ノーリッチへ向かうロンドンの駅で「焼きそば」を見つけました。試食すれば良かったと、今は思います。

国際交流基金でのトークの後、会食はトルコ料理でしたが、サインを求める人波で時間が無くなり堪能する事が出来ず残念です。

印度料理も、体調を崩し食べずにレストランを後にしました。

イギリス滞在は、食で思い残す事が多かったです。

私-9

ノーリッチでのトークですが、戦争の事にも触れないといけなかったのですが時間が無く、トークを終えたのが残念です。

私の隣が広報担当の諸橋さんです。ナイス・ボディの日本女性ですが、日本へは一度も来た事が無いそうです。

水鳥-10

ノーリッチでのトーク・ショーの詳細はこちらです。

楕円の中の女性は、総括役所長の水鳥さんで、御主人はケンブリッジ大学教授です。

さてイギリス、EUから離脱するのでしょうか・・・。

 

 

 

『第18回 アックスマンガ新人賞』発表

毎年恒例の新人賞選考発表です。

今年は「天狗ボーイとも」こと「ファミレス」に決まりました。

「ファミレス」の命名者はみうらじゅんです。

冴えた命名です。小学生の皆さん、見かけたら「ファミレス」と声を掛けて下さい。

表紙-1

それからアックス編集部からのジャンボなプレゼントです。

ファミレスの次回作に描かれるであろう一コマを遠隔透視で模写しました。

本文-2

吹き出しの中の言葉を考えて下さい。

ファミレスの次回作品に使いますので、是非、迷セリフを考え、アックス編集部へ御送り下さい。

バラ1

当選された方には、ジャンボと言うのですから7億円の原稿料をお支払いするのがスジと言うものですが、スジが無いアックス編集部としましてはタダです。

タダより安いものは無いとは、メキシコの土産物店の店主が言っていた呼び込み台詞です。
詳細はアックス・ホームへ。

論座『検証 赤瀬川原平の仕事』

某日、渋谷の勤労福祉会館で講座が開かれました。

鼎談は映画評論家、高野慎三氏と同じく映画評論家の山根貞夫氏、ぐーっと若くなって私です。

渋谷の勤労福祉会館は便利な所に在ります。パルコの真ん前ですよ。

卓球台がある部屋や器具の揃ったトレーニング・ジムもあります。

渋谷の若者、お年寄りは使わない手はありません。税金で運営しておりますからね。

えっ、麻雀は出来ないかって・・・。お年寄りに麻雀は人気ですよね

会館-1

赤瀬川さんの60年代、70年代の仕事が検証の対象ですが、やはり『0円札裁判』の頃が中心になりました。

法廷に出品された『ハイ・レッド・センター』の法廷内での並べ方や、裸体にトイレットペーパーを巻き付けた作品が動き回るので、裁判官に「モデルは動き回らないで下さい」と注意され、弁護側は「この作品は、動く事を考えて作られた作品です」との反論など、高野氏の報告は精緻を極めました。

法廷に現代美術作品が陳列された、日本近代美術史上、無い出来事です。

三人-2

また『漫画主義』の刊行についても議論がなされ、やはり今から振り返ると、漫画を論じる評論の萌芽の役割はあったと私は思います。

観客席に映画評論家の上野昂志氏も見えられ、なな、なーんと、ながちゃんまで聞きに来られておりました。

おかーさん、です。

ながちゃん-3

鼎談の後、飲み会になりまして、若い映像作家、編集者、評論家に漫画家等々、渋谷の夜が更けるまで語り、飲み明かしました。

音楽関係の方は、あの時代への関心が高いですね。

イギリスでもレコードでの発売とか、アンテナが鋭いです。

以前、トーク・ショーで語りましたが、歌謡の詞と戦後については私に語らせなさい。論座さん。

 

