Home > Archives > 2011-04

2011-04

菓匠三全『萩の月』CF、 仙台広告賞銀賞受賞

昨年制作しました『萩の月』コマーシャル、

仙台広告賞銀賞を受賞しました。

恒例名物行事「仙台七夕祭り」も、

例年通り行なわれるとの発表もあり、

力強い、復興の足音が聞こえてまいりました。

微力ながら、多くの被災された方々の苦しみを、

和らげる力になればと思っております。

亡くなられた方も居られると聞きました菓匠三全の皆様、

広告賞の関係者の皆様、白組他コマーシャルに携われた制作の皆様。

そして東北の皆様。有難う御座いました。

問題は山積しておりますが、

粘り強い東北魂で復興を成し遂げて下さい。

改めて、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り致します。

合掌。

菓匠三全さんのホームです。

『キャラクターデザイン活用術!!』(誠文堂新光社刊)にロッテの小梅ちゃん。

日々、雑誌、新聞、テレビ、スーパー、

コンビになどで目にする、商品のキャラクター。

ロッテのキャンディー『小梅』も取り上げられております。

現在、岐阜、恵那の『中仙道広重美術館』での個展でも、

ロッテさんの小梅商品が展示されております。

『中仙道広重美術館』のアドレスです。

この本には取り上げられておりませんが、

明治製菓の『カール』のカール叔父さん。

桃屋の三木のり平をキャラクターにしたものや、

日本酒『菊桜』の河童のキャラクターなど、

息の長いものが多いです。

私の若い頃には、上記の他に、

カステラの文明堂の白熊ですか、

ラインダンスのコマーシャルや、

キッコーマンなども、

女性のキャラクターを使っていましたし、

漫画広告では、ロゼッタ本舗の、

白子さん黒子さんなどがありましたね。

戦前では、高畠華宵さんの化粧品の双美人や、

東郷青児さんの洋菓子店のキャラクターなどがありました。

本の購入は誠文堂新光社ホームへ。

中仙道広重美術館での個展、開会式、内覧会に出席。

広重美術館での個展の開会式、内覧会でのトーク、

それに続くサイン会へ出席しました。

可知市長の挨拶で、私の個展が始まりました。

作品がガラス・ケースに入っておりますので、

壁に作品を掛ける個展と違い、格調が出ております。

内覧会トークが終了し、

香風会の方々が点てたお茶を頂きながらのサイン会です。

優雅な時間が流れております。

サイン会も終わり、美術館を後にしました。

恵那駅の売店で、煙草ケースを見ますと、

マイルドセブンの3ミリ(赤丸で囲んだところ)が有りました。

今震災で、色々の難民が生まれておりますが、

煙草難民も居りまして、特にマイルドセブンが見当たりませんが、

ここ恵那駅には有りました。

しかしこれも、品薄になってるそうで、

煙草難民は、今日はラークか、明日はフリップ・マーローか、

売れ残っているのは1mmか6mm、

10mmといった強い煙草ばかりです。

中仙道広重美術館での個展、4月17日にも

トークとサイン会が御座います。

足を運ばれてみては如何でしょうか。

詳しくは、中仙道広重美術館、告知ページまで。 

「寺山修司と天井棧敷◎全ポスター展」

期間 4月16日(土)~5月8日(日)

会場 ポスターハリスギャラリー

60年代から70年代へと、多くのアーティストを起用した、

寺山修司の劇団、天井桟敷のポスター展です。

今回、私が描いた『邪宗門』のポスター画が、

チラシ、チケット等に使われております。

尚、このポスター画は、寺山修司記念館でポスト・カードとして売られます。

記念館へお越しになりましたら、手に取ってみては如何でしょうか。

詳細は、ポスターハリスギャラリーホームで。

Home > Archives > 2011-04

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top