Home > お知らせ

お知らせ Archive

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催84

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って400年にあたる7年前にキューバ・メキシコで個展を開き、帰国後、ご報告を兼ねてブログを更新して参りましたが、他の要件が多くなり途中で更新が出来なくなりました。

現在、お知らせの多くがコロナ流行に合わせて自粛となり、ブログにてお知らせする事が出来なくなりましたので、その間に支倉使節団400年記念、キューバ日本大使館主催の『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』の続きを掲載することにしました。

タイトル-1

キューバ、メキシコへ参りまして10 年以上経ちますが、世界は様々な動きを見せております。
変化の速度が速くなっているように思えるのですが、皆さんはどの様にお感じですか。

アフガニスタンはロシア、中国へと接近するのでしょうか・・。

国外へ脱出する人の群れは、誰かも言っておりましたが南ベトナムの崩壊時のヘリコプターにしがみ付く人達を思い出させます。

10年、20年後に多くの物語が残されている事でしょう。

どうか、働く女性達や子供達が生き生きと暮らす社会を作り上げて下さい。

その国が良い国かを決めるのは為政者では無く国民です。また、キューバの様に経済封鎖といった政策では無く、新しい市場と見る努力を、自由主義の国々は持たなければいけません。思想では無く経済です。

ベラクルス州立オペラ-2

奥村さんは当時、ベラクルス州立オペラハウスの仕事をしており、拝見しに参りました。

ロビー3

隣りにサッカー競技場があり、とても広いオペラハウスです。

奥村裕之氏浮彫壁画-4

館長の説明で、壁彫の進み具合が判ります。

説明-5

ホールの案内を見ますと、スペインのオペラ公演が一週間後に迫っておりました。
壁彫の完成が危ぶまれますが、館長も気にするようでも無く、のんびりと構えております。

メキシコ流の仕事の進め方なのでしょうか。

もう現在は、完成していると思いますが、コロナは如何なっておりますかね・・・。

プール-6

州立ですか、公営のプールの仕事も拝見しました。

日本人が活躍しているのを見るのも楽しいです。

では、「メキシカン・ロック GOGO GOGO」です。

キューバ・メキシコ交流400年記念個展開催83

支倉常長さん一行、遣欧使節団がキューバ、メキシコの地に降り立って400年にあたる7年前にキューバ・メキシコで個展を開き、帰国後、ご報告を兼ねてブログを更新して参りましたが、他の要件が多くなり途中で更新が出来なくなりました。

現在、お知らせの多くがコロナ流行に合わせて自粛となり、ブログにてお知らせする事が出来なくなりましたので、その間に支倉使節団400年記念、キューバ日本大使館主催の『トラディショナル・モダンな日本美術 林静一の美人画展』の続きを掲載することにしました。