NHK番組「オイコノミア」、ANA国際線機内上映。

昨年6月1日放送のNHK番組「オイコノミア」(人づきあいがうまくいく!経済学)が、ANA国際線、座席モニターでご覧頂けます。

正面-1

又吉直樹さんが私の作品のファンだと知り、対談となりました。

若き文壇バー『猫目』での収録当日は、偶然が重なると言いますか、著名な方々が来店され、諸先輩が見守る中での対談ですから、冷や汗ものでした。

横-2

この時期、又吉さんの『火花』が200万部を突破しておりましたから、文春の担当女子も駆けつけ、フィーバーの一夜でしたね。

又吉さん、ご活躍の様子、拝見しておりますよ。綾部さんも応援しております。

ゴールデンウイークが始まり、海外へ行かれる方は是非、ANA座席モニターで御覧下さい。

 

[論座]漫画烈伝―ガロとその時代

第十回 ガロ点鬼簿④ 赤瀬川原平の仕事その1 『ガロ』と『漫画主義』

日時 4月16日(土曜日) 13:30開場/14:00開始

会場 渋谷区勤労福祉会館 (JR山手線渋谷駅から徒歩8分。公園通りをNHK方面へ、渋谷パルコPart2の筋向い)

観覧料 1000円

告知カット1

出演  案内人:高野慎三(北冬書房代表/漫画・映画評論) ゲスト:林静一(画家)、山根貞男(映画評論・漫画主義同人)

本会は60-70年代、月刊漫画誌『ガロ』の黄金時代を築いた編集長・高野慎三(権藤晋)さんのお話を中心に同誌に集った作家、批評家の証言を交えながら『ガロ』が担った役割を検証し現在の可能性を探る会です。

問い合わせ/オフノート TEL 03-5660-6498 E-mail info@offnote.org
山根さんとお会いするのは、70年以来ではないですか。楽しみです。

上の絵は、白土氏の絵を私が模写をいたしました。

京都 徳正寺で、香田さんの納骨式②

昨年、亡くなられた香田さんの納骨式が京都、徳正寺で開かれました。
前日の宴会の後、若手は木屋町辺りに繰り出すのかと思いましたが、近頃の若者は大人しいですね。
以前、造形大で開かれた学会で講演しましたが、夜は祇園辺りで酒盛りでしたどすえ。

徳正寺-1

納骨式、当日の徳正寺です。
タクシーの運転手が見かけない喫茶店へと車を走らせてしまい、ほんま京都のタクシーはいけずどすえー。
徳正寺の並びに店を構える写真館ですが、中々古びた佇まいで、よろしおますなー。
ただ、自称、京都観光課、環境保全取り締まり委員会としましては、細かいようですが黄色で囲んだ箇所に問題ありと見ました。
モンドリアン的に申せば、古びかたのリアリズムが足りない、ですかね。

写真屋-2

また、東京オリンピックに向けて、自称、取り締まり委員会とては、京都にお住いの皆様に男は普段着として狩衣、祝祭日は烏帽子に直衣の着用、女性の場合は十二単を着て頂きたいと思っておりますし、タクシー業界と話し合い、京都を走るタクシーを牛車に変えることもご提案させて頂いております。どないでっしゃろ。

まー、かなわんわー。

藤森-3

徳正寺の中庭に在ります東大教授、藤森さんデザインの茶室です。黄色で囲みました窓は、徳正寺住職、等さんの労作です。

御覧になって判る様に茶室の壁が曲面ですから、ガラスをはめ込むのに大変、苦労されたそうです。

鶴見-4

哲学者、鶴見さんの書です。中々の書と御見受け致しました。

納骨-5

さて、香田さんの納骨式が始まりました。

とり行うのは等さんの息子さんです。以前、京都で開きました『PH、4.5グッピーは死なない』のトーク・ショーに見えられた頃は、初々しい青年でしたが、今は立派な僧侶です。

香田さん、この世は一先ず幕を下ろしましたね。ご冥福をお祈り申し上げます。

私も『ガロ』に、区切りが付きました。

若手-6

この後、巨匠達の鼎談とアックス若手の鼎談が開かれました。

東京から参加した出版編集氏も加わり、賑やかな座談で幕を閉じました。

これから飲み会になり、章子さんの手作り料理が並ぶのですが、また食べる方に夢中になり撮るのを忘れてしまいました。章子さん、ごめん。

アックス-7

徳正寺での鼎談、『アックス』「追悼、水木しげる」に載っております。

私は気になる水木さんの「ペン画」についてお話しました。

手に取りたい方は『アックス』ホーム・ページへ。

ラスト-8

たらふく御馳走になり、これから京都在住の作家、いしいしんじさんと京大裏の焼き鳥屋で飲もうと思いましたが、つながりません。お忙しいようです。それで大人しく、車中の人となりました。

