Home > お知らせ > 「絵と詩で綴る引揚げ-七十五日の旅記録-」

「絵と詩で綴る引揚げ-七十五日の旅記録-」

期間 9月27日(火) ~1月22日(日)

会期 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

今回の企画展では、満州からの引揚者である岩田ツジ江さんが、絵と詩で綴った「満洲さよなら」と「おもいでのきろく」を紹介します。作品には詩が添えられており、特に女性や子どもの姿を中心とした引揚げの鮮明な記憶が描かれています。

尋常小学校を出て炭鉱に勤め、明治末期から戦後にいたる炭鉱の様子を墨や水彩で描いた山本作兵衛さんの炭鉱記録画が日本初のユネスコ記憶遺産に登録されましたが、文字で残す方ばかりに気を取られがちですが、絵や映像も重要ですよ。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-1

もう一つ。

特別展示「収容所の日々 シベリア抑留を描く Vol.4 」

会期 10月4日(火)~10月10日(月・祝)

会場 九段生涯学習館 2階 九段ギャラリー

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-2

本絵画展では、様々な作者が描いた収容所の様子や、労働、食事など抑留者の体験に裏打ちされた事実を、主題別に展示します。

脱走を試みた日本兵が、仲間の兵士を殺し、その遺体から肉片を切り取り、逃走中の食料にしようとしましたが、ロシヤ兵に捕まり、遺体と共に連れ戻され、切り取られた肉片は一枚一枚並べて展示してあったと、シルクロード研究の大家は、シベリア抑留体験をNHKの番組で語っておりました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://hayashi-seiichi.com/wp-trackback.php?p=6503
Listed below are links to weblogs that reference
「絵と詩で綴る引揚げ-七十五日の旅記録-」 from Seiichi Hayashi Art world

Home > お知らせ > 「絵と詩で綴る引揚げ-七十五日の旅記録-」

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top