タイトル-1

京都も暑いですが戻ってからも暑い。熱い処にワクチン接種です。

私は注射が苦手で、その上、予防効果が薄いようで、飲み薬が出来るまで待ちたいと思っておりましたが、妻が接種予約を入れてしまいましたので、注射をうって来ました。

今の処、腕が痛いとか熱が出ると言った症状は出ておりませんから、注射が苦手な方でまだの方は、ワクチン接種を受けた方が良いかと思っております。

しかし医療から注射と言うより針ですか、針が消える事は、変わらず願っております。

エル・ティオ-2

村でのキリスト像のお引越しを見学しまして、近くの川魚料理店『エル・ティオ』に入りました。

本店はベラクルスにあり、有名なレストランだと奥村さんから聞きました。

店内-3

海老料理ですが美味しいです。テキーラがあれば最高です。

川魚は色々調理別のメニューが並んでいましたので、其々注文し、食べ比べを致しました。
ピーナッツ・ソースがかかった料理が全員一致で美味しいと評価が一致しました。

皆さんもメキシコへ行かれたら、食べ比べをしてみては如何でせうか。

エビ-4

壁に来店者のサインがありまして、私も一筆、したためて参りました。

描く-5

お店へ行かれたら、見つけて下さい。泣きぼくろがあります。

ホクロ-6

では、「メキシカン・ロック GOGO GOGO」です。

京都へ。

今回、仕事場が京都なので、京都へ通っておりますが、コロナで大変です。

のれん

京都と言えば食べ物で、行く度に堪能しております。

すっぽん

二度目の京都で『スッポン』が出て参りました。
この『スッポン』料理は美味しかったです。

庭

こうした風景は、そう目にすることは有りません。

『シュール・リアリズム』のリアリズムを批判した抽象画家ピート・モンドリアンには、どう見えるのでせうか。

行灯

この様な灯りが、嘗ての日本には在ったのですが・・・。灯りの使い方は、ヨーロッパの人々の方が上ですね。

芸子

何度も尋ねると、体が京都色に染まりますが、東京―名古屋間が長すぎるとも感じる私です。

窓

では、行って参ります。

細川晋さんより、作品配信のお知らせです。

本日19時から8月17日いっぱいまでyoutubeで見られます。
お盆ですがステイホームが推奨されていますので、そのお供に是非との事です。

https://www.youtube.com/watch?v=LpKm5Wu4yKg

水江未来さんも何作か期間限定公開をしております。御覧になって下さい。

RETRO FUTURE

https://vimeo.com/273498744

抽象のショート・フィルムは、市場での使われ方が問題となります。

物語りの原形の様なものが無いと、『ベイビィ・メタル』の背景として使われるか、モダン・ジャズ演奏のミュージック映像の様な使われ方しか無いのが現状です。

抽象のショート映像作品は、市場開拓を考えなければなりません。

野上眞宏著 はっぴいえんど写真集『ゆでめん』

日本語のロックに挑んだ『はっぴいえんど』のデビュー作の制作現場を撮った写真集です。

この写真集のタイトルが『ゆでめん』となっています。

若い方には判らないでしょうが、実はこの『はっぴえんど』のファースト・アルバムのカバー絵を私が担当しました。

そのジャケットに描いた建物の看板が、『はっぴいえんど』のファンの方々に親しまれ、ファースト・アルバムと言わず『ゆでめん』と呼ばれる様になったそうです。

私は引っ越しをしたり、旅行へ行きますと、絵を描いておりますから資料として写真を撮る習慣があります。

この『ゆでめん』と書かれた大きな看板を掲げた小さな木造の工場も、そんな資料散策の時に発見した建物です。

表紙-1

オブジェとしてアートしていると、近づき中を覗こうとしますが、窓には黒い布が垂れて中の様子が判りません。

音を聞こうと耳をすましますが、何の音も聞こえて来ません。唯、屋根の上の煙突からは、忙し気に煙が噴き上げておりましたから、何か製造されているのは間違いはありません。

建物自体が面白いので写真に収めましたが、やはり気になります。夕方の退社時間に行けば工員とか事務系の社員が出てくるのではと見に行きますが、誰一人、出て来るものは居らず、配送の車も社員の車も在りません。静まり返った建物が在るだけです。

ここから引っ越すまで気にはなっていましたが、『ゆでめん』と言う町工場は何を作り、出来上がった製品を何処へ売っているのかさっぱり判りませんでした。

それから後に、テレビ企画で青春を過ごした町への出演依頼があり、『ゆでめん』が在った場所へ行きましたが、もう木造の建物もその上に輝いていた『ゆでめん』の看板もありませんでした。

名称未設定 1

同じ様な建物が中国との文化交流で行きました時に、北京の『万里の長城』近くの公園に在りました。

『ゆでめん』の看板は有りませんが木造の建物で、ここも窓には黒幕がかかり、中が覗けない様になっており、音も聞こえて来ません。

何の建物が判らず、テレビカメラ、音声のスタッフとウロウロしていた時、真っ直ぐこの建物に向かって歩く人民服姿の若者を発見しました。

青年は建物の扉近くの小窓を上げると、何やら小さい紙片を差し入れました。するとその小窓から長方形の箱が出て来て、若者はそれを受け取ると公園のベンチに腰掛けました。

若者は長方形の箱を開け、箸を使って食べ始めましたので、これであの建物の意味が判りました。昼食時の公園で働く労働者の弁当配布の建物だったのです。

近づいて「美味しいですか?」と訊ねると、若者は「旨いわけ、無いだろうと」と私を真っ直ぐ見つめて答えました。

私の後ろにテレビカメラが在りましたから、この位の不満は言えるようになったのだから、中国は経済開放を逆戻りする事は無いと確信しました。豊かになれる者から豊かになれの号令は、野火のように中国全土に広まったと思います。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

はっぴいえんど|歴史的名盤となったデビュー・アルバム誕生の現場を記録した『野上眞宏 写真集 「ゆでめん」』8月5日発売 – TOWER RECORDS ONLINE

 

暑いですねー。昨年からの仕事がコロナで止まっております。

コロナの商品開発部はアイデアマンが揃っておりますね。

今回、発売した『デルタ株』など、各国の不買運動もなんのその、爆発的に売れているではないですか。

日本経済復興に、コロナ商品開発部の優秀なコロナをスカウトしたらどうですか。

安部慎一著『美代子田川気分』

安部慎一の人と作品 『律義さ』にふれての中で高野慎三氏は、「ともかく、新人作家としてある種の表現の余裕すら感得されたのである」と書いている。

私も当時を思い起こせば、阿部氏の作品に高野氏と同じような余裕を感じていて、『ガロ』も劇画ブームと言った狭い意味での雑誌を超えて、安定した漫画雑誌として業界に受け入れられるのではないかと思えた。

