Home > Archives > 2018-10

2018-10

『新刊ニュース』恒例アンケート特集「人気著者のオススメ! 〇〇がもらえる一冊」

今回は、伊丹十三さんの『ヨーロッパ退屈日記』(新潮文庫刊)です。
伊丹さんとは、テレビ『11PM』でご一緒しました。伊丹さんのショート・フィルム『二日酔い』は面白いですよ。私はビートルズの『レット・イット・ビー』から着想をえたアニメ作品を制作しました。

私の作品を見た伊丹さんが、アニメを作りたい顔をしておりましたが、声をかけ合う事も無くテレビ局を後にしました。
伊丹さんがアニメを制作していたら、きっと面白いものが出来たのではと、あの時の出会いに声を掛けなかったのが惜しまれますし、早すぎる死が残念です。

表紙-1

現在、大衆大航海時代ですが、伊丹さんの『ヨーロッパ退屈日記』は、そのちょっと前の海外旅行のエッセイで、チップはどれくらい渡せば良いのかとか、スパゲッティは蕎麦の様にすすって食べてはいけないのかは、伊丹さんの劇映画『タンポポ』にも出て来ますが、色々薀蓄も混じり、ちょっと懐かしい海外旅行のエピソードが面白く、品と教養のある旅行日記です。

本文

『新刊ニュース』手に取りたい方はここです。

『寺山修司展 ひとりぼっちのあなたに』

期間 9月29日~11月25日

会場 神奈川近代文学館

本展は、寺山の秘書兼マネージャーをつとめた田中未知氏が長年収集・管理してきた資料を中心に構成。 類いまれな才能が生み出した多様な表現世界を重層的に紹介し、寺山修司とは何者であったのかを探る展覧会とある。

活動範囲は多岐に渡りますから、難しい問ですね。

チラシ-1

私が寺山さんと仕事をご一緒したのは、銀座のソニービル・オープンの催し物と映画『書を捨てよ、町へ出よう』の美術や座談、それに演劇ポスターですね。

ソニービルの開館当日は、ビル入り口から会場まで若者が並んでおり、ビックリしたのを覚ております。

寺山さんが亡くなったのは47歳ですか、お母様より先に亡くなったのですね。若すぎます。

good design company 1998-2018

期間 9月12日– 10月18日

会場 クリエイションギャラリーG8

熊本県公式キャラクター「くまモン」や、中川政七商店、相鉄グループをはじめ、数多くのクライアントのデザイン、ブランディングを手がけてきたgood design companyは今年で設立20周年を迎え、その足跡を振り返る展覧会です。

60年代にTBSテレビの深夜に放送されていた、藤林英雄アナのナレーションによるCBS配信の「これが世界だ」で、インダストリアルデザインの巨匠、レイモンド・ローウィ氏を起用、アメリカのスーパーで売っている商品の全てを、店内を歩きながらグット・デザイン、バット・デザインに分けて行く番組があり、大変、面白く見た覚えがある。

名称未設定 1

このスーパーの陳列商品でローウェ氏が絶賛した商品が在り、今も店頭に並び、製品は進化を続けている。皆さんは何の商品か判りますか。

CBSニュースは企画が面白く、アメリカが判って楽しかった。

例えばアメリカの刑務所では、一般人でも見学でき、特に人気なのが処刑室で、当時のアメリカでは処刑は電気椅子が主流で、見学者に電流を流すレベルのボタンを押すことが出来るようになっていて、これを流すと死刑囚は確実に死にますと書かれたボタンを押す見学者が多いと伝えていた。

誰が押したのかは判らないが、殆どの見学者は押すらしい。

先日の台風上陸を他の番組を潰して終日、放送したNHKは素晴らしい。娯楽だ教養だニュースだと言っても、カメラの前で演じた物を編集し、放送しているのだから、テレビは全てドキュメンタリーだと言っても過言では無い。

『深堀隆介展』

会期 9月15日~11月4日

会場 刈谷市美術館

 

金魚の持つ神秘性に魅了され、透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという斬新な手法で創作を続ける現代美術家、深堀隆介さんの個展です。

ワークショップ、混雑が予想され中止になったのは残念です。

名称未設定 1

我が国、近代初めの「生き人形」や食品サンプルのリアリズムが、日本人の中に脈々と流れているのを感じます。
深堀さん、今度は錦鯉が出来ませんか・・・。

Home > Archives > 2018-10

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top