Home > お知らせ

お知らせ Archive

桑原茂夫著『西瓜とゲートル』

季刊で宜しかったのかな、『月あかり』に連載されたお母様の戦中日記の単行本化です。

当時、文章を書くことは、一般庶民では中々、思いつかない事だと思います。

本- 1

召集令状が父親の留守の間に届き、慌てるお母様と父親の問答が面白く、「俺は大丈夫、生き延びる」と言ったそうですが、人間は妙な自信を持って生きている動物ですね。

現在も直下型地震が何時起こっても不思議ではないと地震学者に言われておりますが、東京の人は「なに、地震が来ても、私だけは生き延びる」と思いながら、玉川や隅田川や荒川に神田川等に浮かぶ水死体の一人になったり、建物に押しつぶされ、通電火災で遠火の強火でシッカリ体の中まで火が通る焼死体になる方が、現在、街を歩いているかもしれません。私もその1人かも。

桑原さんの父親は41歳での召集ですか、私の父親も40代で現地召集です。

父は近眼ですから、メガネが無くなると何も見えない。味方を撃ってしまわないかと、母は心配したそうです。

ゲートル- 2

『ゲートル』が出て来ます。裏表紙の伸坊さんの絵、中々、良いですね。これで行軍や、雨の中の唐傘部隊での突撃など、アニメ作品にしたら面白いです。

昭和10年の『日展』に、馬の馬蹄を見る若い日本兵の絵があります。戦争画と言うと油絵となってしまいがちですが、これは日本画で若き日本兵士が良く描かれております。作品、作者名を失念してしまいました。

ナポレオン時代のフランス胸甲騎兵など、女の子にキャーキャー言われ、駐屯地には追っかけもいたそうです。金髪、栗毛色の髪に青マントは補色関係で映えます。アイドルでキャーキャー言っている今と変わりません。

青マントはフランスの連載漫画になっていて、アングレームに招待された時に広場に作品が飾られており、私も子供時代に読んだと翻訳家のオノレ氏に解説して頂きました。

題名は忘れましたが、フランスの国民的漫画でしょう。

ゲートル、脚絆の追っかけは出て来ますかね、女子の皆さん。現在、男女平等ですから、女子もゲートルを巻く時代ですが、アイドルの方々、ゲートル巻いて踊れますか?。

手に取りたい方はここです。

「ちばてつや×森田拳次 漫画家からのメッセージ」

会期 8月12日(水)~11月15 日(日)

会場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

 

本企画展では、自身の戦争体験をマンガという表現で伝えてきた二人の歩みと、次世代の漫画家たちが、戦争体験者からのバトンを受け取って描く作品を紹介します。(ホーム企画展紹介文より抜粋)

月刊漫画雑誌『ガロ』の編集長、長井さんによれば、満州の酒場でお酒を飲んでいた時、「今度の戦争は負けるらしい」と他の席で呑んでいる人たちの会話が聞こえて来たそうです。翌日、船に乗り、日本へ帰って来たそうです。

人の口に戸は立てられないと言いますが、当時、多くの邦人の耳には届いていたのかもしれません。

コロナの影響で、会場は三密にはなっておりません。ゆっくり鑑賞できます。御覧になって下さい。

チラシ- 1

BBC制作のドキュメント『セレンゲティ』を見ておりました。子を失った母親キリンが、横たわる我が子の亡きがらを見つめて立っております。

その近くで、チーターの母親が子供達に、巣立ちの狩りを教えています。

チーターの母親はガゼルの子供を殺さず捉えて、子供達の前に放ちます。逃げるガゼルの子供をチーターの子供達が追いかけ、前足で倒します。倒れたガゼルの子供は必死に前足で立ち上がり、全力で逃げます。

これを何度も繰り返しながら、チーターの子供達は狩りを覚え、親からの自立をとげるのですが、これを見ていた子を亡くしたキリンが走り寄り、チーター達をけちらかし、ガゼルの子供を母親の元へと返します。感動的なシーンです。

この様なドキュメントに対して批判があります。古くはディズニーのドキュメンタリー作品に対してで、多くは動物学者からのものです。あまりにも人間の感情に添って描きすぎるというものです。