まだ漫画業界が若いのか、小説の賞のように作品を芥川賞と直木賞に分ける事も出来ていない処に、漫画雑誌『ガロ』の不幸があった。

チラシ-1

美代子さんとはお会いした事が無く、阿部氏の作品から読み取ることでしかないが、素晴らしい女性である事は間違いないと思える。

美代子田川気分』から浮かび上がってくるのは、長い時間をかけた阿部夫婦の愛の物語ではないかと思う。

 

エストニアの映像作家、プリット・ピャルン、オルガ・ピャルンの『ダイバーズ・イン・ザ・レイン』を見ている時に、ふと、阿部さんの漫画のコマ絵が浮かんできた。

西欧の街並みや潜水夫の昔の恋人等、阿部さんが描いたらこんな感じになるのかもしれないと思った。大雑把に言えば、線の質と描き込む線の量が似ていた。

阿部さんの漫画作品も、実写映画よりアニメの方が、雰囲気が伝わるように思える。

漫画作品を並べれば、各作家の個性的なコマ絵がまず目に飛び込んでくるはずで、その作品を映像化すると考えれば、画像をどう他の作品と差別化しなければならないか、考えるのがディレクターの最初の仕事になり、悩むところである。

榎本了壱 著『幻燈記』

榎本さん、お久しぶりです。

寺山さんの映画では、ご一緒でき楽しかったです。

映像化したい物語集ですね。60 年代に見たチェコのカレル・ゼマンの『悪魔の発明』を思い出しました。でも榎本さんのはもう少し繊細ですね。

一話の『ソコ湖黒塚洋菓子店』に出てくるヘンゼルとグレーテルは、スペインの作家の子供を誘拐して食べる、老婆達のアニメ作品を思い出させます。本当は怖いグリム童話集と言ったところでしょうか。

チラシ-1

カバー絵のヒエロモニス・ボスの作品は、ドイツで拝見しました。

展示が劣悪で、鑑賞者が居なくとも照明を作品に当てておりました。それでもピンクの下地に青をのせた空の色は美しかったです。

ボスを映画作品にしたのはピエル・パオロ・パゾリーニですが、成り上がりを夢みる画家として描き、一風、変わった画家の伝記作品です。

巨匠達は皆、教会の天井画を描いていると、教会に行き天井画を描かせろと牧師に迫り、聞いたことの無い画家だがあんなに情熱的言うのだから描かせてはどうかとなるのだが、天井まで櫓を組んで仰向けになって描き始めると、ポタポタと絵の具が筆から落ち目に入り、とうとうボスは天井画の夢は諦め逃げ出してしまう。

最後に足の不自由な男が目の不自由な男の肩に捕まり歩くボスの作品を実写化し、「あなたは鋭く人間の滑稽さを描いたではないか、あなたはこの人達と共に生きる世界に留まるべきだ」と、ちょっと高めからの批評を下している。

パゾリーニ氏が母方の故郷、ミラノへ戻ってのテレビ番組でのロング・インタビューは見事で、第二次世界大戦後の敗戦国イタリアの歴史を語り、見ていた私は日本と似た敗戦史に心打たれた。

その後、彼好みの青年を空き地に引きずり込み、青年の怒りを買って殴り殺されたと当時、聞いたが、パゾリーニ氏の死の真相は違っているらしい。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

幻燈記 / 榎本 了壱【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア (kinokuniya.co.jp)

 

伊藤有壱さんのテレビ放映です。

『ハーバーテイル』のTV放映(8月10日、11日、12日、いずれも 6:15 – 6:30pm、

テレビ神奈川は、お見逃しなく!

他にNHKで御馴染の『ニャッキ』など、色々活動を知りたい方はホームを覗いて下さい。

 

こどもワークショップ、オンラインで開催!『「動く」〜蜘蛛の動きをつくろう〜』募集開始!

