Home > 書籍 > スーパービュウ踊り子号と小梅の関係

スーパービュウ踊り子号と小梅の関係

  • 2011-07-28 (木) 13:34
  • 書籍

隔週刊鉄道マガジン「人気列車で行こう」14号「スーパービュウ踊り子号特集」(小学館刊)に、

ロッテキャンディー「小梅」とのウワサが記事になっております。

私たちの年代ですと、関東に住む者の夏の海水浴は千葉となっておりましたが、

私達の年代から、新しい穴場の海水浴場を探すのがブームとなっており、

千葉の外房や伊豆の西海岸などに、マイ海水浴場を見つけるのが、

海水浴場へ行く楽しみの一つとなっておりました。

土曜日になりますと、アシスタントに水着を持ってくるように言い、

東映動画のタイム・カードを押すのを友人に頼み、

午後から会社を抜け出し、伊豆へと泳ぎに行ったものです。

また、あの頃は、「鉄腕アトム」のテレビ放映が始まり、

アニメ制作会社は売り手市場、バブルに沸いておりましたから、

外車を購入する若者も多く、

私などは師匠の月岡氏のジャガーなどに乗って海水浴へと行っておりましたし、

残念ながらあまり、踊り子号には乗らなかったですね。

白浜海岸などもその頃、発見した海岸で、

真っ白な砂が広がる海岸は、ちょっと日本を忘れさせる風景で、

終日、真っ黒になるまで、白浜を独占したものです。

また、白浜から石廊崎へ向かう途中の海岸も、真っ白な別荘が一軒、建っているだけの美しい浜で、

ここでは水着も取り、素裸で、文字通り水着の跡が無い、全身、真っ黒になるまで遊んだものですが、

70年代、嵐山光三郎さん等と平凡社の別荘へ遊びに行くと、そこは何と、20代の頃に遊んだ浜で、

白い別荘の跡に平凡社の別荘が建てられており、それから数年後には、大きな旅館も進出し、

あの静かで美しい浜の面影は、何処にも見当たりませんでした。

でも、この浜、最初に泳いでいた時、ここは遊泳禁止の浜だと漁業組合の人が言っていたけれど、

海水浴場にして良いんですかね・・・。

事故者がその後、出ていなければ良いんですがね。

さて、踊り子号と小梅のウワサとは・・・。

鉄道ファンは、小耳に挟んでおく情報ですし、鉄子さんとのデートでは、必要欠くべからざる情報でせう。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 書籍 > スーパービュウ踊り子号と小梅の関係

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top