キリンがチーターを蹴散らかし、救われたガゼルの子供と母ガゼルが並んで走るカットは同一の親子で、チーターに捉えられた子供なのかと。確かにそこを繋ぐカットはありません。

救われた子供ガゼルにカメラは密着し、ドキュメントの名作、フラハティ監督『アラン』の嵐のシーンと同じく追って迫り、母ガゼルのところに行くまでBBCのドキュメント制作スタッフは追い続けなければいけなかったでせう。

撮影対象が刻々と変化する中での判断、難しいと思いますが、水辺へ集まる生き物達を干ばつ、雨季を通じ描き続けた力作なら、この母キリンの感動的なシーンを丁寧に撮って欲しいと思いました。

もう一つBBCアースにお願いしたいのは、川や池に居たカバ、ワニ、ニシキヘビ等は、干ばつ期には何処へ行っているのでしょうか。象もシマウマもガゼルも何処かへと姿を消しているのですが、水の生き物たちが捉えられていないのが残念です。

続編を御願い致します。

 

十代の頃からドキュメンタリー映画が好きで、銀座に在る東宝会館の屋上近くのドキュメント映画館に通い、名作『マリン・スノー』の動物の死骸が雪の様に降り積もる海底の美しい映像や、まだ精神病の認識が広まる前の精神病院の患者さん達を記録したドキュメント等々、見続けていた思い出があります。

映画と同じく漫画も娯楽の要素が強く、多くの人はその様な作品を求めますが、漫画表現はそれだけではありません。

拙著『赤色エレジー』では、作品を連載していた頃の歌が随所に挿入されておりますし、『Ph 4.5 グッピーは死なない』では、著名知識人の書籍はもとより、テレビでの発言も取りあげております。

また、世界中の漫画家達が、目の前で起こった出来事を漫画として書き止め、作品として発表しておりますし、20世紀以降の重要な表現の一つとなっております。

 

「高畑勲展コラボ企画:セロ弾きのゴーシュ」上映会

期日 830() 1)10:002)11:403)13:204)15:00

会場 オリエント美術館地下講堂(城下・岡山市北区天神町9-31)

参加費:一般1,200円、学生800

主催:岡山映画鑑賞会

E-mail:okayamaeikan@max.hi-ho.ne.jp

TEL:090-9732-3330

 

新型コロナウィルス感染防止のため、マスクの着用をお願いします。

各回の参加人数は25人に限定します。(先着順に受付します)

 

「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」

鱧会期 前期:8月1日~9月8日

後期:9月21日~27日

会場 岡山県立美術館

 

高畑さんと言うより私達は「パク」さんと呼ぶ方がしっくりくる。

試雇期間を過ぎ東映に入社すると、班に振り分けられ、渾名を付けられる。なんて読んだら良い?と・・・。

皆は、高畑さんを「ぱく」さんと親しみを込めて呼んでいた。

私が高畑監督とご一緒した仕事は、テレビ短編『狼少年ケン』と高畑監督長編一作目の『太陽の王子ホルスの大冒険』の二作だ。

しかし長編製作が始まってすぐに会社側から制作中止の発表があり、東映大川社長の、日本にもウォルト・ディズニー・スタジオが在っても良いではないかとの思いは、中断されてしまった。

もう、東映は長編アニメ作品を作る事はないのかと思い、テレビ短編で疲弊した体を持ち堪えることが出来ず、東映を辞した。

当時の私のタイム・カードはまっ赤で、正社員の9時に出社することが出来ず、テレビ短編用の体になっていた。出来高払いの契約社員の体である。

会社を辞めて1週間、食事以外はただひたすら私は寝ていた。

 

渾名の話題に戻せば、「みとめ」と言う面白い渾名の人がいて、あの人は何で「みとめ」と言うのですかと先輩に訊ねたことがある。

何でも昼の談笑の折、「私、みとめちゃうわ」と言ったのが渾名の由来らしく、会社での一日の行動が、渾名と同じくとてもユニークな女性で、動画机にマニキュアがズラッと並んでいた印象が在り、一コマ漫画の重鎮と結婚された。

IMG_9796s

宮さんの奥さんもユニークな渾名が付いているが、入社した時の上司だから、ここに書く事はしない。怖いもん!