遠ざかる京都の山々から、鐘をつく音が聞こえます。「祇園精舎の鐘の声・・・・」

長井さん、香田さん、安らかにお休み下さい。

京都 徳正寺で、香田さんの納骨式。

昨年、亡くなられた香田さんの納骨式が、京都、徳正寺で開かれました。

タイトル-1

東海道新幹線に乗るのは久しぶりで、時刻掲示板を眺めておりますと、喫煙マークの車両が目に留まり、何とグリーン車で煙草が吸えるのです。驚きました。

煙草-2

ちゃーんと煙草が吸えました。

京都に着きました。京都は東海道新幹線が開通した当時「なぜにあなたは 京都へ行くのー」との歌が流行っておりました。

今まで東京から大阪まで八時間かかっておりましたが、新幹線はその半分、四時間で大阪へ着きますから、二十代の頃は仕事を含め、よく京都へ参りました。よく来た理由の一つに、その後の日本の風景を変える変化が起こっていたからです。その話は又の機会に・・・。

タワー3

ただ便利になったと喜んでいる一方で、確かドリフターズのいかりや長介さんが、「大阪の仕事は、従来は一泊二日の仕事だったのが、新幹線で早朝、東京をたち、夕方には本番収録を終え、新幹線に乗って東京へ帰る一日仕事になってしまい、ギャラが半分になり忙しさは倍になった。」とテレビのインタビューで答えていたのを記憶しております。

小路-4

もう、京都です。

納骨式の前日の会食は七時からですから、拉麺小路で京都のラーメンを頂きました。

チャーシューが懐かしい味で、美味しい。隣の若いサラリーマンが、チャーシュー麺を頼んでおりました。チャーシューが美味しい事を知っているのでせう。

ラーメン-5

ホテルへ荷物を置くと、徳正寺へと向かいます。

徳正寺は京都大丸の近く、街中のお寺で、多くの文化人が講演やホテル代わりに利用しております。

章子さんが、我が家の朝食は美味しいよ、と言っておりましたので、今夜の会食楽しみです。

料理-6

皆さんお揃いで、早速、章子さんの手料理が次々と並び、お酒も美味しい。

食べるのに忙しく、章子さんの手料理を写すのを忘れておりました。章子さん、御免なさいね。

京都の夜は更けてゆきます・・・・・・続く。

『江口寿史全イラストレーション集』で対談。

70年代から80年代の男性漫画家を見ますと、鳥山さんの「アラレちゃん」と江口さんの「ひばりくん」が、女性キャラとして際立っております。

その江口さんの上下2冊の豪華版イラスト集で、ファン垂涎の一冊です。

表紙-1

江口さんはイラスト集を数々出されておりますが、帯に「今まで出た画集は、全部捨てちゃって」とコメントしております。

彼らしいです。まぁ、彼はやはりアーティストですよ。繰り返すのが嫌なのですね。

職人は繰り返して芸を極める人です。たこ焼きなどを見ておりますと手際が良く、何度も繰り返します。これが職人芸なのです。一般ピープルはこれを技と言って驚き、関心し、褒めたたえます。

アーティストは困ったことに同じことを繰り返すのが嫌な人種です。飽きるのです。

画集- 2

村上隆がうまい事言っております。画家は何枚描こうが、その代表作、一番流布した作品1点に絞られると。だから江口さん、貴方はひばり君です。覚悟しなさい。

対談-3

対談で彼は重要な告白をしております。奥さん、困ったら私に相談して下さい。手なずける方法をお教え致します。

それと私、鳥山さんの三輪車に乗ったおかっぱの女の子のブリキ玩具が欲しいです。

ゼンマイを巻くと、「ぐれてやる」と喋りながら、三輪車に乗ってグルグル回る玩具です。

手に取りたい方はこちらまで。

ホーム > 対談

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top