TAAF2022のプレイベントとして、毎年恒例となっている「こどもワークショップ」を、オンラインにて2021年8月14日(土)・15(日)に開催いたします。

日時:8月14日(土) 14:00~16:00 15日(日) 10:00~12:00 15日(日) 14:00~16:00

上記からご都合のいい時間を、お申し込み時にお選びください。

お申込み方法や参加条件の詳細など、下記のページをご覧ください。

https://animefestival.jp/ja/post/14515/

大山 海著『奈良へ』発売。

町田康氏があとがきを書いております。

第一話の「西大寺」の冒頭に、大手か判らないが漫画編集者とのやり取りが載っていて、坂本順治監督の『一度も撃ってません』の怪優、石橋蓮司氏演じるハードボイルド作家と編集者のやり取りを思い出してしまった。

若手編集者が「それって、作家生命終わっていません?」と言えば、来年、定年を迎える古株の編集者が「ちょっと前にあった殺人事件を見てきたように、殺害現場を克明に描写しているんだな、そこが気になって・・」ズルズルと関係が続いているのだと話し、若手編集者に引継ぎを頼む。

こんなやり取りも『鬼滅の刃』ではないが、再販部数が伸び出版社にお金が入ってくれば、どうって事の無い話になって、先生様々になるのだ。60年代には、出版社の新社屋を建ててしまった小説家が居る。小説家は大工でもある。

周りにベストセラーを出した友人が居ないので、「先生、おめでとう御座います。また重版です。」とか「先生、ここからは税金で、お目出度くない重版です。」等々の編集氏とのやり取りを、体験談として聞いた事が無い。残念である。頑張ってほしい。

チラシ-1

映画『極道の妻たち』で、夫である親分が亡くなった岩下志麻さんが、レミー・マルタンをブランデーグラスに注ぎ、酔った勢いで「極道の妻でも女は女よ」と子分の萩原健一ことショーケンを口説くのだが、ショーケンは深々と頭を下げ「姉さん、御免なさい」と詫びるシーンが在った。

据え膳を食わない、瘦せ我慢も男には必要だと、あのシーンのショーケンは、無言で言っていた。

大山さん、結構な物を頂き、有難う御座いました。

町田さんが丁寧な作品解説を書かれております。奈良の方言が良いとも言っています。私も同感です。奈良での生活は如何なって行くのでしょうか・・・。

手に取りたい方は下記アドレスへ。

「Creation Kids Lab」開催中。

会場 クリエイションギャラリーG8

2018年から毎年夏に開催している「Creation Kids Lab」は、小学生を対象にデザインの楽しさを体験してもらおうと、クリエイターが講師となって行うワークショップです。

2021年は、7つの多彩なワークショップをオンラインで開催。
展覧会では、ワークショップ作品の展示と、ご来場の方がその場でできるミニワークショップ体験も予定しています。(ホーム紹介文より抜粋)

チラシ- 1

オンライン(Zoomを使用予定。パソコンまたはタブレット端末でご参加ください)

小学生対象/定員各回8名/事前参加申し込み(7月1日から申込受付開始予定)参加費1000円・2000円(予価・キット材料費。回によって異なります)

各ワークショップの内容と詳細、参加方法は、ギャラリーサイトをご覧ください。

http://rcc.recruit.co.jp/g8/

告知が遅れましたから、また満員かもしれませんね。

体験出来ない御子達は、展覧会の日までお待ち下さい。その会場でもワークショップが体験出来るそうです。

夏休みは後半が勝負です。日記などは皆さん、どうされておりましたか。

 

私の子供の頃の夏休みの自由課題は、絵や模型でした。二年生の頃、ゴッホの絵を切り絵で再現、ゴッホと言えばキャンバスに絵の具を叩きつける様な作画イメージが広く喧伝されておりましたが、切り絵で細部の色をじっくり見つめると、色々な色が使われている事に気付き、子供心に感心しました。

ゴッホは注意深く色を重ね、絵を描いていた事が判ります。

 

夏休みの宿題で嫌なのは、イーゼル、キャンバスを持って避暑地へ行き、海岸の砂浜にイーゼルを立てて絵を描く事で、こんな恥ずかしい事はありません。

日本の海岸風景は、岬の岩肌が海へと突き出し、夏の木々は重い緑色に覆われております。何処に印象派の透明で軽やかな色があるのか、子供心に悩んでしまいます。

その上、油絵具ですから、絵の具の付いたバレットや筆等を宿に持ち帰り洗わなければなりません。夏休みの宿題は嫌でした。

プールから戻り昼寝をしていると、ラジオから「尋ね人」の番組が流れ、「中国、重慶の○○師団に居られた○○さん、××さんがお探しです」とのアナウンスが、流れていました。

戦争で散り散りになった大切な人を皆が誰かを探す、菊田一夫原作のNHKドラマ「君の名は」の時代でした。

詳しくは下記アドレスで・・。

クリエイション・キッズ・ラボ 2021|展覧会・イベント | クリエイションギャラリーG8 (recruit.co.jp)

 

ホーム > お知らせ

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top