Home > Archives > 2013-06

2013-06

寺山修司展『ノック』

期間 7月6日~10月27日

会場 ワタリウム美術館

寺山修司

寺山さんの、多才な表現活動の内、演劇に絞った展覧会です。
私が描いたポスターも展示されると思います。

そうめんの季節です。

七夕が近くなり、そうめんの季節がやってまいりました。三輪そうめん山本さんのホームで、『七夕ちゃん』のコマーシャルが見られます。

『恋そうめん』、根強い人気があります。

11062101

三輪そうめん山本さんのホームで、「七夕ちゃん」CFを御覧下さい。

 

結城座 三島由紀夫 近代能楽集の対談に出席しました。

期間 6月19日~23日

会場 東京芸術劇場シアターイースト

昨日の公演後、孫三郎さんと対談を致しました。

宇野さんを始め、多くの方々が見えられ、アニメの原型、フロのお話しをさせて頂きましたが、肝心の対談場面の写真を撮り損ねました。御免なさい。

その後、映画評論家の上野氏と、中国、韓国、フランス映画の現在を肴に、夜、遅くまで飲みました。

結城座 -1

本日の18時30分の回の終演後に、非公開の人形のミニ解説があります。
世話役の挨拶人と通訳と解説の千恵さんの三人が、お話しします。
お出かけ下さい。

『ミラノ・マンガ・フェスティバル』開催中。

5月3日より始まっております『ミラノ・マンガ・フェスティバル』。

メインは3会場ですが、それ以外にもミラノ市の各施設を使い、イベントが開かれております。

タイトル-1

以前、招待されたフランス・アングレーム市のマンガ・フェスティバルと同じような展覧会ですし、パリでおこなわれているジャパンマンガ・フェスティバルの様に成長して頂きたいものです。
私は、北斎から繋がる、日本漫画の歴史コーナーに作品を出品しております。
イタリア・ミラノにお出かけの際には、立ち寄られては如何でしょうか。
7月21日まで開催しております。

『ミラノ・マンガ・フェスティバル』のホームです。

ロッテ『小梅』夏味発売中。

何、モジモジしているの、告白しちゃえばと、周りの人は言いますが、 そういう周りの人も、恋に落ちれば、ドキドキ、モジモジ。 それが、人を好きになるって言う事です。 新たな「恋フレ」が載っております。

小梅-1

小梅「梅塩包み」味も発売です。
生まれては消えて行く味の世界に、長く愛される味とは何事かあります。

塩-2

グミ味です。
グミのプニョプニョ感が、良いのです。
小梅携帯サイトへ遊びに来て下さい。

グミ-3

『やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち』開催

期間 6月14日~8月4日

会場 岐阜県美術館

チラシ-1

当時の『詩とメルヘン』の、やなせ編集長とお手伝いを致しました画家達とのコラボです。

チラシ-2

赤丸で囲ってありますのが私の作品ですが、この洋装少女は、女の子、ファッション共に、気に入っていますし、岐阜県美術館のホームに在る少女も気に入っています。
現代の女性を描いておりますが、東洋の「禅」に通じる精神性が見えて好きです。
アジア女性の、品のある美しさですね。

『俳句四季』六月号発売。

煙草をぷっつりと、止めてしまった。

こんな簡単に禁煙出来るとは思わなかったので、拍子抜けしている。

あまり簡単に禁煙出来たから、煙草を吸って、元の愛煙家に戻ろうとしたら、煙草が不味い。舌に苦味が残って口の中がヤニ臭いのだ。

こりゃー本物の煙草嫌いになっていると思ったが、新たな問題が生まれた。

表紙- 1

喫茶店で珈琲を飲むのが毎朝の習慣となっていたのだが、煙草を吸わないと何とも間が持たないのだ。

間は大切です。日本文化の最も重要な要素が、この間です。これが、朝の大事なティータイムから消えて仕舞った訳です。
煙草を吸うのは間だったのですね。

絵-2

寺山修司さんも、煙草に火を付ける時に歌っております。
マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや
とね。
『俳句四季』ホームです。

 

Home > Archives > 2013-06

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top