Home > お知らせ > 動画と童画の巨匠『もりやすじの世界』

動画と童画の巨匠『もりやすじの世界』

期間 7月27日~8月2日

会場 丸善・丸の内店


もりさんは東京藝大建築科を卒業。

学生時代に見たアニメ映画が忘れられず、

アニメの巨匠、正岡憲三に憧れ、アニメーターになります。

また、その傍ら『漫画少年』の表紙を描くなど、童画でも才能を発揮します。

この、もりさん描く表紙の『漫画少年』の投稿入賞者のページを開きますと、

横尾忠則さんなど後年、プロとして活躍する方々の名が並んでおりました。

赤丸で囲んでありますのが『わんぱく王子の大蛇退治』の人形ですが、

この作品の半ば頃に私、イケメン静一は入社しました。

大蛇に追われて、岩穴へと突き進むスサノオの背景動画有りのカットを担当しまして、

手塚治虫スタジオへ伺った時、

手塚さんに、そのカットを大変、褒められた記憶があります。

漫画雑誌『ガロ』に漫画を描く6年ほど前になります。

アニドウから発売の『日本アニメーション映画史 別巻①』

「動物となり組」発売です。

ミッキーに似たキャラクターが出てくるのも、ディズニーの影響大というところでしょう。

お隣の某大国でも、ディズニーのキャラクターを使って、問題になっておりました。

創作は物真似から始まりますが、早く自分のスタイルを確立することが、

皆に認められる一歩となります。

赤丸で囲んだ、タイトルにもなっております『動物となり組』に、

原画、熊川正雄氏の名前が見えます。

入社まもない私に、「ジュンテイ」という撮影言葉を教えてくれた方です。

「ジュンティ?」とは、動いているカメラが停止するまでの、

カメラが減速する事を言い表した言葉で、「ジュンテイ」と撮影伝票に書いておくと、

カメラマンがカメラの移動のスピードを落とし、ゆっくりと止まるのだそうです。

その他にも、カメラが手回しの頃の、回す速度のコツなど、

懐かしい映画創世記の頃の話をして頂いた記憶が御座います。

『日本アニメーション映画史 別巻①』「動物となり組」を購入

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > お知らせ > 動画と童画の巨匠『もりやすじの世界』

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top