東映の三階にはトレス、彩色、特殊効果の女性が100名ほど居り、三階に上がると白粉や香水の匂いが充満し、その匂いに噎せ返りそうになった。

この仕上課でも、動画課の男達に渾名が付けられていた。

ある青年アニメーターには「イシルクツア」と付いていて、仕上で仲良くなった女性に意味を訪ねたが、ここには書かない。

どんな意味だか考えて下さい。

私にも渾名が付いていて、この渾名の命名者は「パクさん」の奥様になられた方で、奥様とは大泉学園行きの通勤バスで一緒であった。良い渾名だが、書くと嫉妬する人が居るから書きません。

時代はマイカーブームの時代で、練馬のガスタンク辺りで渋滞になり、バスに乗っているのは東映撮影所、動画スタジオの人達だから、出勤時刻に遅れないかと、車内は押し殺したような息苦しい空気に包まれていた。

 

古都へ行って美味しい料理を食べる事になっていたが、コロナ流行で鱧料理の旬を逃しつつある。嗚呼・・・。

しかし鱧の旬は冬場だと書いておられる方が居る。冬の旬には食べられるだろうか。

内田春菊著『わかいひとへ』発売。

あとがきに、「若い男と別れると」とあり、その後「私が死んだあと」と続きます。その男が私について話す場面を想像すると、暗い気持ちになると書き、私にとって男とは、無い事、無い事を平気で語る生き物だと言っている。

内田さん、年下の彼は怖いのです。

チラシ-1

27歳の男が面白いと言った女性が居ました。少年から大人の男へ変わる季節で、揺れているらしい。私も作家の年譜で27歳頃は注意して視ます。時代もありますけど・・・。

評論家で、定年の日に駅まで歩いて行く鞄を持った夫の後ろ姿を、自宅の仕事場から見つめている女流作家が怖いと言った方が居りました。

TV番組『五時に夢中』で、大手出版社の女性編集者が久しぶりに抱き合う時に「痛い」と言うのは、男に効くと語っていました。

年下の男は、俎板の鯉です。年上の男もですかね。悪あがきはやめましょう。

男と女の間―には・・・・・。手に取りたい方はここ

『現代演劇ポスター展 2020』

会期 8月2日~5日

会場 ヒカリエホールA

チラシ-1から

1960年後半から70年~80年代の演劇ブームまでの代表作品を展示しております。

私のは、寺山さんの『邪宗門』と発見の会『怨霊血染めの十字架』の二点だと思います。

『邪宗門』は女性のあの部分に「大入」のご祝儀袋を貼ってあったのですが、劇団員の話によれば、電柱に貼る傍から下校時の小学生が「これ、Hだぜ」と剥がしてしまったそうです。

「大入」が付いたポスターをお持ちの方は居られますかね。

期間を見ていませんでした。明日、一日で終了します。お見逃しなく。

笹目さん、御免なさい。

『女々しき力プロジェクト~序章』上演のお知らせ。

葉書に三作品の案内が『スタジオ300』から参りました。ホームを覗きますと、下記の文章が記してありました。

今年8月9月に公演を予定しておりました「女々しき力プロジェクト」、並びにオフィス3〇〇公演『鯨よ!私の手に乗れ』は、コロナ禍の今回、断念せざるを得なくなりました。

そして今、劇場でできる事を考えました。生が命の私たちですが、オンライン生配信も考え、お客様に安心してご覧いただけるよう、工夫させていただきます。

政府、東京都の方針、及び(公社)全国公立文化施設協会・小劇場協議会による新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを踏まえて、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底し実施いたします。できるだけ簡素に、密を避け、上演いたします。

チラシ- 1

新宿『モリエール』での、感染発覚がニュースになりましたから、劇場公演は用心しなければならないでせう。

舞台のセリフは声が大きいです。本読みの段階から「声が小さーい」と演出家のダメ出しが飛びますから、役者は声を張り上げてセリフを言う舞台演技にならされて行くのでせう。

