Home > お知らせ | 書籍 > 清水良典著『あらゆる小説は模倣である』(幻冬舎刊)発売

清水良典著『あらゆる小説は模倣である』(幻冬舎刊)発売

小説に限らず、人間の行為は真似から始まります。

写実絵画の褒め言葉に、本物みたいと言うのがありますから、本物のようにそっくりとは、抗しがたい人間の欲望なのではないかと思います。

ただ、パクリと判るレベルの小説は、二流だと作者の清水さんは申しております。
まぁ、絵もそうですね。誰々に似ていると言われては、作品のレベルが低いのでしょう。
真似から独自のスタイルを築いてゆかなければなりません。
どうやっても先達に似てしまうとは、先達が押さえた世界が広く、深いのです。それが大物と呼ばれる所以です。

さて、この著書のどこに私が出てくるのかと言いますと、絵からお話をつくる例題として「赤色エレジー」の一コマが使われておるのです。

私ですとこのコマから、このような物語を紡ぎだします。
一郎が怒りを抑えて幸子に問いかけます。
「昨夜は何処に居たんだ。また、林静一に逢っていたんだろぅ。あいつモテるからなー。知っているのかあいつ、この漫画を描きながら大阪万博の仕事やトヨタの広告、日本テレビのゴールデン番組のディレクターをしているのだぜ。あいつ、俺達を別れさせようとしているんだ。そんな奴と逢うなんて。」
幸子は一郎の言葉をさえぎるように振り向き、愛している一郎を憐れむような目で見つめながら「一郎―、そんな言い方止めて。林先生とはそんな関係じゃないわ。先生は良い人よ。私達の事、親身になって心配しているのよ。」
「そりゃーそうだろう。作者だもん。売れるようにしたいから、必死だぜ。」

まぁ、こんな調子で、物語は始まります。
手に取りたい方はココです。

 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > お知らせ | 書籍 > 清水良典著『あらゆる小説は模倣である』(幻冬舎刊)発売

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top