手話演劇と言うのもありますね・・。手話劇団はありそうですね。

えりさん、尾上松也さんのイケメンぶりに、涎が垂れていますよ。無事に公演を終えて下さい。

チケット購入は『スタジオ300』へ

現代マンガ選集『破壊せよ、と笑いは言った』増刷です。

少し前の発売でしたが、増刷になりました。

若い読者で気に入った作家を見つけられたら、その作家の文庫本を書店の棚でお探しになることをお勧め致します。また漫画家を目指す方も、新しいスタイルを見つける資料になります。

1945年以降、60年代までの作家や、戦前の漫画家の本も充実すると宜しいかと思います。

チラシ- 1-2

田川水泡の『のらくろ』や吉本三平の『コグマノコロスケ』に、中島菊夫の『日の丸旗之助』や坂本牙城の『タンク・タンクロウ』等々、外国の日本漫画ファンは、今の漫画よりデザイン性がありクールと好評ですよ。

詳しくはここをクリック。

『貸本マンガ史研究―06』発売。

梶井 純さんの特集となっております。

梶井さんとは親しく話した事は無く、どの様な方だったのか読んでみたいと思います。

チラシ-1

表紙に前谷惟光さんの『ロボット三等兵』傑作集の絵が載っております。

『ロボット三等兵』は中学の頃、クラスメイトが『貸本屋』に面白い漫画が多くあると、私を連れて行ゆき、最初で最後の貸本体験で借りた本です。

随分と図太い線を引く漫画家だと、手に取りじっくり眺めたいと借りたのを覚えています。

この様な線を引く人とはどんな人なのか、中学の頃の印象を頼りに、ちばてつやさんや古谷三敏さんなどに訊ねたが、前谷さんの容貌が浮かび上がることはなかった。

ネットで検索すると、前谷氏は大正生まれで、私の母の一年前に生まれていることに親近感を覚え、父親は『子供の科学』を主宰する原田三夫氏と続くから、それは私が子供の頃に購読していた雑誌であるから、ビックリしてしまった。

その後、日本画家の尾竹国観に師事とあり、画家の道を志していたのかと、またまたビックリしてしまい、あのような線が日本画家から生まれるのだと感心した。線から受けるイメージで、王道では無いバンカラな人を想像したが、お坊ちゃまに近い人ですね。

1939年に召集、中国、ビルマ戦線を生きぬき、復員後は東宝へ就職するも、あのアメリカ軍も出動した戦後最大の労働争議に退社とあり、その後、出版界で活躍とある。

前谷氏と似ている線を引く作家に水木しげる氏、その後、つげ忠男氏が居て、中学の頃に前谷氏から読み取った図太い線は、今も私の中で生き続け、世界史での敗戦を生きぬいた日本人の断念の思いが表れたものではないかと思っている。

高野氏等、梶井氏も含めて、若き書き手がてがけた『漫画主義』のコピーに、「戦後20年 泣かずに来たが、漫画にうずめたこの願い 主義を背負って 今 泣いた」とあります。

思考は死ぬまで止まりません。『貸本マンガ史研究』続ける事を願っております。

ホーム > お知らせ

Search
関連リンク
  • ロッテ 小梅だより
    ロッテのキャンディ『小梅ちゃん』のファンページ。『小梅ちゃん』のプロフィールやパッケージに展開されている『小梅恋物語』などを詳細に掲載しています。
  • 名匠雑貨店
    叙情画の匠が贈る雑貨店
  • 日本アニメーション協会
    林静一が所属する日本アニメーション協会のホームページ。
  • 林静一オフィシャルサイト
    オフィシャルサイトはこちら。
  • 菓匠三全
    林 静一が包装等をデザインする、仙台銘菓『萩の月』の三全のホームページ。
  • 青林工藝舎 アックス
    林 静一が南伸房、水木しげるらと審査員を務める 青林工藝舎「ax(アックス)」のページ。
Feeds
Meta

Return to page top